グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  こども健康学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

玉田 夏穂さん(静岡県立榛原高等学校出身)

実習を終えて感じた確かな成長と保育者への思い

大学に入って大きく変わったことは、学びが楽しいと思えるようになったことです。今までは後ろ向きに物事を行うことが多かったのですが、大学の学びを通して自信がつき、積極的に取り組むことができるようになりました。特に実習を乗り越えた経験が自信になっています。保育園実習、施設実習、観察実習などさまざまな実習がある中で、うまくいかないことばかりで保育の現場の大変さを実感しました。しかし、実習先の先生からアドバイスをいただいたり、子どもたちが助けてくれたりと、少しずつできるようになり、実習が終わる頃には保育者になりたい思いが確かなものになりました。5歳から習っているピアノを用いて子どもたちが楽しんで遊び、生活できるよう残りの大学生活も意識的に学んでいきます。

山内 志峰さん(静岡県立磐田西高等学校出身)

こども健康ならではのイベントが強み

通っていた幼稚園の担任の先生に憧れ、将来の職業として目指すようになりました。
こども健康学科は、地域の親子を招待する「こどもむら」というイベントを、学生主体で企画運営しているところが、ほかにはない取り組みです。自然豊かな環境で、子どもの頃の気持ちを思い出しながら勉強できます。

大杉 容さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

能力を伸ばす充実した環境がある

2つのプレイルームや創作活動学習室、ピアノ練習室など、集中して学習に取り組むことができる充実した設備や環境があります。学生一人ひとりの個性に合わせた教員の丁寧な指導により、目指す保育者像が具体的になりました。

卒業生からのメッセージ

須藤 瞳さん(静岡県立掛川西高等学校出身)

勤務先:菊川市立おおぞら認定こども園

子どもの成長とともに自身も成長

保育実習で学んだ、子どもとの関わり方や興味の引き方、遊びの提供の仕方、また講義では常に子どもの目線になることの大切さを教えていただき、それらの学びが今の仕事に活きています。赴任して1年目で不慣れなことも多いのですが、子どもたちが成長するとともに、自分自身も日々できることが増え、毎日がとても充実しています。

小橋 周平さん(静岡県立磐田農業高等学校出身)

勤務先:聖隷福祉事業団 聖隷こども園わかば

成長に合わせた「あそび」で笑顔を引き出す

みんなの笑顔を想像しながら「今日はどんな“あそび”をしようかな」と、考える時間が楽しくて仕方ありません。そんな毎日の中、子どもたちや保護者の方から「頼られているな」と感じることにやりがいを覚えます。男性の保育士はまだまだ少ない現状ですが、20年経っても子どもたちと園庭を走り回り、頼られる保育教諭でありたいと思います。

奥川 鼓さん(常葉学園高等学校/現 常葉大学附属常葉高等学校[静岡県] 出身)

勤務先:千代学園 みやじま幼稚園

常にアンテナを張って、子どもを引きつける方法を考える

年長児の担任として、子どもの保育や教育を中心に、小学校就学に向けての指導も行っています。大学時代の活動を通して人と関わる機会に恵まれたことで、常にアンテナを張ることの大切さを学びました。一人ひとりの子どもの興味関心を感じ取り、日々の生活やさまざまな行事の中で成長につながる指導ができるよう努力しています。

山本 航平さん(静岡県立二俣高等学校/現 天竜高等学校出身)

勤務先:浜松市立可美保育園

子どもと一緒に、自分の成長も楽しむ

2歳児クラスを担当する毎日は、新しい発見の連続です。保育士として、あらゆる角度から成長を支援する立場になりました。大学時代「親子教室ポッケ」で地域の親子と交流したり、「こどもむら」で村長として企画・運営をした経験が、今の保育実践力につながっています。今後は新しい取り組みにもチャレンジしたいと考えています。

ページの先頭へ戻る