グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  こども健康学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

山本 裕果さん(静岡県立浜松南高等学校出身)

子どもと接する機会が多く、学びの理解が深まる

豊かな自然と、少人数で密に学ぶことができる環境に魅力を感じ常葉を選びました。先生との距離が近く、授業でわからないことは丁寧に教えてくれたり、進路の相談にのってくれたりと支えになってくれるのが心強いです。学内で実施する「こどもむら」やボランティアなど子どもと接する機会が多く、積極的に話しかけるなどの行動がとれるようになり、入学時よりも保育士になりたい気持ちが強くなりました。2年次にはネイチャーサークルsun&leafのリーダーになり、子どもが楽しめるさまざまな企画を立案。出会いも増え、大学生活がどんどん充実していきました。まだまだ足りないことはありますが、知識や実践的な技術をこれからもさらに身につけていくことで、信頼される保育士になりたいです。

中島 綾香さん(浜松日体高等学校[静岡県]出身)

子どもと触れ合う機会が多いから、将来像が明確になる

常葉の魅力の一つは自然が多いところ。学内での自然遊びや畑での野菜作りも授業の一環で、この体験が大きなポイントになります。最初は虫や汚れることが苦手な人が多いのですが、その抵抗感がなくなってくると、子どもとの距離がグッと近づくのがわかります。また、授業以外にも子どもと触れ合う機会を増やしたいと思い、学科で行うイベントやボランティアに積極的に参加しています。遊びのブースが多数出展するイベント「こどもむら」では、出展のためのゲームを考え、運営を行いました。地域の稲刈りや野菜の収穫ボランティアにも参加し、たくさんの子ども
と触れ合うことで、子どもと接する際の引き出しがとても増えました。人前で話すことが苦手でしたが、多くの経験を積んだことで自信がつき、保育者になるのがますます楽しみになっています。

卒業生からのメッセージ

丸尾 理紗さん(静岡県立袋井高等学校出身)

勤務先:浜松市立権現谷保育園

子どもの成長のために試行錯誤することで自分の成長にもつながる

実習で目標となる先生に出会えたからこそ今がある
保育士への思いが強くなったきっかけは実習。年長クラスを受けもつ指導担当の先生は、子どもたちが卒園する頃にはこんな子どもになってほしい、というイメージをもって取り組んでいました。その保育に対する姿勢は、今でも私の手本です。実習は毎日大変でしたが、それがあったからこそ今の自分があると思っています。
うまくいくこともいかないことも、すべてがやりがい
子どもの成長を身近で感じられることが一番のやりがい。1歳児クラスでは、初めはできないことが多いのですが、できることが増えていくことで子どもたちと達成感や喜びを共有できます。時にはこちらの思いが伝わらない場面もありますが、どうやって声掛けをしたらいいのか工夫しながら接するのもやりがいを感じる瞬間です。

須藤 瞳さん(静岡県立掛川西高等学校出身)

勤務先:菊川市立おおぞら認定こども園

子どもの成長とともに自身も成長


保育実習で学んだ、子どもとの関わり方や興味の引き方、遊びの提供の仕方、また講義では常に子どもの目線になることの大切さを教えていただき、それらの学びが今の仕事に活きています。赴任して1年目で不慣れなことも多いのですが、子どもたちが成長するとともに、自分自身も日々できることが増え、毎日がとても充実しています。

小橋 周平さん(静岡県立磐田農業高等学校出身)

勤務先:聖隷福祉事業団 聖隷こども園わかば

成長に合わせた「あそび」で笑顔を引き出す

みんなの笑顔を想像しながら「今日はどんな“あそび”をしようかな」と、考える時間が楽しくて仕方ありません。そんな毎日の中、子どもたちや保護者の方から「頼られているな」と感じることにやりがいを覚えます。男性の保育士はまだまだ少ない現状ですが、20年経っても子どもたちと園庭を走り回り、頼られる保育教諭でありたいと思います。

奥川 鼓さん(常葉学園高等学校/現 常葉大学附属常葉高等学校[静岡県] 出身)

勤務先:千代学園 みやじま幼稚園

常にアンテナを張って、子どもを引きつける方法を考える


年長児の担任として、子どもの保育や教育を中心に、小学校就学に向けての指導も行っています。大学時代の活動を通して人と関わる機会に恵まれたことで、常にアンテナを張ることの大切さを学びました。一人ひとりの子どもの興味関心を感じ取り、日々の生活やさまざまな行事の中で成長につながる指導ができるよう努力しています。

山本 航平さん(静岡県立二俣高等学校/現 天竜高等学校出身)

勤務先:浜松市立可美保育園

子どもと一緒に、自分の成長も楽しむ


2歳児クラスを担当する毎日は、新しい発見の連続です。保育士として、あらゆる角度から成長を支援する立場になりました。大学時代「親子教室ポッケ」で地域の親子と交流したり、「こどもむら」で村長として企画・運営をした経験が、今の保育実践力につながっています。今後は新しい取り組みにもチャレンジしたいと考えています。

ページの先頭へ戻る