グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



環境デザインコース


ホーム >  造形学部 >  コース紹介 >  環境デザインコース


コースのポイント

プロダクトと空間
2つのデザイン領域を学ぶ
環境デザインコースでは、「プロダクトデザイン(モノ)」と「空間デザイン(建築)」の2つの領域を学びます。どちらも実用性や耐久性を備えたうえでの、美しいデザインが求められる分野です。
機能的な美しさを追求する
「プロダクトデザイン」
プロダクトデザインでは、家具、インテリア、生活雑貨、家電などのデザインについて学び、機能性、操作性、強度、ユニバーサル性なども考えながら、洗練されたデザインを追究します。
住宅から都市まで
デザインする「空間デザイン」
空間デザインの領域は、建築、住環境、店舗デザイン、ディスプレイ、都市空間にまで及びます。また、公共施設の設計に欠かせない、福祉や行政の視点も含めて幅広く学んでいきます。

機能的な美しさを追究する「プロダクトデザイン」

プロダクトデザインでは、家具、インテリア、生活雑貨、家電などのデザインについて学び、機能性、操作性、強度、ユニバーサル性なども考えながら、洗練されたデザインを追究します。

住宅から都市までデザインする「空間デザイン」

空間デザインの領域は、建築、住環境、店舗デザイン、ディスプレイ、都市空間にまで及びます。また、公共施設の設計に欠かせない、福祉や行政の視点も含めて幅広く学んでいきます。

カリキュラム

環境デザインコース カリキュラムのダウンロード

TOPICS

清水港のミナトブンカサイ

清水港のミナトブンカサイ

清水港日の出地区にある、昭和年代の木造石張りの倉庫群。この歴史的遺産を活かすために、年から前面道路の占有許可を取り、にぎわいを創出する社会実験「ミナトブンカサイ」を行っています。近年は、自治体、企業、地元住民が交流を深める場所として認知が進んでいます。

シズオカ「KAGU」メッセ

シズオカ「KAGU」メッセ

シズオカ「KAGU」メッセは、シズオカで毎年開催される最新家具とインテリアの展示会。家具メーカーが競って新作を発表するこの場所に、学生自らがデザインし、製作したイスなどの作品を展示しています。業界の関係者や来場者に作品を見ていただき、交流が生まれる良い機会となっています。

学生制作 作品

ページの先頭へ戻る