グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



4年間の学び


管理栄養士が活躍する分野・領域を想定しつつ、
実習を中心とした実践的なカリキュラムを用意しています。



健康栄養学科 カリキュラム(履修モデル例)

健康栄養学科カリキュラム(履修モデル例)PDF

領域別の臨地実習

幅広いフィールドで活躍できる管理栄養士を育成するため、管理栄養士が活躍する分野・領域を想定し、理論を学んだうえで学外の施設において実習します。

給食の運営

給食業務に必要な献立計画や食事の提供に関する技術の修得をします。

臨床栄養

病態に適した栄養管理や栄養指導への理解を深め実践できる能力を養います。

給食経営管理

栄養、安全、経済面から総合的に給食経営マネジメントを行う能力を養います。

公衆栄養

公衆栄養マネジメントの能力を養うため学んだ専門知識や技術の統合を図ります。

健康栄養学科のゼミ活動

自治体や教育機関と連携し、食や栄養をテーマにさまざまな活動を行っています。

フードマネジメント研究室

学生考案の災害時献立の提供
特定給食施設での災害時対策に関するヒアリング調査結果と危機管理の重要性をパネル説明するとともに、3種の災害時献立の提案・試食を行いました。

実践臨床栄養学研究室

「健康長寿の栄養」を地域住民へ発信
高齢者を対象に「座学と調理の複合型栄養講座」を行い、たんぱく質とビタミンが豊富な料理や、簡単で安全なパッククッキング等を紹介しました。

食教育学研究室

高校生や大学生への栄養講話
高校生や大学生に栄養講話を行い、講話実施前後における食行動等の変化を研究しました。調理実習も行い、知識を実践につなげることを目指しました。


臨床福祉栄養学研究室

健康応援ランチを考案・提供
静岡市との地域連携において食の重要性をアピール。食意識向上のための健康メニューを考案し、静岡水落キャンパスと静岡市役所で提供しました。

ページの先頭へ戻る