グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 初等教育課程  > 久留戸 涼子

久留戸 涼子

職名教授
所属常葉大学 教育学部 初等教育課程
学位博士(理学)
研究分野分子生物学 / 細胞生物学

経歴

1988年4月 静岡県立大学食品栄養科学部微生物学研究室助手
1991年4月  静岡県立大学大学院生活健康科学研究科、食品栄養科学専攻生体防御研究室助手兼任 
1991年8月〜11月 米国The Scripps Research Instituteに客員研究員として短期留学。(県費による海外研修)
2002年10月〜2003年1月 米国Michigan State Universityに客員研究員として短期留学。(県費による海外研修)
2003年4月 静岡県立大学食品栄養科学部微生物学研究室学内講師
2005年4月 浜松大学健康プロデュース学部非常勤講師
2007年4月 静岡英和学院大学短期大学部食物学科准教授
2007年4月 静岡県立大学食品栄養科学部客員共同研究員
2008年4月 静岡県立大学環境科学研究所客員共同研究員
2009年4月 常葉学園大学教育学部准教授
2011年 お茶の水女子大学理学部非常勤講師
2013年4月 常葉大学教育学部准教授
2015年4月 常葉大学教育学部教授

学歴

1986年 お茶の水女子大学 理学部 生物学科
1988年 お茶の水女子大学大学院 理学研究科 生物学専攻

委員歴

2010年11月 静岡市環境審議委員、静岡市環境審議会環境影響評価部会委員
2012年 静岡県事業認定審議会委員
2013年8月 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
2014年7月 静岡県都市公園懇話会委員

研究業績(論文・解説)

  • 多環芳香族炭化水素及びそのハロゲン化物のエストロジェン作用に及ぼす影響 久留戸涼子、阿部智江、吉田滉太、大浦健 常葉大学紀要(教育学部)2014年度(35) 269-290 2015年3月
  • ヒト乳がん細胞を用いた環境水の汚染評価 久留戸涼子、山本彩季、秋元慧、大浦健、下位香代子 常葉大学紀要(教育学部)2013年度(34) 293-308 2014年3月
  • 常葉大学学生生活支援センター活動報告(二)伊東明子、杉本好行、久留戸涼子、三村友美、百瀬容美子、臼井渚 常葉大学紀要(教育学部)2013年度(34) 181-194 2014年3月
  • ハロゲン化多環芳香族炭化水素の遺伝子発現に及ぼす影響 久留戸涼子、山本彩季、大浦健 常葉学園大学紀要(教育学部)2012年度(33) 279-294 2013年3月
  • 植物の屈性実験へのスプラウトの活用 久留戸涼子、松永千広、熊切彩乃 常葉学園大学紀要 (教育学部) 2011年度  (32) 21-39 2012年3月
  • 環境汚染物質の塩素置換体の遺伝子発現解析による生体への影響評価 久留戸 涼子、大浦 健、寺尾 良保 常葉学園大学紀要 (教育学部) 2009年度 (30) 377-391 2010年3月
  • A methoxyflavonoid, chrysoeriol, selectively inhibits the formation of a carcinogenic estrogen metabolite in MCF-7 breast cancer cells. Takemura H, Uchiyama H, Ohura T, Sakakibara H, Kuruto R, Amagai T, Shimoi K. J Steroid Biochem Mol Biol. 118 70-76 2010年
  • Differential action of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons on aryl hydrocarbon receptor-mediated signaling in breast cancer cells. Ohura T, Morita M, Kuruto-Niwa R, Amagai T, Sakakibara H, Shimoi K.
  • Environ Toxicol. 25 180-187 2010年
  • Aryl Hydrocarbon Receptor-mediated Gene Expression by Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons and Cross-talk with Estrogen Receptor. Sakakibara, H, Ohura, T, Morita M, Hirabayashi, S, Kuruto-Niwa R, Amagai T, Shimoi K. Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry — Environmental Research in Asia  197–202 2009年
  • Chlorinated phenanthrenes induce CYP1A1 through aryl hydrocarbon receptor activation. Morita, M., Ohura, T., Kuruto-Niwa, R., Sakakibara, H., Amagai, T., Shimoi, K. Persistent Organic Pollutants (POPs) research in AsiaEd.M.Morita, Ehime University 302-307 2008年
  • Greening of tea immature leaf by covering culture.Niwa, Y., Ozawa, K., Nishikawa, H., Seki, R., Moriyasu, Y., and Kuruto-Niwa., R. The 3rd International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science 2007年
  • Chlorinated phenanthrenes induce CYP1A1 through aryl hydrocarbon receptor activation. Morita, M., Ohura, T., Kuruto-Niwa, R., Sakakibara, H., Amagai, T., Shimoi, K. Organohalogen Compd. 69 1881-1884 2007年
  • Formation of chlorinated estrone via hypochlorous disinfection of wastwater effluent containing estrone.
  • Nakamura, H., Kuruto-Niwa, R., Uchida, M., Terao, Y. Chemosphere 66 1441-1448 2007年
  • Estrogenic activity of the chlorinated derivatives of estrogens and flavonoids using a GFP expression system.
  • Kuruto-Niwa, R., Ito, T., Goto, H., Nakamura, H., Nozawa, R., and Terao, Y. Environ. Toxicol. Pharmacol. 23 121-128 2007年
  • Measurement of bisphenol A concentrations in human colostrum. Kuruto-Niwa, R., Tateoka, Y., Usuki, Y., and Nozawa, R Chemosphere 66 1160-1164 2007年
  • 研究最前線、エストロジェン様物質の塩素処理副生成物のエストロジェン活性 久留戸涼子 Endocrine Disrupter News letter 9 4 2006年
  • Changes in the mutagenic and estrogenic activities of bisphenol A upon treatment with nitrite. Masuda, S., Terashima, Y., Sano, A., Kuruto, R., Sugiyama, Y., Shimoi, K., Tanji, K., Yoshioka, H., Terao, Y., and Kinae, N. Mutat. Res. 585 137-146 2005年
  • 1,25-Dihydroxyvitamin D3 suppresses gene expression of eukaryotic translation initiation factor 2 in human promyelocytic leukemia HL-60 cells. Suzuki, T., Koyama, Y., Ichikawa, H., Tsushima, K., Abe, K., Hayakawa, S., Kuruto-Niwa, R., Nozawa, R., and Isemura, M. Cell Struct. Funct. 30 1-6 2005年
  • DPPH Radical-Scavenging Compounds from Dou-Chi, a Soybean Fermented Food. Chen, Y.-C., Sugiyama, Y., Abe, N., Kuruto-Niwa, R., Nozawa, R., and Hirota, A. Biosci. Biotechnol. Biochem. 69 999-1006 2005年
  • Estrogenic activity of alkylphenols, bisphenol S, and their chlorinated derivatives using a GFP expression system. Kuruto-Niwa, R., Nozawa, R., Miyakoshi, T., Shiozawa, T., and Terao,Y. Environ. Toxicol. Pharmacol. 19 121-130 2005年
  • Biological activities of chlorinated catechins. Kuruto-Niwa, R., Nozawa, R., Chen, Y.-C., Hirota, A., and Terao, Y. Proceeding of 2004 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science 501-502 2004年
  • S100A9 expression in invasive ductal carcinoma of the breast: S100A9 expression in adenocarcinoma is closely associated with poor tumor differentiation. Arai, K., Teratani, T., Kuruto-Niwa, R., Yamada, T. and Nozawa, R. Eur. J. Cancer 40 1179-1187 2004年
  • A novel selection method based on the expression level of green fluorescent protein measured with a quantitative fluorescence imager. Niwa, Y., Yoshimoto, K., Goto, S. and Kuruto-Niwa, R. Plant Biotechnol. 20 165-168 2003年
  • Role of integrin avb3 in the early phase of liver metastasis: PET and IVM analyses. Kikkawa, H., Kaihou, M., Horaguchi, N., Uchida, T., Imafuku, H., Takiguchi, A., Yamazaki, Y., Koike, C., Kuruto, R., Kakiuchi, T., Tsukada, H., Takada, Y., Matsuura, N., and Oku, N. Clinical & Experimental Metastasis 19 717-725 2002年
  • Identification of estrogenic activity of chlorinated bisphenol A using a GFP expression system. Kuruto-Niwa, R., Terao,Y. and Nozawa, R. Environ. Toxicol. Pharmacol. 12 27-35 2002年
  • 茶葉カテキン類と環境ホルモン 久留戸涼子 月刊「茶」茶サイエンス 54 36-37 2001年
  • Effects of tea catechins on the ERE-regulated estrogenic activity assessed by GFP expression system.
  • Kuruto-Niwa, R. and Nozawa, R. Proceeding of 2001 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science, Session III Health and Benefits 181-183 2001年
  • Endocrine disrupting chemicals and tea catechins. Kuruto-Niwa, R. Res. Adv. in Agri. & Food Chem. 2 19-26 2001年
  • Effects of Tea Catechins on the ERE-regulated Estrogenic Activity. Kuruto-Niwa, R., Inoue, S., Ogawa, S., Muramatsu, M. and Nozawa, R. J. Agric. Food Chem. 48 2000年
  • Studies on the transcriptional regulation in the expression of the genes for myeloid calcium binding proteins MRP8 and MRP14. Kuruto, R. 人間文化研究年報(お茶の水女子大学大学院) (23) 120-122 1999年
  • FluorImagerを用いたGFPの非破壊定量解析 丹羽康夫、久留戸涼子 Amersham Pharmacia Biotech Life Science News (4) 5-7 1999年
  • X-linked chronic granulomatous disease: Mutations in the CYBB gene encoding the gp91-phox component of the respiratory burst oxidase. Rae, J., Newburger, P.E., Dinauer, M.C., Noack, D., Hopkins, P.J., Kuruto, R. and Curnutte, J.T. Am. J. Hum. Genet. 62 1320-1331 1998年
  • Transcriptional regulation by C/EBPα and -β in the expression of the gene for the MRP14 myeloid calcium binding protein. Kuruto-Niwa, R., Nakamura, M., Takeishi, K. and Nozawa, R. Cell Struct. Funct. 23 109-118 1998年
  • Susceptibility of mice to bacterial and fungal infections after intragastric administration of ebselen. Nozawa, R., Arai, M., Kuruto, R., Motohashi, T. and Masayasu H. J. Pharm. Pharmacol. 48 64-67 1996年
  • Appearance of nuclear factors that interact with genes for myeloid calcium binding proteins (MRP-8 and MRP-14) in differentiated HL-60 cells. Kuwayama, A., Kuruto, R., Horie, N., Takeishi, K. and Nozawa, R. Blood 81 3116-3121 1993年
  • Myeloid calcium binding proteins: Expression in the differentiated HL-60 cells and detection in sera of patients with connective tissue diseases. Kuruto, R., Nozawa, R., Takeishi, K., Arai, K., Yokota, T. and Takasaki, Y. J. Biochem. 108 650-653 1990年
  • Studies on culture of cells and tissues of crop plants. II. Dedifferentiation of chloroplasts in synthetic Brassica napus mesophyll protoplasts during culture. Kuruto, R. and Toyama, S. Japan. Jour. Crop Sci. 59 346-353 1990年

書籍等出版物

  • 実験医学別冊、ポストゲノム時代の実験講座3、GFPとバイオイメージング、第4章 GFPの検出およびイメージング技術 レーザー蛍光イメジャーを用いたマクロレベルでの定量検出、羊土社 2000年
  • 健康と長寿への挑戦—食品栄養科学からのアプローチ、第9部 生物環境と健康 環境ホルモンと健康影響 南山堂 2006年

講演・口頭発表等

  • ハロゲン化多環芳香族炭化水素のエストロジェン作用に及ぼす影響 久留戸涼子、吉田滉太、大浦健 第17回日本内分泌攪乱化学物質学会 2014年12月9日
  • 多環芳香族炭化水素のエストロジェン作用に及ぼす影響 久留戸涼子、阿部智江、大浦健 第16回日本内分泌攪乱化学物質学会 2013年12月13日
  • ヒト乳がん細胞を用いた環境水の汚染評価 久留戸 涼子 第15回日本内分泌攪乱化学物質学会 2012年12月18日
  • 多環芳香族炭化水素及びそのハロゲン置換体の乳がん細胞に及ぼす影響 久留戸 涼子 第14回日本内分泌攪乱化学物質学会 2011年12月
  • 理数学生応援プロジェクト 私の軌跡~後輩へのエールに代えて~ [招待有り] 久留戸 涼子 2011年12月
  • 多環芳香族炭化水素及びその臭素置換体の遺伝子発現に及ぼす影響 第13回日本内分泌攪乱化学物質学会 2010年
  • 多環芳香族炭化水素及びその臭素置換体のAhR、ER標的遺伝子の発現への影響 第12回日本内分泌攪乱化学物質学会 2009年
  • 多環芳香族炭化水素及びその塩素置換体の遺伝子発現解析による生体への影響評価 第11回日本内分泌攪乱化学物質学会 2008年
  • 塩素化および臭素化多環芳香族炭化水素類によるAhR-ERクロストークを介した遺伝子発現について 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2008 2008年
  • ハロゲン化多環芳香族炭化水素によるAhRおよびERクロストークを介した遺伝子発現 日本環境変異原学会第37回大会 2008年
  • Aryl hydrocarbon receptor-mediated gene expression by chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons. 愛媛GCOEシンポ 2008年
  • 塩素化多環芳香族炭化水素類のAhR活性能の比較 2008年度日本農芸化学会大会 2008年
  • 被覆処理がチャ新芽におよぼす影響の解析 第49回日本植物生理学会年会 2008年
  • 環境汚染物質の塩素置換体の遺伝子発現解析 第10回日本内分泌攪乱化学物質学会 2007年
  • Greening of tea immature leaf by covering culture. The 3rd International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science 2007年
  • A selective inhibitor of CYP1B1, chrysoeriol. 1st Asian Conference on Environmental Mutagens and 36th Annual Meeting of the Japanese Environmental Mutagen Society 2007年
  • Modulationg effects of chrysoeriol, a methoxyflavonoid, on CYP1B1 enzyme activity and estrogen metabolism. 3rd International Conference on Polyphenols and Health 2007年
  • Chlorinated phenanthrens induce Cyp1A1 through aryl hydrocarbon receptor activation. Dioxin 2007 International Symposium. 2007年
  • Aryl Hydrocarbon Receptor-Mediated Effects of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons. The Society of Environmental Toxicology and Chemistry North America 27th Annual Meeting 2006年
  • 多環芳香族炭化水素塩素置換体のCYP1A1/1B1誘導能と遺伝毒性作用 第35回日本環境変異原学会 2006年
  • トキシフラボノイド・クリソエリオールのCYP1B1阻害作用とエストロゲン代謝への影響 第11回日本フードファクター学会 2006年
  • 塩素化多環芳香族炭化水素のAhRリガンド活性とエストロジェン活性 第9回日本内分泌攪乱化学物質学会 2006年
  • エストロジェンの塩素処理副生成物 第11回静岡健康・長寿学術フォーラム 2006年
  • 発癌に関わるCYP1B1阻害因子の探索とそのエストロジェン代謝への影響 第11回静岡健康・長寿学術フォーラム 2006年
  • 環境汚染物質の生成・分解・代謝と毒性発現 静岡県立大学2005USフォーラム、 2006年
  • 新興感染症病原体の分子細胞学的解析と生活習慣病等の病態に関する研究 静岡県立大学2005USフォーラム 2006年
  • Aryl Hydrocarbon Receptor-Mediated Effects of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons. 第7回日中健康科学シンポジウム 2006年
  • 植物成分のカテコールエストロゲン代謝への影響 第10回日本フードファクター学会 2005年
  • 多環芳香族炭化水素塩素置換体のエストロゲン代謝への影響 –AhR結合活性とCYP1A1/1B1遺伝子発現– 第34回日本環境変異原学会 2005年
  • ステロイド系性ホルモンの塩素処理副生成物のエストロジェン活性 第8回日本内分泌攪乱化学物質学会 2005年
  • 病原性レプトスピラの保有動物尿からの迅速定量検出法の開発 第78回日本細菌学会総会 2005年
  • フラボノイドの塩素処理副生成物 日本薬学会第125年会 2005年
  • 環境化学物質の動態とそれらの毒性評価 静岡県立大学2004USフォーラム 2005年
  • 新興感染症の宿主応答解析と病原体の探索並びに生活習慣病等の病態に関する研究 静岡県立大学2004USフォーラム 2005年
  • イヌ尿中からのレプトスピラ迅速検出法の開発 第42回レプトスピラシンポジウム 2005年
  • エストロジェン類及びフラボノイド類の塩素処理副生成物のエストロジェン様活性 第7回日本内分泌攪乱化学物質学会 2004年
  • Biological activities of chlorinated catechins. International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science 2004年
  • ビスフェノールAの亜硝酸処理に伴う変異原性とエストロゲン活性の挙動 静岡県立大学2003USフォーラム 2004年
  • レプトスピラDNAジャイレースBサブユニットgyrB遺伝子系統解析による分類法確立と迅速リアルタイム検出法の開発 静岡県立大学2003USフォーラム 2004年
  • 内分泌撹乱物質の塩素処理副生成物及びそれらの内分泌撹乱作用 静岡県立大学2003USフォーラム 2004年
  • ヒト乳癌細胞におけるエストロン硫酸の利用能と利用阻害因子 静岡県立大学2003USフォーラム 2004年
  • フラボノイド類の塩素処理生成物の生理活性に関する研究 静岡県立大学2003USフォーラム 2004年
  • GFP発現システムによって評価されたERE制御エストロジェン様活性に及ぼす茶葉カテキン類の影響 第1回日本カテキン学会 2004年
  • 内分泌撹乱化学物質の亜硝酸処理による変異原性とエストロゲン様活性の変動 第6回日本内分泌攪乱化学物質学会 2003年
  • Maternal exposure to BPA leaching from beverage and food containers and its lactational transfer 第6回日本内分泌攪乱化学物質学会 2003年
  • ヒト初乳中ビスフェノールAの測定 第6回日本内分泌攪乱化学物質学会 2003年
  • GFP/MCF7系によるアルキルフェノール類、ビスフェノールS及びその塩素置換体のエストロジェン様活性 第6回日本内分泌攪乱化学物質学会 2003年
  • Availability of estrone sulfate in normal human mammary epithelial cells and breast cancer cells. 第76回日本生化学会 2003年
  • 妊婦の食生活とヒト初乳中ビスフェノールA含量について 第18回日本母乳哺育学会 2003年
  • ヒト初乳中ビスフェノールAの測定 第18回日本母乳哺育学会 2003年
  • ケルセチン抱合体の血管透過性と生理活性 2003年度日本農芸化学会大会 2003年
  • 内分泌攪乱物質の塩素処理生成物の検索及びそれらの体内動態と内分泌攪乱作用に関する研究 静岡県立大学2002USフォーラム 2003年
  • 茶成分による遺伝子発現調節とその評価系の構築 静岡県立大学2002USフォーラム 2003年
  • エストロジェン代謝に及ぼす茶葉カテキン類の影響 静岡県立大学2002USフォーラム 2003年
  • 茶葉カテキン類のエストロジェン様作用に及ぼす影響 静岡県立大学2001学術フォーラム(II) 2002年
  • GFP発現システムを用いたBPA、NP誘導体のエストロジェン様活性の解析 第4回日本内分泌攪乱化学物質学会 2001年
  • 動物細胞を用いたin vitro実験系におけるGFPの活用 第8回バイオ・メディカル光科学研究会 2001年
  • Identification of estrogenic activity of chlorinated bisphenol A using an ERE-regulated GFP expression system. The 8th International Conference on Environmental Mutagens 2001年
  • Effects of tea catechins on the ERE-regulated estrogenic activity assessed by GFP expression system. International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science 2001年
  • 茶葉カテキン類の環境ホルモン作用に及ぼす影響 〜GFP簡便検出法を用いて〜 第3回静岡県立大学茶先端生命科学研究会学術集会 2001年
  • GFPを用いたエストロジェン様環境ホルモン物質の簡便検出法の開発 第3回日本内分泌攪乱化学物質学会 2000年
  • 茶葉カテキン類のエストロジェン作用に及ぼす影響 環境研究交流しずおか集会 2000年
  • 茶葉カテキン類のエストロジェン作用に及ぼす影響 第2回日本内分泌攪乱化学物質学会 1999年
  • GFPトランスフェクタントを用いたがん転移のビジュアル化 第44回日本薬学会東海支部総会 1998年
  • C/EBPによる食細胞カルシウム結合蛋白質MRP14の遺伝子発現制御 第71回日本細菌学会総会 1998年
  • 食細胞と生体防御システム -食細胞カルシウム結合タンパク質の役割- 栄養学若手研究者の集い第31回夏期研究会 1997年
  • C/EBP βによる食細胞カルシウム結合蛋白質MRP14の遺伝子発現制御 第70回日本細菌学会総会 1997年
  • pH感受性リポソ−ムを用いた遺伝子導入法の開発 日本薬学会第117年会 1997年
  • C/EBP による白血球カルシウム結合蛋白質MRP-14の遺伝子発現制御 第26回日本免疫学会総会 1996年
  • 食細胞カルシウム結合蛋白質の遺伝子発現について 第10回朝霧シンポジウム「遺伝子発現」 1995年
  • 分化段階の異なるヒト単球様白血病細胞株におけるカルシウム結合蛋白質MRPの発現と殺菌作用について 第73回日本細菌学会関東支部総会 1995年
  • 食細胞カルシウム結合蛋白質の遺伝子発現調節に関与する核因子について 第67回日本細菌学会総会 1994年
  • 食細胞カルシウム結合蛋白質の遺伝子発現調節に関与する核因子の解析 第66回日本細菌学会総会 1993年
  • 食細胞カルシウム結合蛋白質の発現調節因子の性状について 第66回日本細菌学会総会 1993年
  • Molecular genetic analysis of X-linked chronic granulomatous disease. The American Society of Human Genetics 1992年
  • 分化段階の異なるヒト単球様細胞における食細胞カルシウム結合蛋白質の遺伝子発現調節について 第22回日本免疫学会総会 1992年
  • 分化段階の異なるヒト単球様細胞における食細胞カルシウム結合たんぱく質の遺伝子発現調節について 第67回日本細菌学会関東支部総会 1992年
  • 好中球カルシウム結合蛋白遺伝子の多形性 第65回日本細菌学会総会 1992年
  • 食細胞Ca結合たんぱくの発現の制御 第66回日本細菌学会関東支部総会 1991年
  • 食細胞Ca結合たんぱくの機能と構造について 第66回日本細菌学会関東支部総会 1991年
  • 食細胞カルシウム結合タンパク(60B8)の遺伝子発現について 第64回日本細菌学会総会 1991年
  • Myeloid calcium binding proteins: Expression in the differentiated HL-60 cells and detection in sera of patients with conective tissue diseases. 27th National Meeting of the Society for Leukocyte Biology, 12th International Res Congress, and 20th Leukocyte Culture Conference 1990年
  • 食細胞分化抗原(60B8)のcDNAクローニングとその遺伝子の発現について 第63回日本細菌学会総会 1990年
  • 食細胞分化抗原の単離とその性質について 第63回日本細菌学会総会 1990年
  • セレン化合物の抗菌活性−MRSAの殺菌 第62回日本細菌学会関東支部総会 1989年
  • ブラシカ属の培養細胞系における葉緑体の脱分化 日本植物学会第52回大会 1987年

担当経験のある科目

  • 食物学基礎実験 (静岡英和学院大学)
  • 食品学各論 (静岡英和学院大学)
  • 科学英語 (静岡県立大学)
  • 生化学 (浜松大学)
  • 生化学実験 (浜松大学)
  • 微生物学 (浜松大学)
  • 微生物学実験 (静岡県立大学)
  • 情報科学 (静岡県立大学)
  • 食品学総論 (静岡英和学院大学)
  • 食品学実験 (静岡英和学院大学)
  • 理科IA(常葉学園大学)
  • 理科IB(常葉学園大学)
  • 人間力セミナー (常葉学園大学)
  • 生態学 (常葉学園大学)
  • 生物学A (常葉学園大学)
  • 生物学B(常葉学園大学)
  • 生物学実験 (常葉学園大学)
  • 生物化学 (常葉学園大学)
  • 発生生物学 (常葉学園大学)
  • 生物学概論 (常葉学園大学)
  • 理科ⅠA(常葉大学)
  • 理科ⅠB(常葉大学)
  • 生物学実験(常葉大学)
  • 理科実践演習(常葉大学)
  • 生物学Ⅰ(常葉大学)
  • 生物学Ⅱ(常葉大学)
  • 生物学Ⅲ(常葉大学)
  • 生物学演習(常葉大学)

資格・免許

  • 高等学校教諭1級普通免許状(理科)
  • 中学校教諭1級普通免許状(理科)
  • 英語検定2級

所属学協会

日本内分泌攪乱化学物質学会、日本細菌学会

学外活動・学外職

2013年7月、10月 田んぼの生き物観察会
2014年2月 静岡県中部理科教育研究会生物研修会
2014年7月、10月 田んぼの生き物観察会

Works

  • ヒト培養細胞を用いた環境汚染物質の新規リスク評価系の開発(科学研究費補助金基盤研究(C)) 2012年 - 現在
  • ハロゲン化多環芳香族炭化水素の遺伝子発現解析による生体への影響評価(科学研究費補助金基盤研究(C)) 2009年 - 2011年
  • 環境汚染物質の塩素置換体の遺伝子発現解析による生体への影響評価(科学研究費補助金基盤研究(C)) 2007年 - 2008年
  • 新興感染症病原体の分子遺伝学的解析と生活習慣病の病態に関する研究(21世紀COEプログラム) 2005年 - 2006年
  • 環境汚染物質の生成・分解・代謝と毒性発現(21世紀COEプログラム) 2005年 - 2006年
  • エストロジェン類の塩素処理副生成物のエストロジェン作用に関する研究(科学研究費補助金基盤研究(C)) 2005年 - 2006年
  • 新興感染症の宿主応答解析と病原体の探索並びに生活習慣病の病態に関する研究(21世紀COEプログラム) 2004年
  • 環境汚染物質の生成・分解・代謝と毒性発現(21世紀COEプログラム) 2004年
  • 茶葉カテキン類のエストロジェン作用に及ぼす影響(静岡県立大学茶先端生命科学研究) 1999年 - 2003年
  • ヒト乳癌細胞におけるエストロン硫酸の利用能と利用阻害因子に関する研究(21世紀COEプログラム) 2003年
  • 内分泌撹乱物質の検索とエストロジェンとの複合効果に関する研究(21世紀COEプログラム) 2003年
  • カテキン類の塩素処理生成物の生理活性に関する研究(後藤研究費) 2003年
  • ビスフェノールS及びその誘導体のエストロジェン様活性についての研究(静岡総研学術教育研究推進事業費補助金) 2003年
  • エストロジェン代謝に及ぼす茶葉カテキン類の影響(後藤研究費) 2002年
  • 環境ホルモンの二次副生成物の研究(第8回昭和シェル石油環境助成) 2002年
  • 茶葉カテキン類のエストロジェン様作用に及ぼす複合効果について(後藤研究費) 2001年
  • 茶葉カテキン類の環境ホルモン作用に及ぼす影響(後藤研究費) 2000年
  • 食細胞カルシウム結合蛋白質の遺伝子発現について(科学研究費補助金奨励研究(A)) 1991年 - 1992年
  • 食細胞分化に関与する遺伝子の構造とその発現制御に関する研究(静岡県学術教育振興財団助成金) 1990年

競争的資金等の研究課題

  • ヒト培養細胞を用いた環境汚染物質の新規リスク評価系の開発 科学研究費補助金:研究期間: 2012年 - 2015年 代表者: 久留戸 涼子
  • ハロゲン化多環芳香族炭化水素の遺伝子発現解析による生体への影響評価 科学研究費補助金 研究期間: 2009年 - 2012年 代表者: 久留戸 涼子
  • 環境汚染物質のハロゲン置換体の遺伝子発現に及ぼす影響 科学研究費補助金 研究期間: 2007年 - 2009年 代表者: 久留戸 涼子

その他

2014年11月 常葉学園高等学校土曜講座(教育学講座)
2013年10月 常葉学園高等学校土曜講座(教育学講座)
2013年8月 免許状更新講習中学校2分野おもしろ実験講座
2012年8月 免許状更新講習中学校2分野おもしろ実験講座
2008年2月 静岡英和女学院高等学校第2回P3研修会(広域科学プログラム研修会)
2001年8月 GFPを利用したバイオイメージング(広島大学遺伝子実験施設・遺伝子操作技術研修会「高等技術コース」)