グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



中川 雄真


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  心理教育学科 >  中川 雄真

氏名 中川 雄真(NAKAGAWA Yuma)
所属 常葉大学 教育学部 心理教育学科
職名 講師
学位 博士(医学)
専門分野 心理学
資格等 公認心理師、臨床心理士、心理学検定(特1級)
主な担当科目 心理学、心理統計学、健康・医療心理学
researchmap https://researchmap.jp/y_nakagawa(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

これまで睡眠障害や糖尿病を抱える方、またHIVに感染された方のメンタルヘルスについて研究をしてきました。こころについて考えるとき、つい身体のことを忘れてしまいがちですが、こころと身体は密接に関係しています。こころの健康は身体の健康につながりますし、身体の健康はこころの健康につながります。引き続き、皆様がより健やかな生活を送れる社会を目指し、研究を進めてまいります。

主な研究業績および社会貢献活動など

(論文)
  • 髙田知惠子・石田陽子・長浦由紀・中川雄真・三木浩司(2022):薬害HIV患者のカウンセリング・イメージは試行カウンセリング体験で変化するのか?.大妻女子大学人間関係学部紀要23,41-57.
  • 中川雄真・茂呂寛・川口玲・内山正子・新保明日香・三枝祐美・野田順子・鈴木啓記・柴田怜・張仁美・佐藤瑞穂・菊地利明(2021):医療従事者のHIV感染者受け入れへの不安 ─HIV出張研修アンケートからの検討─.日本エイズ学会誌23,113-121.
  • 中川雄真(2020):HIV感染例における睡眠障害:多角的視点からの検討.日本エイズ学会誌22,157-164.
  • 石田陽子・横幕能行・中川雄真・小松賢亮・渡邊愛祈・木村聡太・松岡亜由子・豊島崇徳・小島賢一(2019):HIV診療がカウンセラーのチーム医療への姿勢に与える影響の解析:2015・2016年度HIV医療体制班アンケート調査から.日本エイズ学会誌21,111-117.

(学会発表)
  • 石田陽子・高田知惠子・長浦由紀・中川雄真・三木浩司(2021):研究倫理問題の対応についての実践報告 ―多施設共同の心理臨床研究で生じた逸脱事例を通して―.第1回日本公認心理師学会学術集会.
  • 石田陽子・髙田知惠子・長浦由紀・中川雄真・三木浩司(2021):薬害HIV感染症患者へのインタビューから考える心理支援と課題(演題4)―カウンセリング体制から見る効果的心理支援プロセスと課題―.第35回日本エイズ学会学術集会総会.
  • 中川雄真・髙田知惠子・石田陽子・長浦由紀・三木浩司(2021):薬害HIV感染症患者へのインタビューから考える心理支援と課題(演題3)―試行カウンセリング前後のイメージ変化: 計量テキスト分析と心理検査による量的分析―.第35回日本エイズ学会学術集会総会.
  • 髙田知惠子・石田陽子・長浦由紀・中川雄真・三木浩司(2021):薬害HIV感染症患者へのインタビューから考える心理支援と課題(演題2)―研究協力動機と試行カウンセリング前後のカウンセリング・イメージ変化―.第35回日本エイズ学会学術集会総会.
  • 長浦由紀・髙田知惠子・石田陽子・中川雄真・三木浩司(2021):薬害HIV感染症患者へのインタビューから考える心理支援と課題(演題1)—研究協力動機とカウンセリング・イメージ—.第35回日本エイズ学会学術集会総会.
  • 中川雄真・川口玲・内山正子・井越由美枝・野田順子・三枝祐美・茂呂寛(2019):医療従事者のHIV感染者受け入れへの不安―HIV出張研修アンケートからの検討―.第33回日本エイズ学会学術集会総会.

ページの先頭へ戻る