グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



井口 睦仁


氏名 井口 睦仁(IGUCHI Mutsuhito)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 心身マネジメント学科
職名 講師
学位 博士(人間科学)
専門分野 スポーツ科学、応用健康科
資格等 健康運動指導士、スポーツ医学メディックファーストエイド・インストラクター
主な担当科目 健康運動指導論、介護予防運動演習、健康運動指導演習、健康づくり運動演習、エアロビック運動演習、体育実技(体つくり運動・水泳)など
researchmap https://researchmap.jp/miguchi/(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス miguchi(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

運動の指導者は、対象者が運動を大好きになるように、そして運動が楽しくなるように導かなければなりません。将来、教える人となるための教育を行っています。指導者の力量は「職人技」であり、実践での経験が必要です。地域貢献を兼ねて実際の現場で「教えること」を数多く経験し、その力量を高めます。健康寿命延伸のための取り組みと研究をしています。

主な研究業績および社会貢献活動など

【論文】
  • 井口睦仁:大学における体育実技(水泳)授業での泳力向上に関する一考察.「健康プロデュース雑誌」常葉大学健康プロデュース学部,15(1):P63-P69. (2021)
  • 井口睦仁,加藤雄一郎:訪問指導による運動介入の違いが在宅高齢者の身体機能・生活の質・自己効力感に及ぼす継続的効果 -簡易運動と多種目運動の比較-.「体育評価研究」日本体育評価測定学会,17(1)P61-P71. (2017)
  • 井口睦仁,星川秀利:短期間の介護予防教室と教室後の運動継続が身体機能と生活の質に及ぼす影響.「健康プロデュース雑誌」常葉大学健康プロデュース学部,12(1):P95-P100. (2017)
  • 井口睦仁,加藤雄一郎:訪問指導による運動介入が後期高齢者の生活機能と運動継続に及ぼす影響.「体力科学」日本体力医学会,65(2)P255-P263. (2016)
  • Mutsuhito Iguchi,Yuichiro Kato:Randomized controlled trial of a home-based exercise program on quality of life in older adults. “The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine” Japanese Society Physical Fitness and Sports Medicine,5(6)P476-P492. (2016)

ページの先頭へ戻る