グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  法学部 >  在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

佐藤 志穂さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

法律の知識とともに身についた、論理的思考

静岡での就職を考えていたことから、地元企業や行政機関への就職支援が充実している常葉を選びました。先輩から公務員試験対策が充実していると聞いたことも決め手になりました。
先生方はフランクな方が多く、また法学部のある静岡水落キャンパスはコンパクトでコミュニケーションがとりやすいと感じます。
授業で印象に残っているのは、1年次に民法の担当講師から聞いた「私たちは生まれる前から死んだ後まで法律によって守られている」という言葉です。とても感銘を受けました。また、法律の知識だけでなく、物事を論理的に考える力がつきました。公務員を目指していましたが、今は法律の知識を活かした職に就き、地元静岡の発展に貢献できればと考えています。

小川 弘美さん(静岡県立榛原高等学校出身)

常に「なりたい自分」をイメージして努力

高校時代から法律に興味があり、もっと専門的に学びたいと思い法律学科に入学しました。
入学当初は周囲のレベルが高いと感じ、授業についていけるか不安でしたが、先生方の優しく丁寧な指導で課題にも前向きに取り組めるようになりました。今は将来をイメージし、やるべきことを考えながら、日々勉強に励んでいます。所属サークルの「ミズオチ交流会」では商店街のイベント運営などに携わりました。スタッフとして参加した地域を盛り上げる「おまちバル」では、学内では関わることのない年代や職業の方たちと交流し、物事を多面的に見ることができた貴重な機会となりました。少しずつではありますが、これまでの経験が積み重なり自信となっています。今後は静岡のため、人のために役に立てる仕事に関わりたいと考えています。

卒業生からのメッセージ

明石 清楓さん(常葉学園菊川高等学校(現:常葉大学附属菊川高等学校)[静岡県]出身)

公務員から民間企業へ
目標をシフトチェンジしても常葉はしっかりとサポートしてくれた


気づきと学びの連続だったあっという間の大学生活
高校生の頃の将来の目標は公務員。地域創生や社会学が学べる公共政策コースのカリキュラムに魅力を感じ、法学部を選びました。法律は知らないことばかりでしたが、普段の生活に密着しているものばかりで、毎日が学びの連続でした。人前で話すことはあまり得意ではなかったのですが、授業ごとにパワーポイントで資料を作り、ディベートや発表する機会が多かったため、苦手意識も克服。インターンシップでは、コミュニケーション力を養うことができました。
お客様から「あなたなら」と信頼をいただける存在になりたい
目標を民間企業へと変えた時、キャリア支援課の方々の励ましやアドバイスのおかげで、自信をもって就職活動に臨むことができました。現在は、窓口業務や現金の勘定合わせなどを行っており、毎日大きな額のお金を扱う一方、1円の重さも身に沁みて感じています。今後はさらに商品知識を身につけ、お客様に「明石さんなら安心して任せられる」と言っていただけるような信頼関係を築いていきたいと思います。

大石 剣心さん(静岡県立榛原高等学校出身)

勤務先:牧之原市役所

インターンシップによって、進路がより具体的に

私の所属する税務課では、市民税・固定資産税などの課税や納税通知書の送付、納税相談などさまざまな業務を行っています。その中でも私は主に、固定資産に係る税額を決定するため、家屋の評価に携わっています。
在学中は、インターンシップや地域のボランティア活動に参加し、市職員の方々と交流する機会がありました。その際に、防災、商工、観光など、市役所にはさまざまな分野の仕事があることを知り、魅力を感じました。地域の方に信頼される職員になり、地元を元気にしていきたいと思います。

松浦 直希さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

勤務先:静岡市役所

大学での学びを通して、地域の課題解決に興味を抱きました

大学の学びを通じて社会問題、特に雇用問題、労働問題についての意識が変わりました。また、サークル活動を通じて学外の多くの人々とイベントの運営に取り組むことで、対話力や考える力が培われたと感じています。
在学中に、主に静岡市内の地域活性化のためのイベントにいくつか参加したことや、大学での学びを通して、静岡市の人口問題や中心市街地の活性の問題等に取り組みたいと考え、市役所職員を志望しました。市民の方々から信頼される職員でありたいと思います。

森下 和華さん(静岡県立清水西高等学校出身)

勤務先:野村證券株式会社(営業)

素晴らしい出会いの連続だった常葉大学での4年間。
感謝を忘れず、地域貢献に努めたい


「静岡に貢献したい」から地元就職に強い常葉を選択
法律用語は難しく悩まされることも多々ありましたが、何気ない私たちの暮らしにも、さまざまな法律が幾重にも関わることで成り立っていると知り、意識が変わりました。
入社前、取得が必須だった資格も無事合格。大学での金融商品取引法の学びが合格につながりました。また、静岡水落キャンパスには法学部の他に、健康科学部がありますが、その学部の友人の影響で医療分野にも興味を持ちました。他学部・他学科との交流が持てるのも常葉の魅力のひとつです。

出会いに感謝 これまでも、これからも
現在は新規開拓に従事しています。飛び込み営業は難しいと感じることもありますが、自分がお伝えした情報がお客様のお役に立てたときや、自信をもって自社商品をご提案できたときには、本当にやりがいを感じます。とはいえ最初は、お客様への「ひとこと目」が出ず苦労しました。支えになったのは研修のため全国から集った同期たち。お互い切磋琢磨しました。弊社はほぼ転勤がありません。10 年、20 年先もここで、お客様と長く深いお付き合いをしながら、自分らしくありたいと願っています。

ページの先頭へ戻る