グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院


在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

新井 龍也さん(静岡県立御殿場南高等学校出身)

将来は接骨院を開業して、人の役に立ちたい

高校時代に部活で柔道整復師の先生にお世話になり、この仕事で人の役に立ちたいと考えるようになりました。知識や技術はもちろん、開業のためのノウハウも指導してもらえるため、将来への夢が膨らんでいます。
将来は、子どもからお年寄り、運動部の学生まで、地域密着の接骨院で治療していければと思っています。

松橋 佑莉さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

高齢化社会を支える柔道整復師に

この学科で柔道整復師を取得し、接骨院などで技術面の経験を積みたいと考えています。
社会問題となっている高齢化が進む中、将来は、地元浜松で介護の仕事に従事し、地域の人たちの豊かな人生を支えていくことが目標です。

卒業生からのメッセージ

松木 隆さん(聖和学園高等学校[宮城県]出身)

就職先:健康センター北陸(KSHメディカルトレーニングセンター)

コミュニケーション能力が大事だと思う

トレーニングのメニュー作成、トレーニングフォームなどのチェックのほか、高校やプロバスケットボールチームのトレーナーとして働いています。また、トレーニングセンター以外に接骨院業務も行っているので、トレーニング指導から治療まで携わることができるのがここの魅力です。今何よりも大事だと思うことはコミュニケーション能力。在学時に学んだことを活かしながら、いつ、誰とでも十分なコミュニケーションを取ることを心がけています。

二橋 俊介さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

就職先:つばさ整骨院 院長

地域の方の「楽になった」「ありがとう」を励みに。

私は、急性腰痛や捻挫、打撲などあらゆる症状の患者さまに対して施術をし、テーピングや包帯を施しています。また、休日には、地域のサッカークラブでトレーナー活動もしています。ここは地域密着型の整骨院で、顔なじみの患者さまが多く、患者さまとのコミュニケーションも楽しんでいます。患者さまから「楽になった」「良くなったよ」という言葉をいただけることがこの仕事の魅力です。これからも患者さまに満足して治療を受けていただけるよう、日々勉強と練習は欠かせません。

中村 佳央梨さん(遊学館高等学校〔石川県〕出身)

就職先:とこは鍼灸接骨院 柔道整復師

女性の柔道整復師だからこそ、できることがある

「柔道」という言葉を聞くと、女性の方は少し抵抗を感じるかもしれません。しかし、私自身、この業界に入って本当に良かったと思っています。
比較的男性が多い現在の柔道整復業界では、教育の現場でも臨床の現場でも、女性の柔道整復師のニーズが高いのが現状です。教育の場では女子学生の悩みを聞いたり、臨床の場では、女性患者の対応にと、女性の柔道整復師にしかできないことはたくさんあります。多くの場で必要とされることは、責任を伴うのですが、それ以上に充実感を感じている毎日です。