グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 【長期留学】カナダ ビクトリア大学

【長期留学】カナダ ビクトリア大学

長期留学制度を利用して、今年度もアメリカ、カナダ、オーストラリア、韓国へ外国語学部の学生が留学しています。
今回は、カナダのビクトリア大学に留学している学生からの報告をご紹介します!

「12月6日はfarewell partyでした。3か月間ほぼ毎日一緒に勉強してきた友人の多くは12月でそれぞれの国に帰ってしまうので、とても寂しかったですが、先生からセメスターの修了証をもらった時はみんなで喜び合いました。同じクラスの仲間がいたからこそここまで頑張ってこれたのだと感じました。また、私はエレクティブでミュージッククラスをとっていたので、歌の発表をしました。同じグループのメンバーと意見を出し合いながらたくさん練習をしてきたので、歌い終えた後の達成感もひとしおで、とても良い思い出です。9月からの3か月間は私にとって、本当に短く充実した3か月でした。」(殿岡さん)


「クリスマス当日の朝は、ホストブラザー達がいつもよりも早起きしてプレゼント開封にいそしんでました。日本はサンタクロースからと言って子ども達がプレゼントを1つもらうことが主流だと思いますが(私の家ではそうでした。)、こちらのプレゼントは、サンタクロースからのもの以外にお母さんお父さんや親戚の人達、その友人たちからととにかく量が多く、ホストブラザーは1人あたり20個以上はもらってたと思います。私もたくさんのプレゼントをいただいて本当に嬉しかったです。」(安池さん)

「ビクトリアでは雲一つない晴天の日が続きとても過ごしやすい日が続いています。また、夜には満点の星空を見ることができます。幻想的なその美しさはいつまで見ていても飽きません。

冬休みにはUVicのSnow Clubに参加し、大学から3時間バスに乗りMt. Washingtonにスキーをしに行きました。友人が滑り方を教えてくれたため、人生初のスキーでしたがとても楽しむことができました。

雪がめったに降らない静岡で育ったこともあり、一面に白く積もる大量の雪を見るのは初めてでとても感動しました。」(園田くん)

「12月上旬に6週間の冬休みが始まりました。いとこがアメリカに留学していたのでロサンゼルスまで会いに行くことにしました。1人で飛行機に乗るのが初めてだったのでとても不安でした。不運な事に、飛行機が遅れてしまい乗り継ぎが出来なく、さらにその日のロサンゼルス行きの飛行機が満席だったため、サンフランシスコ空港に一晩過ごす事になりました。乗り継ぎが出来なくなってしまった時、私はどうしたらいいか分からなくなってしまい頭が真っ白になりました。

しかしその時私と同じように飛行機を逃してしまった同い年くらいの女の子に出会いました。その子は私をカスタマーサービスセンターまで連れて行ってくれました。さらにチケットを再予約する際、係の人が空港は寒いからとブランケット2枚と食事券をくれました。その他にも空港内でたくさんの人が私に優しくしてくれました。今まで経験した事がないアクシデントでしたがたくさんの優しさで私は嬉しい気持ちでいっぱいでした。」(小林さん)