グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ポッケブログ


ホーム >  ポッケブログ

RSS

181114-0.JPG

2018年11月16日
第23回「助産師さんのワンポイント講座」11月14日
こども健康学科学生の指導もしている助産師の山田先生。がん検診や各種予防接種というタイムリーな内容にお母様たちは真剣に耳を傾けていました。親子遊びや個別のお話にも子育てのヒントがあり、日々の育児をふと見直すいい機会になったかな~と思います。

181107-0.JPG

2018年11月08日
第22回「さつまいも掘り」11月7日
立冬といえども暖かく穏やかな日和。ルンルン気分で畑へ出かけました。ゲーテ高橋先生によると今年の出来はあまりよくない、とのことでしたが…、大地からのエネルギーをもらいながら親子でたくさんのサツマイモを掘り上げました。その後、ツリーハウスのデッキで皆で食べた蒸かしイモの、美味しかったこと!「おかわり」が少し足りなくなるほどよく食べました。

20181017-0.JPG

2018年11月02日
第19回 健康栄養学科教員の「魚料理教室」10月17日
今回はどちらかというとお母様方のウキウキ感が伝わってきた回でした!一部のこどもたちはポッケの部屋に移動して学生たちとたっぷり遊べ、少しの間でも子どもと離れる時間がもてましたし、お母様同士で料理をするという普段なかなかできない体験ができましたから…。とにかく、笑顔に溢れていました。「イワシの手開き、目からウロコでした!魚料理が身近に感じられました。楽しかったです!」「レパートリー増えました。イワシはいつも煮るだけでしたが焼きやります。リフレッッシュになりました。」「苦手な意識があった魚料理でしたが、作ってみたら意外と簡単だったので家でもつくってみようと思います。」などなどの感想をいただきました。栄養学科の小嶋先生にはまたやっていただきたいなぁと思っています。

1031-0.JPG

2018年11月02日
第21回「秋のいろであそぼう」10月31日
気持ちのいい秋晴れの朝。秋を探しに散歩に出ました。思い思い見つけた秋。部屋に戻ってこすり絵(フロッタージュ)で遊んだあと、絵の具でふわ~と色をつけたら、部屋が秋色になりました。堀田先生のほわ~っとした優しいお声と、子どもたちお母様たちの楽しそうな会話が解散後も続き、五感を含む全ての感覚からたくさんのことを吸収することができました。

1024-0.JPG

2018年10月26日
第20回「ミニ運動会ごっこと誕生会」10月24日
秋晴れの朝。いつもに増して元気いっぱいの子どもたちが、身体を動かして運動会ごっこを楽しみました。1歳児から3歳児まで月齢差がありますが、身のこなしや挑む姿に4月当初からの明らかな一人一人の成長を感じた時間でした。

181010-1.JPG

2018年10月11日
第18回「友だちになろう」10月10日
後期の1回目。新しい親子さんも加わり気持ちも新たにスタートです。堀田先生の音頭とりで「小さく小さく…」♪と輪が小さくなると不思議と互いの気持ちがとっても近くなった気がします。互いにおしゃべりもして、また距離が縮まったかな~。

P1120449.JPG

2018年10月05日
第17回 こども健康学科教員の講座「心理学を使って楽しい子育て」10月3日
前期最終回。こども健康学科の柴田先生が軽快に進行。内容は産後クライシス(出産の後夫婦関係が悪化する現象)を取り上げ、その対策まで考えました。子どもたちは、親と離れられるときに学生とじっくり遊ぶことができました。

pk_180926_01.jpg

2018年09月27日
第16回「ミニコンサートと誕生会」9月26日
毎月誕生会を行ってくださる加藤さんが、誕生会後自身でピアノのミニコンサートを開いてくださいました。耳馴染みのある曲ばかり14曲の生演奏を聴くことができました。子どもたちは、音(振動)をそれぞれに感じ取っている様子、演奏者との距離が近いようでちょっと距離感があるような、いつもと違う空気をしっかりとキャッチしていたようでした。

blog246.jpg

2018年09月20日
第15回「わらべうたで遊ぼう」9月19日
わらべうたは耳に、身体に馴染むなあ。とやっぱり今回も思いました。終わってからも子どもが口ずさんでいましたもの。これぞ、わらべうた!担当していただいた堀田先生も子どもたちもお母様方も学生も自然に声を出して歌い遊びました。

blog045.jpg

2018年09月14日
第14回「竹巻きパンづくり」9月12日
自分の身体をつかってできた喜び!パンが出来上がっていく工程を実際に感じそれをみんなで食べた美味しさ!子どもたちの様子からよく伝わってきた活動でした。講師は、何年も「竹巻きパンづくり」のご経験があるポッケお馴染みのゲーテ高橋先生。炭の状態やパン生地の発酵具合など、その都度変わる条件にもスーッと臨機応変に対応してくださいました。それにしても、子どもたちの食べっぷりには、驚きました。(先週台風の影響で中止になった分の振替日は10月3日です。)

blog075.jpg

2018年08月30日
第13回「おえかきあそび」8月29日
夏休みを経て久々の再開。子どもたちの成長ぶりとご家族(まだ夏休み中の兄弟姉妹数人が付き添いました。)の元気な姿に出会い、お互いに喜び会うところからのスタートとなりました。今回は堀田先生の担当でポッケでは初の「絵の具あそび」です。「青」のみの世界を楽しんだ後は、「黄」「赤」の色を思い思いに乗せて遊びました。色がにじみ混ざることでまた違ったイメージを広げているのが伝わってきました。「色」の濃淡や広がり、「色」が混じり合い刻々と様子が移ろう変化…「にじみ絵」の楽しさや奥深さを改めて感じました。

blog110.jpg

2018年07月25日
第12回「新聞紙あそびと誕生会」7月25日
たかが新聞紙、されど新聞紙!加藤先生が「ビリッ」という音に耳を澄ますところから子どもたちの五感を目覚めさせると、折って形が変わり、さらには破ってまた形が変わる新聞紙に子どもたちは興味津々。「破る」「ちぎる」「丸める」「散らす」・・・・様々に遊びが広がっていきました。大人も子どももおおいに心身を開放して楽しめた「新聞紙あそび」でした。 また、8月生まれの子どもたちのお祝いをしました。家族以外の大勢の人たちから祝福されることって日常にはあまりないこと。祝うことも祝われることも、お互いの気持ちが寄り添う大切な経験だと改めて思いました。

blog133.jpg

2018年07月19日
第11回「こども健康学科教員の『親子で楽しむ幼児運動』」 7月18日
こども健康学科教員の「スッパマン」こと磯谷先生が、たくさんのカラフルなボールを撒きながら元気に声をかけると、子どもも親も学生もみんなが笑顔になり、自然と体が軽くなって意欲的に体をたくさん動かして遊ぶことができました。たくさんのことをして遊びましたが、その中には基礎的な体づくりの要素やポイント(脇を締める、ジャンプする、揺れたり回転したり…)が数々あり、参加したお母様たちは身をもって体感した分きっと日常の親子の関わりに活かせるだろうなぁと思いました。何より一番印象的だったのは、磯谷先生が『子ども自身の意思を尊重』して関わると子どもがどんどん意欲的にやろうとしていた、その姿でした!

blog148.jpg

2018年07月13日
第10回「朴葉お面づくりと朴葉ごはん」7月11日
部屋に入ったときから美味しそうな炊き込みご飯の香りがして楽しみが増していった子どもたちを出迎えたのは、いつも愉快なゲーテこと高橋先生。早速、先生が大学校内にある朴ノ木から朝採ってきたばかりの朴葉にそっとご飯を包み、ギュ~っと押して美味しく朴葉の香りが移るのを待ちます。その間に、特大の朴葉を使ってお面づくりをしました。親子でたくさんお話しながら実に楽しそう・・・。いよいよ包んでおいた朴葉ごはんを皆でいただいたときは、異口同音にお母様たちは「いつも以上によく食べて驚きます!」と・・・。やっぱり、楽しく食べるって、大事だな~と思いました。

blog163.jpg

2018年07月06日
第9回「こども健康学科教員の『アートワーク』」7月4日
こども健康学科教員の村上先生とゼミ生の企画による、描く遊びの時間。段ボール製の机とクレヨンが出されると、早速「〇」の紙に描き始める子どもたち。1~2歳とは思えないほど興味が持続していて驚きました。〇△☐という、ある意味「縛り」が子どもの想像をかきたて描く気持ちの持続につながったのかなぁとも思います。休憩を挟んで、親子で共に別のページに描く遊びが提示されると、描くことに没頭する子どももいました。家庭での遊びのヒントにもなると感じました。

blog179.jpg

2018年06月28日
第8回「歌とおはなし」6月27日
とっても楽しい歌、音、声にあふれたポッケ。子どもたちもお母様たちも自ら歌い、生き生きと声を出していました。改めて発見したこと…それは、楽器の音色も人の声も振動だということ、そして、小さな子どもたちはそれらを全身で『聴く』力があるということです。グロッケンや太鼓と豆で雨粒の音、レインスティックで波の音、カエルギロや洗濯板のギロでカエルの声などなど、様々な楽器の音に、子どもたちはとても新鮮な驚きの反応を示していました。

blog188.jpg

2018年06月21日
第7回「リトミック(こども健康学科教員による)」6月20日
こども健康学科教員の平松先生によるリトミック。「ベビーカーを押しているお母さんの笑顔は、前向きに座る子どもにもちゃんと伝わってますよ~」という先生の最初のお話から引き込まれ、皆さんずっと笑顔で音を感じながら体を動かしていました。何よりいいな~と思ったのは、お母様たちは我が子にも他の子どもにも笑顔でたくさんの言葉をかけていたことです。リトミックの効果「大」です!

blog203.jpg

2018年06月15日
第6回「小麦粉粘土あそびと6月誕生会」6月13日
何だか朝からテンション高めの室内。加藤先生が弾くピアノにのって触れ合い遊びで気分が盛り上がったところで小麦粉登場。匂いを嗅いでみたりそ~っと触ってみたりと、子どもたちは興味津々。お母様たちからも笑顔や歓声が上がっていました。水を足していく度にその感触も変わり、手にくっついていたのが次第にまとまってくると、さらに創造の花が咲いて広がっていくのがとても楽しく、子どもたちだけでなくお母様たちのキラキラした笑顔が印象的でした。子どもたちの輪に加わっていた学生たち、水を入れ過ぎて笑い、練り続けて笑い、片づけて笑い・・・笑顔の花が咲いた活動でした。誕生会主役の2人(2歳と3歳)はみんなの前で「好きなもの」を言えて温かい拍手をもらっていました。

blog214.jpg

2018年06月07日
第5回「じゃがいも堀り」6月6日
「雨天決行!」と伝えてあったものの、流石に本降りの雨…。迷いも生じましたが、朝の子どもたちの元気な姿に触れその迷いも吹っ飛びました。カッパや傘に当たる雨の音を聞き、長靴で水たまりに入りながら歩いたこと、濡れた土に触れ泥のついたじゃがいもを手にし、その重さを感じたこと、蒸しただけのじゃがいもそのものの味を皆で堪能したこと…普段にない、ゆったりたっぷりな体験でした。

blog224.jpg

2018年05月31日
第4回「楽しい子育て」5月30日
今回は、幼稚園での現場経験が豊富な鈴木先生にご担当いただきました。2人組での肩叩きの際、妊娠中の方と組んだお母様が大変であろうと相手のことを慮って声をかけると、「いいんですよ、日常生活の中では何でもないことですよ~」と言葉を返すなど、心の交流があちらこちらで生まれていました。お母様たちはそれぞれ、先生や他の方のお話を聴いたり話したりしながら、少しだけ自分自身を振り返る時間になったようです。

blog233.jpg

2018年05月24日
第3回「うたおう!おどろう!」5月23日(水曜日)
講師はピアニストの加藤先生。終始うたや音楽に溢れ、体を動かすのが心地いい時間でした。お母様たちは、我が子を抱っこでしゃがんだり立ったり背中に乗せたり…と楽しそうでした。音楽は体を軽くする力もあるのかしら・・・。

blog274.jpg

2018年05月17日
第2回「野菜の種蒔き」
『自然』と『食』をテーマにした活動も開始。この分野は通称ゲーテ先生が担当、子どもたちもお母様もアッと驚く発見が満載の活動になりました。

blog289.jpg

2018年05月10日
ポッケ第1回「友だちになろう」
平成30年度のポッケがスタートしました。 1~2歳児17名(0歳児2名)と保護者18名、本学こども健康学科で学ぶ学生19名が集い、自己紹介ゲームやわらべうた遊びで楽しく過ごしました。

過去のポッケブログ はこちら


ページの先頭へ戻る