グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  法学部 >  在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

河野 紗妃さん(静岡英和女学院高等学校[静岡県]出身)

実践的なゼミ活動を通して

2年次に所属したゼミでは、消費者の権利について学習しました。過去に起きた事件を調べたり、学生同士でディスカッションをしながら、消費者にできることとは何かを考えました。消費者の権利について考えていく中で、いざというときにとるべき行動など、考え方が変化してきました。民事訴訟にも興味があるので学んでみたいと思っています。

富田 亮平さん(静岡県立藤枝西高等学校出身)

地域との連携を大切にする法学部が自分を変えた

入学当初は他の分野にも興味があったので、法学部で学ぶことに迷う時期もありましたが、少人数ゼミでの先生との出会いが私の考えを変えてくれました。静岡市内で行われるイベントや、地域連携に関する講演会やワークショップに参加するようになってから世界が一変。普通に過ごしていたら知り合うことができないような地域の方々と出会い、そのおかげで多面的に物事を捉える力や積極性が身につきました。エリア・デザイン研究会では、地域のお祭りの手伝いや、東北の復興支援などの活動を現在も続けています。福島県の被災地にも実際に足を運び、復興について学びました。将来は自分が生まれ育った地元に貢献できる仕事に就きたいと考えています。

松下 理紗さん(浜松市立高等学校出身)

法律を学ぶことは、現代の日本を学ぶのと同じ

日本の歴史や現代社会にはもともと興味がありました。法律学科で憲法や刑法を学ぶに従って、法律と一緒に日本の今を学んでいることが分かり、興味が増しました。将来はどんな仕事をしてみたいか、まだ考え中ですが、学んでいく中で見つけていきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

森下 和華さん(静岡県立清水西高等学校出身)

勤務先:野村證券株式会社

新たな気づきがあふれる充実のキャンパスライフ

将来は、生まれ育った静岡に貢献したい。ずっとそう思っていたことから、地元での就職に強いといわれていた常葉大学を選びました。学習面では、難しい法律用語に悩まされましたが、私たちの普段の暮らしもさまざまな法律の組み合わせにより成り立っていることを理解し、学びの意識が変わりました。入社前に必須だった資格取得も、金融商品取引法を学んだことが功を奏し、無事合格することができました。また、同じ静岡水落キャンパスだった健康科学部との交流により、医療分野にも興味がわくなど、とても視野が広がった4年間でした。

大石 剣心さん(静岡県立榛原高等学校出身)

勤務先:牧之原市役所

インターンシップによって、進路がより具体的に

私の所属する税務課では、市民税・固定資産税などの課税や納税通知書の送付、納税相談などさまざまな業務を行っています。その中でも私は主に、固定資産に係る税額を決定するため、家屋の評価に携わっています。
在学中は、インターンシップや地域のボランティア活動に参加し、市職員の方々と交流する機会がありました。その際に、防災、商工、観光など、市役所にはさまざまな分野の仕事があることを知り、魅力を感じました。地域の方に信頼される職員になり、地元を元気にしていきたいと思います。

内海 翔馬さん(沼津市立高等学校出身)

勤務先:木内建設株式会社

ゼミや資格所得で学んだ知識がいきています


「働くなら地元の静岡県で」という思いが強く、地元企業への就職実績の高い常葉大学に決めました。在学中に所属していた民法の債権のゼミでは、授業で扱わないような具体的な事例を用いた法律を学ぶことができました。また資格取得にも力を入れ、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーの資格も取得することができました。ゼミや資格取得で学んだ知識は、現在の仕事に大きく役立っています。


松浦 直希さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

勤務先:静岡市役所

大学での学びを通して、地域の課題解決に興味を抱きました

大学の学びを通じて社会問題、特に雇用問題、労働問題についての意識が変わりました。また、サークル活動を通じて学外の多くの人々とイベントの運営に取り組むことで、対話力や考える力が培われたと感じています。
在学中に、主に静岡市内の地域活性化のためのイベントにいくつか参加したことや、大学での学びを通して、静岡市の人口問題や中心市街地の活性の問題等に取り組みたいと考え、市役所職員を志望しました。市民の方々から信頼される職員でありたいと思います。

ページの先頭へ戻る