グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 法学部  > 学部の特長

学部の特長

企業で、行政で、あらゆる分野で使える法律を身につけよう。

私たちの生活はもちろん、企業も自治体も、すべては「法」によって守られ、また「法」によって運営されています。現代社会のあらゆる分野において、「法律」はオールマイティに使える道具です。本学部は、進路にあわせた履修モデルを用意し、企業や自治体など、様々な業界で「法律」を武器に活躍できる実践力を養います。


きめ細かな少人数教育

大きな特色の1つは、法学部ではあまり例をみない「少人数教育」です。1年次の必修科目として少人数ゼミナール形式の「法学・政策学基礎演習Ⅰ」を開講。身近な生活や話題の事件などの事例について教員と学生がディスカッションを行い、「法や政策の視点」からの問題解決法を学び、論理的思考力や政策立案力を身につけ、2年次以降の専門科目の導入とします。きめ細やかな指導を通じて、単なる法律知識にとどまらず、リーガルマインドや企業・行政の中での実践的な法律の活用方法について学びます。

産学官の連携活動

地域の行政や企業との密接な連携を図る活動として、平成25年度は共同公開講座を開催しました。他大学の教員・学生、静岡県清水港管理局、静岡市商業労政課、御伝鷹まちづくり株式会社と連携して、パネルディスカッションを実施しました。法学部の学生も、地域の活性化のためのイベントへの参加や調査結果の報告などにより、活動に貢献しました。

就職力を高める

公務員試験対策に特化した専任職員を置き、課外講座として「公務員試験対策講座」を無料で開講。最新の公務員採用試験の傾向を分析し、徹底した試験対策を一年次より行います。その他、「ビジネス実務法務検定対策講座」などの課外講座も実施。社会で求められている法的知識の理解力を確認し、その後の学びの指針とします。キャリアイメージに即した専門知識を幅広く学ぶことで、社会に対する視野を広げ、地域に貢献できる政策実務力を養い、地元での就職に直結する実力を身につけます。

行政機関へのインターンシップ

3年次の「地域政策実習」では、静岡県や静岡市など行政機関へのインターンシップを行います。行政の現場に赴き、実際に公務員の業務に触れることで行政の仕組みを学ぶとともに、地域社会に参画する重要性を理解し、それを実践する能力を養います。また、実習活動が地域社会におけるネットワークの形成と活性化につながることを体感します。公務員志望の学生にとっては、インターンシップの経験を通じて、自分の適性やキャリアイメージを明確にする意義もあります。