グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



長屋 佐和子


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  心理教育学科 >  長屋 佐和子

氏名 長屋 佐和子( NAGAYA Sawako)
所属 常葉大学 教育学部 心理教育学科
職名 教授/学生支援センター長(全学)
学位 博士(心理学)
専門分野 臨床心理学
主な担当科目 発達検査法,心理的アセスメント,心理演習Ⅱ,心理実習,臨床・教育フィールドワークⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ,教養セミナー,人間力セミナー 他
researchmap https://researchmap.jp/read0165338(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

臨床心理学の中でも乳幼児期の親子関係を専門にしています。特に,母子関係で生じる心理的問題に関する研究と,それをもとにした心理療法の実践を行っています。主に福祉施設で,虐待・育児困難・DV・貧困などの家庭内で生じるさまざまな問題に取り組んでいます。
また最近では,心理士や保育士など,人とかかわる専門職の熟達過程についても研究を行っています。

主な研究業績および社会貢献活動など

(論文)
  • 近藤孝司・長屋佐和子 (2016) 関係性の観点からみた,心理臨床家の専門職アイデンティティの発達. 心理臨床学研究, 34(1), 51-62.
  • 長屋佐和子・小河妙子 (2016) 教育・保育実習経験による保育士養成課程学生の表情認知変化. 名古屋女子大学紀要, 62, 165-171.
  • 長屋佐和子・永田法子・深津千賀子・野副紫をん・立川知美 (2017) 臨床心理実践経験が模擬心理面接のセッション進行に及ぼす影響. 心理臨床学研究, 35(5), 514-525.
  • 長屋佐和子・小河妙子(2019)保育者養成課程学生の共感性・表情認知特性が保育者効力感に及ぼす影響―大学2年生と3年生の比較―.乳幼児医学・心理学研究,28(2),123-131.
  • 長屋佐和子・小河妙子・鑓水秀和(2020)保育者の絵本読み聞かせに関連する要因の抽出.常葉大学教育学部紀要,40(40),179-192.

ページの先頭へ戻る