グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部の特長


ホーム >  造形学部 >  学部の特長

アートやデザインの 専門分野の4コース

アーティスト・クリエイター・デザイナーなど、さまざまな分野のプロフェッショナルに求められる技能を身につけるとともに、多彩な表現力を磨いていく4つのコース。
アート表現コース 「絵画」「平面メディア」「立体メディア」の3領域を横断しながら、アート表現を基礎から学び、独自の世界観を築きます。
ビジュアルデザインコース 視覚に訴える情報伝達を学び、広告、編集、企画の世界などで活躍するデザイナーやプランナーを育成します。
デジタル表現デザインコース コンピュータなどのデジタル機器を利用し、イラストレーション、DTP、WEBなどの幅広い表現手法を身につけます。
環境デザインコース プロダクト(製品)デザイン、インテリアデザイン、建築デザインの基礎を学び理論と実践により人・モノ・空間に関わるプロを育成します。

幅広い表現の基礎を学ぶ「基礎課程」

幅広い表現の基礎を学ぶ「基礎課程」

1年次に造形表現の手法や考え方を広く学ぶ「基礎課程」を設置。ドローイングや彫刻、色彩、製図、デザイン、コンピュータなど造形表現の手法や考え方を幅広く実習します。

専門分野を活かし、中・高の美術教員、学芸員を養成

専門分野を活かし、中・高の美術教員、学芸員を養成

指定科目単位の履修によって「中学校教諭一種免許状(美術)」や「高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)」などを取得することができます。

多様な技能を学び社会とつながるための自己表現を修得

社会のニーズに応える実践的なデザインカリキュラムを核としながら、総合大学ならではの豊かな人間性を育み、社会で活躍できる人材を育成します。

広がる活躍のフィールド

専門性の高い実践的な学びを通してデザイナー、クリエイター、イラストレーター、インダストリアルデザイナー、アニメーター、建築士など幅広い進路を可能にします。

ページの先頭へ戻る