グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 造形学部  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

大石 明穂(静岡県立島田高等学校出身)

デジタル表現デザインコース

心に残るイラストやデザインを創造する

ロゴやパッケージ、本の装丁など、身の周りのものをコンピュータでデザインし、制作しています。デジタル表現基礎の授業でアイデアを伝えることの大切さを学び、社会に出た後も役立つカリキュラムであることを実感しました。

鈴木 陽介(静岡北高等学校[静岡県]出身)

アート表現コース

漫画家を目指してアートを学ぶ

絵画だけでなく立体の造形も一通り経験できるため、表現の幅が広がるところがこのコースの魅力です。平面表現の授業で1冊の本を製本まで手掛けたことが進む方向性を知る良いきっかけとなりました。漫画家を目指して、専門的な絵の勉強中です。

中山 夢さん(静岡県立清水南高等学校)

ビジュアルデザインコース

最先端を学び、デザインに活かす

ポスターなどのグラフィックデザインからカメラの技術、使う人の感情に踏み込んだ設計をするUXデザインまで、最先端の学びを楽しんでいます。以前からデザインに興味があり入学したので、大学で学んだことを活かした職業に就きたいと思っています。

卒業生からのメッセージ

長谷川 晋平さん(静岡県立富士宮西高等学校出身)

就職先:株式会社ニトリパブリック デザイナー

分かりやすく伝えるために自分の引き出しを広げたい

広告代理店で、チラシやポスターのデザインをしています。特殊な学科なので、正直言って「就職できるか」が不安でした。しかしデザイン事務所での専門実習がきっかけとなり、大学で自分が学んできたことを信じて、それが東京で通用するかを試してみたくて、首都圏の企業を中心にアプローチしました。就職活動では、キャリアサポートセンターの職員の方が毎日のように面接の練習につきあってくださり、とても助かりました。デザイナーになるのは大変です。しかし、難しいことではありません。有名なデザイナーも同じ道を通っています。新人もベテランも、みんなで切磋琢磨できるのがこの業界の良いところです。優れたデザインに、年齢や経験の壁はありません。

小林 七海さん(浜松市立高等学校出身)

就職先:浜松市立中学校教諭(美術)

アートは人の心を豊かにする。それを子供たちに伝えたい。

クリスマスの企画として、安倍川から拾ってきた粗大ごみと流木で、クリスマスツリーを作りました。造形学部の友だちに協力してもらい、飾りつけのアイデアを考え、展示したことは楽しい思い出です。入学してから、講義のなかで、創作活動で、また友人たちとの出会いを通じて、「アートには人の心を豊かにする力がある」ことを知りました。それを子供たちにも伝えたくて、教員をめざしました。教育実習では、「自分が描く」ことと「人に教える」ことが全く違うことを痛感しました。生徒の10倍、20倍の知識がなければ、とても教えることなんてできません。もっと美術について深く学び、生まれ育った浜松で、美術好きの子供をたくさん育てていきたいです。