グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科の特長


医療・福祉・保健・スポーツなど多岐にわたる可能性

栄養のスペシャリストを目指す本学科の学びは社会の変化に対応する総合的な学びが特長です。
幅広い分野の知識と技術を身につけることで、自分に合った将来のキャリアが見えてきます。

ページ内目次


学びの分野

臨床栄養

「医療現場」で活躍する管理栄養士
医療現場において、その役割がますます大きくなる管理栄養士。このような社会の要請を受け、チーム医療の一員として活躍できる人材、居宅療養者への訪問栄養食事指導を実践できる人材を育成します。

・臨床栄養チーム医療論
・臨床栄養学実習

食育

学校現場はもちろん社会全体で必要性が問われている食育。幼児期や学童期の食育を担える栄養教諭のほか、全ての年代の人に食を対象とした幅広いアプローチができる管理栄養士を育成します。

・食育論
・学校栄養指導論

食品機能

「食品機能」を理解し活用する力を身につける
食品は栄養的な側面だけでなく、生体防御、体調リズムの調節、老化制御、疾患の防止、疾病の回復調節など生体を調節する機能があります。これらの機能を活かした食品や食生活について新たな提案ができる力を磨きます。

・栄養・食品機能論
・食品安全論

食介護

「食介護」についての基本的な知識を学ぶ
要介護・要支援高齢者が増加する中、介護レベルに合わせた食介護の重要性がますます高まっています。『口から食べる重要性』を理解し、摂食・嚥下(えんげ)障害に対応できる管理栄養士を育成します。

・食介護論
・食介護実習

スポーツ栄養

スポーツ選手の栄養サポートについて学ぶ
健康の維持・増進を図るスポーツにおいても食生活の管理は欠かせません。各分野、年齢に合った健康のためのスポーツ栄養指導やアスリートのコンディションサポートができる管理栄養士を育成します。

・スポーツ栄養指導演習
・スポーツ栄養管理実習

国家試験対策

管理栄養士国家試験合格率100%を目指して、全教員が一丸となり国家試験対策に取り組んでいます。本学科では少人数担任制による個別指導を軸とし、授業以外の学習習慣の確立から専門領域への指導へと学年に適合した指導を実施しています。
1 高校の生物および化学分野の復習に加え、国家試験に関連する分野について学びます。専門知識の修得に不可欠な高校までの学習内容の定着を図ります。
2 管理栄養士基礎演習、管理栄養士専門演習、そして管理栄養士応用演習を通じて、基礎から専門、さらに応用という段階を踏み、各年次に修得した授業内容を復習・定着させます。
3 3〜4年次には国家試験対策模擬試験を実施します。各自が苦手分野の発見、克服に取り組みます。模試終了後も国家試験合格に向け、知識定着と意欲向上に励みます。

ページの先頭へ戻る