グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


小野澤 隆

職名教授
所属常葉大学 健康プロデュース学部 こども健康学科
学位修士(文学)
研究分野英学史

学歴

1982年3月 玉川大学文学部英米文学科理財専攻 卒業
1986年5月 シートンホール大学大学院アジア研究科修了
       (Seton Hall University, Graduate School of Asian Studies)
1989年12月 同大学院修士取得(M.A.)

教育歴

1982年 9月 シートンホール大学大学院アジア研究科助手
       (Seton Hall University, Graduate Assistant of Asian Studies)
1994年4月 冨士フェニックス短期大学英語英米文学科専任講師
1999年4月 冨士フェニックス短期大学英語英米文学科助教授
2001年4月 浜松大学経営情報学部専任講師
2002年4月 浜松大学経営情報学部助教授
2007年4月 浜松大学ビジネスデザイン学部准教授
2009年4月 浜松大学ビジネスデザイン学部教授
2013年4月 常葉大学健康プロデュース学部教授

担当科目

  • 英語コミュニケーション
  • 教養セミナー
  • 人間力セミナー
  • ことばの力

資格

実用英語技能検定1級合格(1990年)

著書

  • 『Differences between Japanese and Americans』共著 ニューカレント・インターナショナル(1993年1月)
  • 『Human Bridges between Japan and the West』共著 ニューカレント・インターナショナル(1994年1月)
  • 「日本人と英語の座標」『フォルム』vol. XIX 音羽書房鶴見書店(2001年12月)
  • 『東西文明の架け橋(Human Bridges)』共著 蒼洋出版新社(2010年1月)

論文

  1. Policy on Foreign Trade in Tokugawa Japan: Focusing on the Contribution of Arai Hakuseki(1657-1725), Seton Hall University, 1989. MA thesis.
  2. 「現代アメリカにおける徳川時代の研究-社会経済史的要因を中心として-」『英学史研究』第26号(1993年3月)
  3. 「英字新聞 The Nagasaki Shipping List and Advertiser-その背景と内容-」『冨士フェニックス短期大学論叢』第3号(1995年3月)
  4. 「斎藤謙三と斎藤塾の英学教育をめぐって-大正・昭和期の浜松英学-」『英語学・英語教育研究』第4巻(1999年8月)
  5. 「欄英和対話集 Winkelgesprekken in het Hollandish, Engrerisch en  Japansch(1861年)解題度と様相」『浜松大学研究論集』第18巻2号(2005年12月)
  6. 「英学雑感-原点と課題-」『英語学・英語研究』第11号(2006年7月)
  7. 「英学史より見た宣教師-H. コーツを中心に」『レオルニアン』言語文化論叢11号(2007年7月)
  8. 「節度ある英語教育のすすめ」『英語学・英語教育研究』第13巻(2008年8月)
  9. 「報徳思想と英学-岡田良一郎と冀北学舎をめぐって」『英語学・英語教育研究』第17巻(2011年3月)
  10. 「遠江の英学-ある豪農の起業への影響」『英学史研究』第46号(2013年10月)

著書

  1. 『Differences between Japanese and American』編注釈、ニューカレント・インターナショナル(1993年1月)
  2. 『Human Bridges between Japan and the West』編注釈、ニューカレント・インターナショナル(1994年1月)
  3. 「日本英字新聞の事始め」『フォルム』Vol. XII、インターナショナル・」エッセイスト・アソシエーション(1994年7月)
  4. 「日本人と英語の座標」『フォルム』XIX、音羽書房鶴見書店(2001年12月)
  5. 「グローバル時代における日本文化の貢献」『国際日本文化研究会の歩み』国際日本文化研究会(2003年3月)
  6. 「維新期における遠州地域の私塾-冀北学舎-について」『井田好治先生米寿記念論文集』東京教学社(2010年12月)

所属学協会

  • 日本英学史学会
  • 日本英語教育英学会
  • 国際日本学会
  • 日本英語教育史学会

学外活動

1997年~1998年 御殿場市男女共同参画社会づくり行動計画策定委員会委員長
1999年7月 浜北市サタデー「楽習」講座講師
2001年~2003年 実用英語技能検定試験実施委員
2003年9月 静岡県西部高等学校英語弁論大会審査員
2002年~2005年 静岡県立気賀高等学校学校評議委員

メッセージ

自分の日常体験を通して、学びの楽しさ(知的興味)を何かの機会にハッと気づき、よーしやるぞという気持ちを実感してもらいたい。知性的であるとともに、情感を持って、何事にも愚直に取組もう。共に関わり合い、共に学び、共に成長して行こう。