グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



前田 正


氏名 前田 正(MAEDA Tadashi)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 心身マネジメント学科
職名 教授/健康科学研究科 臨床心理専攻長/臨床心理教育実践センター 副センター長
学位 博士(医学)
専門分野 心理療法、精神医学、臨床心理学
主な担当科目 臨床心理学、精神医学、教育相談の基礎、いのちの科学と倫理、専門演習Ⅰ&Ⅱ、卒業研究Ⅰ&Ⅱ、臨床心理学特論、臨床心理学研究法特論、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、精神医学特論、特別研究
researchmap https://researchmap.jp/seaside(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

精神医学と臨床心理学を統合した日本独自の心理療法の開発、アスリートの自己実現過程の深層心理学的研究、臨床心理士・公認心理師ダブル資格修得大学院教育による心理臨床能力の開発研究に取り組んでいます。
カウンセラー、トレーナー、保健体育教師を目指す皆さんに有意義な学びを提供しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

(著書)
・『心理療法の第一歩』(共著)創元社 2017年
・『Kyoto 2016 Anima Mundi in transition』(共著)Daimon Verlag 2017年
・『統合失調症の心理療法』(単著)第三文明社 2013年
・『揺れるたましいの深層』(共著)創元社 2012年
・『心理学対決!フロイトVSユング』(共著)ナツメ社 2010年
(論文)
・『C.G.ユング邦訳文献一覧-ドイツ語版ユング全集対応-』(共著)、常葉大学健康プロデュース学部雑誌、12(1)、33-49、2018.
・『精神医学に関するユング心理学の文献』(単著)、ユング心理学研究、6、159-167、2017.
・Archetypal Anger in Sandplay Therapy(単著), Journal of Sandplay Therapy, 25(2),129-143, 2016.
・『アスリートの個性化と現実適応』(単著)、精神療法38(5)、60-67、2012.
・『精神療法における個性化過程と現実適応の関係について-スポーツで勝つことについての考察-』(単著)、臨床心理身体運動学研究、7・8、19-34、2006.

ページの先頭へ戻る