グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  健康柔道整復学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

大塚 舜介さん(静岡学園高等学校[静岡県]出身)

柔道整復学でアスリートをサポートする

学びの中で、包帯の巻き方にも技術があり、その技術でアスリートをサポートできることを知りました。医療の現場に立つ者としての礼儀や、患者さんとの接し方も学べるため、身につけること全てが将来につながっていきます。

古川 耀平さん(聖隷クリストファー高等学校[静岡県]出身)

現場に立つ先生から意見をもらえる環境

バレーボール部だった高校時代、膝を痛めた時など、日常的に接骨院や整形外科に通っていました。そこで柔道整復師が治療している姿に憧れを抱き、この学科を選択しました。大学では、難しいといわれる国家試験のためにコツコツ勉強したり、空き時間に授業の予習・復習をしたりと、効率的な時間の使い方を考えられるようになり、時間を有効活用しています。大学の良いところは、専門分野の先生から直接話を聞けることです。実際に接骨院など複数の治療院を経営している先生から、話を聞いたりアドバイスをいただいたり実際に見学をするなど、学びの環境が整っています。専門学校でも資格は取れますが、この環境を最大限に活かした臨床実習や演習など、実践的な現場経験を積んで差をつけたいです。

中山 澄香さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

将来の開業を目指して、柔道整復を学ぶ

1年次は、基礎医学の知識を身につけるため解剖学や運動生理学の学びに取り組み、骨や筋肉の名称や働きを覚えました。体に優しい治療である柔道整復を多くの人に知ってもらうために、将来は接骨院の開業を目指します。

斉藤 拓磨さん(静岡県立駿河総合高等学校出身)

きめ細かな国家試験対策指導

けがをしてお世話になった整形外科や接骨院の先生が自分の体に向き合ってくれる姿に感動し、柔道整復師を目指すようになりました。
常葉大学は、国家試験対策が手厚いと聞いていましたが、実際、先生方のきめ細かな指導により、早期から弱点克服をしてくれるのは、大変ありがたいです。
先生方がとても優しく、相談しやすいところも魅力的でした。

卒業生からのメッセージ

増田 大輝さん(愛知県立豊橋西高等学校出身)

勤務先:KSH健康センター北陸

基本は、健康。だから100%の満足を目指します

治療院とトレーニングジム、デイサービスによって、地域の方の健康づくりをサポートし、スポーツトレーナーとして運動指導も行っています。大学時代、患者さんが求めているのは何か、治療をするにはなにが必要かということを、先生方の豊富な経験談と共に、指導していただいたことが、現場で役立っています。今後も知識、技術、人格の3面で成長を目指します。

二橋 俊介さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

勤務先:つばさ整骨院 院長

地域の方の「楽になった」「ありがとう」を励みに。

私は、急性腰痛や捻挫、打撲などあらゆる症状の患者さまに対して施術をし、テーピングや包帯を施しています。また、休日には、地域のサッカークラブでトレーナー活動もしています。ここは地域密着型の整骨院で、顔なじみの患者さまが多く、患者さまとのコミュニケーションも楽しんでいます。患者さまから「楽になった」「良くなったよ」という言葉をいただけることがこの仕事の魅力です。これからも患者さまに満足して治療を受けていただけるよう、日々勉強と練習は欠かせません。

大石 有希子さん(常葉学園菊川高等学校(現:常葉大学附属菊川高等学校)[静岡県]出身)

勤務先:十慈接骨院

柔道整復師の基礎をつくった授業とゼミ

スポーツ心理学やトレーナー、医療の分野に興味があり、さらに家が接骨院ということもありこの学科を選びました。大学の授業では臨床に長けた先生の経験談や、教科書にはない治療法などを学ぶことができ、それが現場でも活きているのを実感します。ゼミで学会発表に参加したことで、授業以外のことも興味をもって勉強に取り組めました。今、さまざまな勉強会に積極的に参加できているのも、目標となる尊敬できる恩師と出会えたことや、大学での経験のおかげです。

池野 翔さん(浜松開誠館高等学校[静岡県]出身)

就職先:きたえるーむ浜松中央

幅広い学びが的確なアドバイスに結びついています

高齢者への手技療法やリハビリ指導などを主な仕事にしています。利用者さんから「病院やほかの治療院では治らなかったのに、痛みが和らいできた」と言われると、嬉しさや自信がわいてきます。大学で内科学や栄養学、トレーニング論などを学んだおかげで、ほかの柔道整復師とは異なる目線で治療やアドバイスができることが強みです。今後もさらに技術を磨き、高齢者を支えていきます。

ページの先頭へ戻る