グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



高 向山


氏名 高 向山(GAO Xiangshan)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 こども健康学科
職名 准教授
学位 修士(心理学)
専門分野 発達心理学
主な担当科目 発達心理学、教育心理学、教育方法の理論と実践、保育の心理学演習、家庭支援論、教育相談の理論と方法など
researchmap https://researchmap.jp/read0124662/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

保育・教育現場と家庭の連携について連絡ノートの果たす役割という視点から研究をしています。近年保育におけるICT化が急速に推進されており、保育業務の多様化やスリム化などが保育の質や家庭支援に及ぼす影響を明確にする必要があります。

主な研究業績および社会貢献活動など

(論文)
  • 「保育所と家庭を結ぶ連絡帳:対人コミュニケーション機能に注目して」 平成27年3月『健康プロデュース雑誌(常葉大学健康プロデュース学部紀要)』
  • 「保育現場における新人保育者の資質能力の変化についての認識:静岡県の園長・主任を対象とした全園調査から」(共著)平成27年12月『保育教諭養成課程研究第1号』
  • 「幼児期の食育実践に関する課題の構造についての一考察」(共著)平成30年2月『常葉大学保育学部紀要第5号』
  • 「保育系学生の保育実践力と学内学習習得度の関連性について」(共著)平成30年2月『健康プロデュース雑誌(常葉大学健康プロデュース学部紀要)』

ページの先頭へ戻る