グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 法学部  > 学部の特長

学部の特長

法的知識を身につけ、 社会に貢献できる 企業人、公務員を 育成します

生活はもちろん、企業も自治体もすべては 「法」に基づいて運営されています。
本学部では法的なものの考え方 「リーガルマインド」と知識を備え、社会を支える人材を育成していきます。


すべてが社会に役立つ「法」の学び

「法学」を学ぶことは、社会の仕組みを知ることです。グローバル社会の中で、これからの日本と地域を担う知識とスキルを身につけ、地域で活躍できる人材、地域を活性化し、地域に貢献できる人材、企業課題に対して企業法務の観点を踏まえて解決を図る人材などの育成を目指します。

産学官の連携活動

地域に根ざし、
地域貢献を目指した体験型学習

共同公開講座の開催、他大学の教員や学生、地域の行政、企業と連携してパネルディスカッションを実施するなど、地域の行政や企業との密接な連携を図る活動を行っています。法学部の学生も、地域活性化のためのイベント参加や調査結果の報告などにより、活動に貢献しています。知識習得にとどまらず企業・行政の中での実践的な法律の活用方法について学びます。

1年次から少人数教育

一般の法学部ではあまり例をみない「少人数教育」も特長の一つです。1年次から必修科目で少人数ゼミナール形式の「法学・政策学基礎演習Ⅰ」を開講。論理的思考力や政策立案力を養い2年次以降の専門科目の導入とします。身近な生活や話題の事件などの事例について教員と学生がディスカッションし、「法や政策の視点」からの問題解決法を学びます。

行政機関へのインターンシップ

3年次の「地域政策実習」では、自治体や公共団体でのインターンシップを行います(選抜あり)。行政の現場に赴き、実際に公務員の業務に触れることで行政の仕組みを学ぶとともに、地域社会に参画する重要性を理解し、それを実践する能力を養います。また、公務員志望の学生にとっては、インターンシップの経験を通じて、自分の適性やキャリアイメージを明確にする意義もあります。

インターンシップ受け入れ先(2016年度実績)

静岡県庁
静岡市役所
菊川市役所
島田市役所
沼津市役所
袋井市役所
富士市役所
藤枝市役所
富士宮市役所
牧ノ原市役所
静岡市文化振興財団
静岡市まちづくり公社
静岡県社会福祉協議会
静岡科学館る・く・る
静岡県行政書士会
静岡商工会議所
富士商工会議所
静岡市葵生涯学習センター
(順不同)


課外講座で公務員試験や資格取得を強力にバックアップ