グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



4年間の学び


ホーム >  経営学部 >  4年間の学び


経営学科の特長

徹底した「理論」 ⇌ 「実践」のくり返しで、リーダーとしての確かな資質・実践力を養います。
理論

経営の基礎理論に加えて専門性を強化する

基礎理論を幅広く学びながら、自分の興味や関心に応じて専門性を強化するための専門分野・履修モデルを設定しています。


少人数教育が専門知識の理解を深める

学んだ知識を関連付けて組み合わせ、経営課題に挑戦する。そんな学びを体現するために少人数教育できめ細やかな指導を行います。

経営の第一線で活躍する企業人から、本物の「経営学」を学ぶ

「経営学特別講義」では、地域の産業界とコラボレーションし、経営の現場で活躍している企業人を講師として招いた講義を行います。

実践

産学協同の体験型プロジェクトを通じて、実社会で求められる人材を育成

人間力セミナーやキャリア開発で基礎を築き、地元企業での研修やフィールドワークを通じて専門分野での実践力を養います。これらが就職での圧倒的な強さにつながります。

産学協同の体験型プロジェクト
専門性
● 経営・会計・情報・経済 ● 卒業研究
コミュニケーション力
● ビジネスコミュニケーション ● キャリア開発論
実践力
● フィールドワーク ● 企業研修
教養
● 人間力セミナー  ● 教養セミナー

実社会で必要な力の修得

カリキュラム(履修モデル例)

経営学科カリキュラム(履修モデル例)PDF


資格取得サポート

本学部では資格取得を目指す学生を対象に、学部の授業に直結するものから実務的な内容のものまで各種資格取得支援講座を開設し、学生一人ひとりのキャリア設計をサポートしています。
公務員採用試験対策講座
TOEIC 対策講座
日商PC 検定対策講座
日商簿記検定対策講座
IT パスポート試験対策講座
経営学検定対策講座 など
※2019年度開講講座

経営学科ではで問題解決型学習であるPBL※を取り入れ、自治体や地元企業などと連携したさまざまな活動

※PBLとはProject Based Learningの略で、問題(課題)解決型学習と呼ばれています。
正解のない議論(課題)を通して問題解決へのアプローチ方法を身につけることで、主体的・協働的に問題を発見し、解決する能力を養うことを目指しています。

新静岡セノバ×常葉大学「VALENTINEプロジェクト」

地域貢献、活性化を主目的とした定期的なフィールドワークの一環として開催された「常葉大学 マーケティングゼミ × 新静岡セノバ VALENTINEプロジェクト」では、学生がアンバサダーとなり、おすすめバレンタインギフトを紹介する「バレンタイン ギフトセレクション」、学生がセレクトした話題のスイーツショップを集めた「バレンタイン マーケット」の2つの企画を実施。プロモーション戦略の一環として、ゼミ生がTV、ラジオ等に出演しました。
また、地元静岡への地域貢献、活性化活動として本プロジェクトの他にも松坂屋静岡店やピーターパン(パン屋)などの地元企業とコラボレーションしたフィールドワークが実施され、実践的なマーケティング教育の場となっています。

天竜浜名湖鉄道×常葉大学「貸切列車を活用した旅行周遊プランの連携事業」

観光経営学を専攻するゼミ生が、天竜浜名湖鉄道沿線の活性化を目指し取り組んできた「鬼退治豆まきトレイン」が運行されました。プラン開発に当たっては天竜浜名湖鉄道株式会社の担当者とのディスカッションから、調査、企画提案・ブラッシュアップ、実践に至るまでの一連の流れを経験。実践力を磨き、現場で使える活きた経営学を学びました。
運行当日は、豆まきの他にもさまざまなイベントが行われ、車内には参加したご家族の賑やかな声が響きました。


ページの先頭へ戻る