グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  心身マネジメント学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

須田 遥日さん(静岡市立高等学校出身)

計画を立てることの大事さを知った

学生生活で学んだことは「事前準備の大切さ」。例えば、ボランティアで小学生に陸上を教えるときは、何をメインに教えたらいいのか、本番までにどんな内容にするかを事前の打ち合わせで具体的に決めていきますが、当日は想定通りに進むことも少なく、予定時間をオーバーすることも。回を重ねるごとに今の自分のキャパシティもわかってきたので、どうすれば無理なく効果的な授業を行えるかを想定した計画を立てられるようになりました。また、ボランティアのつながりでさまざまな方と出会うこともでき、アスレティックトレーナーとはどんな仕事なのか、社会人としてどんなスキルが必要なのかなど、幅広く話を聞くことで視野が広がりました。目標である教員になるために、これからも積極的に行動していきたいと思っています。

寺田 一成さん(静岡市立高等学校出身)

自ら考えて行動することがやりがいや達成感につながる

高校時代は部活動で多くのケガに悩まされた経験から、私のような選手を減らしたいと思いアスレティックトレーナー(AT)を目指すようになりました。ATの養成校の中でも、4 年制大学で部活動に帯同して実践を積みながら、資格取得を目指すことができる常葉大学への進学を決意。学科ではスポーツ外傷、傷害の予防から競技復帰のリハビリなど幅広く学んでいます。なかでもAT 実習において学生主体でメディカルチェックを企画運営したことは、大変勉強になりました。このように自ら考えて行動したり仲間と連携することなど、先生方の指導を仰ぎながら実践的に学んでいます。授業以外でも学生トレーナーとして部活動に就いて選手のコンディションのサポートをしたり、地域のマラソン大会に参加するランナーにストレッチや応急処置を行うなどの地域貢献活動にも参加するなど、日々積極的に行動し学びを深めています。

卒業生からのメッセージ

長谷川 佑樹さん(静岡市立清水商業高等学校(現:静岡市立清水桜が丘高等学校)出身)

勤務先:静岡市立安東中学校

心理、スポーツ、教職。今、大学でのすべての学びが活かされている

学科の先生方は各分野のプロフェッショナルであり、どの授業も楽しく充実していました。常葉で学んだカウンセリング技術は生徒に寄り添い、また、話を聞くうえで活かされています。教職を学びながら心理も学べたことは自分の強みになっています。生徒たちが試行錯誤しながらも自分自身で考えて成長していけるような手立てを考えるのが教師の仕事の一つ。これからも常に謙虚な気持ちをもち、学び続ける教師でありたいと考えています。

村井 里菜子さん(静岡県立浜名高等学校出身)

勤務先:サーラスポーツ浜松

自分を180度変えた大学での4年間。これからも変化を恐れず全力で

人前に出たりコミュニケーションを取ったりすることが苦手だったのですが、「健康運動指導士」の資格取得のための授業やゼミでの出会いなど、大学でのさまざまな経験により克服することができました。今はプールの監視やスイミングコーチのほか、ジムで筋トレやマシンの指導を担当。現在4名のパーソナルトレーニングも担当しています。目標としている先輩方のように結果の出せるトレーナーを目指し、資格取得など現場で活かせる知識を得るための努力を続けます。

佐藤 宇紘さん(静岡県立沼津東高等学校出身)

勤務先:アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ(アスレティックトレーナー)

選手たちの活躍が自分のやりがいに

在学中は、学生トレーナーとして硬式野球部に帯同していました。学生トレーナーとしてトレーナーのイロハを学びつつ、部活の仲間と過ごした日々は、とても密度の濃い時間であり、今の私の基盤を作っているものです。
現在は、関西の社会人アメリカンフットボールチームでのアスレティックトレーナーとして、選手のけがの予防やパフォーマンスアップに関わっています。この仕事のやりがいは、答えが一つとは限らないことを追及したり、日々新たな発見が得られたりすること。そして、サポートしている選手たちの活躍は自分のことのように嬉しく、大変さ以上にやりがいがあると感じています。

望月 翔平さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

勤務先:静岡市立公立中学校(保健体育)

成長した姿を近くで見られる喜び

専門家の先生たちと出会い、競技だけでなく心理学やトレーナーの知識、ケガの予防法など幅広い知識と技術を身につけたことで、自分自身いろいろなスポーツに興味をもち、挑戦することができました。その知識と経験が、いま子どもたちに運動の「楽しさ」を伝えるのにとても役立っています。

松永 愛矢さん(静岡市立高等学校出身)

勤務先:静岡市立公立中学校(保健体育)

生徒を認め、成長につながる指導を目標に

保健体育の教員として全学年全クラスの生徒と関わる中で、個々の能力にあった指導を心がけています。中学における保健体育教員は、生活指導者という役割も担うため、授業を通して生徒同士の関係を観察し、変化を見逃さないよう努力しています。大学で親身になって学生のことを考え指導してくださった先生方に出会って見つけた理想のスタイルを、今後も追求していきます。

鎌田 健一さん(藤枝明誠高等学校出身)

勤務先:メディカル・スポーツ・マイスター(エム・エス・マイスター)

目標は人の体のスペシャリストになること

ジュニアからシニア世代まで、スポーツに携わる方々が訪れるこの職場で、アスレティックトレーナーの資格を活かしてさまざまなサポート活動を行っています。リハビリ、トレーニング、コンディショニング、応急処置などサポートの領域は幅広く、まさにトレーナーというにふさわしい職場です。在学時に体験した学生トレーナーとしての活動、充実した設備での数々の実習は、今の私の基礎となっています。競技レベルや年齢、性別、それぞれに合わせた質の高いサポートを提供できるトレーナーを目指しています。

谷澤 未来さん(静岡県立静岡城北高等学校出身)

勤務先:株式会社 ティップネス

健康のサポートをさまざまな角度からアプローチ

心身共にリラックスできるものを提供するために、フィットネスクラブのレッスンで音楽にあわせて体を動かしていただくなど、お客様の健康づくりをサポートしています。今の仕事ではバイオメカニクスからストレッチの実技まで、大学で学んだ多くのことが活かされていると実感しています。今後は効率的に脂肪を燃やしたりするコツなどを伝えていきたいです。

山田 優美さん(静岡県立沼津城北高等学校出身)

勤務先:公益財団法人 浜松市体育協会 浜松アリーナ 事業振興グループ

絶対にスポーツの道に進むと心に決めて

入学当初はスポーツ選手のサポートをしたいと思っていましたが、今のように生涯スポーツを楽しむ方たちを支えたいと思うようになったのは、ゼミでのボランティア経験が大きく影響しています。スポーツを始めるきっかけは人それぞれですが、最初に「楽しい」がなければ続きません。私はこれからも、運動することの「楽しさ」を伝え続けます!

松下 暁さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

勤務先:静岡県公立中学校(保健体育)

私は中学校保健体育教員を目指して心身マネジメント学科に入学しました。本学では教員を目指すための教育体制がとても充実しています。
先生達との距離がとても近く、教育現場に対応した細かく丁寧な指導を受けることができます。
また、地域の学校でのボランティア活動や教職研究会(教員採用試験対策サークル)など、課外活動においても教員志望者が積極的に学べる場が整っていたので、教員採用試験に現役合格ができたと思います。

ページの先頭へ戻る