グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  健康栄養学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

中津川 あみさん(浜松市立高等学校出身)

積極的にチャレンジしたことで得た自信と経験

大学に入ってそれまで受け身だった自分を変えたいと思い、さまざまなことにチャレンジしました。1年次では浜名湖海苔を使った料理コンテストに参加。地元のしらすを使ったピザを作り、最終選考まで残りました。2年次には浜名湖サービスエリアで販売する丼コンテストに参加。客層に合わせたメニューの考案、また、値段や広告など調理や味以外のことも考える必要があり、とても勉強になりました。食や農業に興味があったので、食の循環・環境を考えるサークルに入り、積極的に活動しています。大学の畑で作った無農薬野菜の販売や、田植え・稲刈り体験などを通して、食についての理解に加えて、自分の得意分野を知ることができました。積極的に行動することでステップアップしていく自分を実感でき、次のチャレンジへの自信につながっています。

大谷 瑠璃さん(静岡県立袋井高等学校出身)

目指すべき姿に向かうことで、日々の行動が変化

管理栄養士になるために、大学では食品や身体の機能、衛生面のことや、自分で献立を考えて料理をする実践的な授業まで、多方面から学んでいます。美味しさだけでなくエネルギー量や塩分量などを意識することを学び、普段の料理でも心がけるようになりました。また、知らなかった食材を積極的に食べたり苦手なものを克服する努力をするなど、食に対する意識も変化。将来、栄養指導ができるよう、食に関する知識の質と量を養っています。苦手だった勉強は友人たちの影響もあり、早めに試験勉強に取り組むようになったことで成績が良くなりました。やればできる、と自信になったことで、学ぶ楽しさに気づくことができました。目指す姿は、食べる人の気持ちに寄り添える管理栄養士。まだまだ学ぶことが多くあるので楽しみです。

寺畑 綾花さん(静岡県立清水東高等学校出身)

同じ夢をもつ友人と共に成長を実感

私は人前で発表をすることが苦手でしたが、管理栄養士は人に説明する仕事です。授業などで友人たちがハキハキと発表する姿を見て、私も機会があるときは意識して自ら進んで発表するようになりました。授業の疑問点や学生生活のことなど、気軽に話ができる友人は大学時代の宝物です。
また、大学は自己責任・自己管理が基本。子どもの頃からコツコツ進めるのが苦手でしたが、授業の復習の量が多く、直前で詰め込んでも手遅れになってしまうので、計画的に勉強するようになり、そのおかげで先を見通して行動ができるようになりました。まずは、現在勉強をしている国家試験に合格して、「あなたが担当でよかった」と思ってもらえる管理栄養士になりたいです。

大橋 佑佳里さん(静岡県立韮山高等学校出身)

国家試験合格を目指して日々の授業を大切にしています

小学4年生から陸上競技をやっており、栄養面からのアプローチも大切であることを知ってこの学科に進学しました。1、2年次の勉強は国家試験の基礎となるため、土台をしっかりつくるために授業を大切にしています。

卒業生からのメッセージ

堺 琴音さん(静岡雙葉高等学校[静岡県]出身)

勤務先:医療法人社団博仁会宮地医院

さまざまな現場に行くことで見えた将来像

大学は実習が多く、給食センターや保健所、小学校、病院などさまざまな現場を体験しました。その経験でぼんやりとしていた管理栄養士像がはっきりしたものになり、病院の管理栄養士になることを決めました。授業では、病院の管理栄養士をされていた先生が教鞭をとっていたので、1年次から現場の話を聞くことができ、将来を考えるうえでとても大きな存在でした。また、同じ目標を追いかける友人たちとも出会い、励まし合い支え合うことで夢を実現でき、かけがえのない大学生活となりました。

古郡 菜月さん(静岡県立静岡城北高等学校出身)

勤務先:下田市役所

管理栄養士として1次予防に関わり、地域も人も健康に


市役所で母子保健や特定保健指導、食育を担当し、管理栄養士として病気の発生を未然に防ぐ1次予防などに携わっています。大学の臨地実習を市役所で行った際、地域の人々を笑顔にしたいと考えたことが、下田市初の行政栄養士採用につながりました。乳幼児健診の栄養相談などで、指導を取り入れてくださるお母さんも多く、管理栄養士になって良かったと感じる毎日です。

木下 裕貴さん(静岡県立島田高等学校出身)

勤務先:静岡県立総合病院内シダックスフードサービス株式会社

いつかアスリートの栄養管理に携わりたい

この病院は720床の急性期総合病院で、1回の食事に約400〜500食を提供しています。食数管理業務や発注、透析食の調理を受け持ち、また事故を未然に防ぐための対策をたてる、インシデント対策部のメンバーとしてより安全な食事を提供できるよう努力しています。就職先として委託業者を選んだ理由は、現場での経験は管理栄養士として働くための基本であると考えたからです。いつかアスリート栄養部門で仕事ができるように今はしっかり現場経験を積みたいと思います。

相馬 明朱美さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

勤務先:浜松市立気賀小学校(学校栄養職員)

現代の子どもたちにこそ、食のサポートが必要

大学の授業で子どもに対する「食育」の大切さを知り、子どもたちと直接関わることができる学校栄養職員を志望しました。この学校には給食室があり、私の主な仕事は献立作成や食材の発注です。「どうしたらおいしく食べてくれるかな」と、考えながら献立を立てることはとても楽しいです。児童は味や食材の好き嫌いにとても素直に反応します。給食の時間には、教室を回り、子ども達と交わりながら「食の大切さ」を伝えています。給食を通じて子どもたちの将来を支えたいと思います。

ページの先頭へ戻る