グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



造形準備室ブログ

ホーム  > 造形準備室ブログ  > 新年度スタート!!

新年度スタート!!

□準備室のつぶやき
□展示案内


常葉大学造形学部が始まります。
新しくどんな学生さんが入学してくるのかとても楽しみにしています。

昨年度、二会場で行った卒業制作展が2月に無事に終わり、3月に4年生が卒業していきました。
春休み中の造形学部がある校舎は、一部の学生が制作に来ていましたが、大変静かな毎日でした。
もっともっと大学施設を活用しましょう。

また、4月から始まる静岡市内にある美術館の展示も楽しみです。
ご紹介させて頂きます。

強烈な真っ赤なラッピングバスを何度か目撃しました。
草間彌生さんご本人のビジュアルがどかんと静岡の至る所に登場しています。

[草間彌生 永遠の永遠の永遠]

開催期間:2013年 4月13日(土)~6月23日(日)

開催会場:静岡県立美術館

開館時間:午前10時~午後5時30分 
※展示室への入室は午後5時まで

夜間開館:4月27日(土)~6月22日(土)の間の毎土曜日は、午後8時まで開館     
※展示室への入室は午後7時30分まで

休館日:毎週月曜日
※ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館

(詳しくは静岡県立美術館HPでご確認ください。)

そして、レオナール・フジタとパリ
作品約100点、初公開を含む絵画や書簡などの資料で構成されるそうです。

開催期間:2013年4月20日(土)~6月23日(日)

開催会場:静岡市美術館

開催時間:午前10時~午後7時
※展示室への入室は午後6時30分まで

休館日:毎週月曜日
※ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館

(詳しくは静岡市美術館HPでご確認ください。)

お二人とも、作品が認められている事はもちろん、作家自身の外見、内面、人生そのものに注目を集めている、集めたことも共通しています。
静岡でどんな展示を観ることが出来るのでしょうか。