グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



久留戸 涼子


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  初等教育課程 >  久留戸 涼子

氏名 久留戸 涼子(KURUTO Ryoko)
所属 常葉大学 教育学部 初等教育課程
職名 教授
学位 博士(理学)
専門分野 細胞生物学、分子生物学
主な担当科目 生物学概論、生物学Ⅰ,Ⅱ、理科ⅠA,ⅠB、理科実践演習、生物学実験
researchmap https://researchmap.jp/read0148157/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

環境汚染物質や食品成分が生体にどのような影響を及ぼすか、ヒト培養細胞を用いて、細胞増殖能や遺伝子発現レベルの変化を中心に調べています。標的遺伝子としては、女性ホルモン(エストロジェン)応答遺伝子、薬物代謝関連p450ファミリー遺伝子、炎症マーカー遺伝子に注目しています。乳がん細胞では、抗がん物質、肥満細胞では、花粉症を改善するような物質の探索にも取り組んでいます。また、河川水などの水質の汚染状況を、ヒト培養細胞を用いて評価することも検討しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

(学術研究論文)
  • Kuruto, R., Abe, T., Yoshida, K., Ohura, T.: The effects of polycyclic aromatic hydrocarbons and their halogenated derivatives on estrogenic action. 2015 Tokoha University Faculty Of Education Research Review 35, 269-290.
  • Kuruto, R., Takada, Y., Akashi, M.: Environmental factors affecting the growth of white butterfly. 2016 Tokoha University Faculty Of Education Research Review 36, 313-331.
  • Shimizu. M., Kuruto, R.: Evaluation of DNA extraction efficiency from various plants for teaching materials. 2016 Journal of Studies on Elementary Education Tokoha University 1, 71-83.
  • Kuruto, R., Aburame, M., Sakurai, S., Ohura, T.: The effects of plant leaves on the action of polycyclic aromatic hydrocarbons. 2017 Tokoha University Faculty Of Education Research Review 37, 239-253.
  • Fukazawa, K., Kuruto, R.: Observation of Skeletal Development at Growth Stage of Medaka and Frog by Transparent Specimens. 2017 Journal of Studies on Elementary Education Tokoha University 2, 12-25.
  • Kuruto, R., Yamamoto, R., Sakurai, S., Ohura, T.: The effects of polycyclic aromatic hydrocarbons and plant leaves on human mast cells. 2017 Tokoha University Faculty Of Education Research Review 38, 351-360.

(著書)
  • 久留戸涼子:茶の事典、第6章 茶と健康、6.2茶と疾病、抗環境ホルモン、朝倉書店、2017

(学会発表)
  • 久留戸涼子、山本蘭、櫻井正剛、大浦健:ヒト肥満細胞に対する環境汚染物質の影響、第19回日本内分泌攪乱化学物質学会、2016年12月 つくば
  • 久留戸涼子、松岡文晶、竹田真人、大浦健:植物に対する多環芳香族炭化水素の影響、第20回日本内分泌攪乱化学物質学会、2017年12月 神戸

(社会貢献活動)
  • 静岡市立登呂博物館の要請により、毎年夏に、「田んぼの生き物観察会」を開催。

ページの先頭へ戻る