グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学長室ブログ

ホーム  > 学長室ブログ  > 第30回静岡県高等学校英語対話弁論大会

第30回静岡県高等学校英語対話弁論大会

英語力+表現力、演技力

みなさんこんにちは。
本日は、11/16(土)に開催された、外国語学部主催の英語対話弁論大会の様子をレポートします。
この対話弁論大会は、一般的なスピーチコンテストとは違って、2人1組となり、スキット(寸劇)を披露するものだそうです。
英語力だけでなく、表現力や演技力が必要となるため、高校生は、生きた英語を身につけることが出来ます。


今回で30回目となる本大会は、常葉大学になって初めての大会となります。
この節目の大会に、西頭学長からご挨拶させていただきました。

学長は、日本の映画が海外に進出した当時の話を交えて、
「これからみなさんも、“英語”という武器を使って、どんどん世界に進出していってください」と出場者にエールを送りました。
出場者は、20組40名と、多数の高校からエントリーしてくださいました。私も初めて見ましたが、かなりレベルの高いスキットで驚きました。

また、この大会の特徴は、大学ではなく外国語学部が主催であること。つまり、学部の教員学生が会を運営していきます。
受付や司会進行、またスキット(寸劇)に使用する小道具の準備など。。。

私も開始前から見ていましたが、本当に常葉の学生さんは、よく気付いて動きます!
学生さんの活躍を見ていただけるのも、学部主催イベントの魅力の一つ みなさん、お疲れさまでした!  R

*受付*

*小道具搬入*

*司会進行*

*ドアプライズ*