グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



野末 みほ


氏名 野末 みほ( NOZUE Miho )
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康栄養学科
職名 准教授/副地域貢献センター長(浜松)
学位 博士(栄養学)
専門分野 栄養教育、国際栄養
主な担当科目 栄養教育論、栄養教育論実習、学校栄養指導論Ⅰ
researchmap https://researchmap.jp/mnz/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

現在興味を持っている分野は学校給食等を含めた学童期の栄養、食を大切にした食習慣に関する研究等です。私はこれまで、栄養士・管理栄養士として、施設、研究所、国際協力等、いくつかの職場を経験してきました。これらの分野で相談がある方は研究室を訪ねてください。

主な研究業績および社会貢献活動など

(研究業績)
  • Nozue M, et al.Fermented Soy Product Intake Is Inversely Associated with the Development of High Blood Pressure: The Japan Public Health Center–Based Prospective Study, J Nutr. , 147:1749-1756 (2017)
  • Fukuda Y, Ishikawa M, Yokoyama T, Hayashi T, Nakaya T, Takemi Y, Kusama K, Yoshiike N, Nozue M, et al. Physical and social determinants of dietary variety among older adults living alone in Japan. GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL 17(11) 2232 – 2238(2017)
  • Murayama N, Ishida H, Yamamoto T, Hazano S, Nakanishi A, Arai Y, Nozue M, et al. Household income is associated with food and nutrient intake in Japanese schoolchildren, especially on days without school lunch. Public Health Nutr 20(16) 531 – 536(2017)
  • Ishikawa M, Yokoyama T, Hayashi F,Takemi Y, Nakaya T, Fukuda Y, Kusama K, Nozue M, et al. Subjective well-being is associated with food behaviour and demographic factors in chronically ill older Japanese people living alone. J Nutr Health Aging 22(3) 341 – 353(2018)
  • Tsubota-Utsugi M, Yonekura Y, Tanno K, Nozue M, et al. Association between health risks and frailty in relation to the degree of housing damage among elderly survivors of the great East Japan earthquake. BMC Geriatrics 18(1) 133(2018)
  • Horikawa C, Murayama N, Ishida H, Yamamoto T, Hazano S, Nakanishi A, Arai Y, Nozue M, et al. Association between parents’ work hours and nutrient inadequacy in Japanese schoolchildren on weekdays and weekends Nutrition 70 10.1016/j.nut.2019.110598(2019)
  • Sekiyama M, Kawakami T, Nurdiani R, Roosita K, Rimbawan R, Murayama N, Ishida H, Nozue M. School Feeding Programs in Indonesia. 栄養学雑誌 76(Supplement) S86 - S97(2018)
  • 野末みほ. 学校給食とカルシウム . Clinical Calcium 28(4) 81 – 86(2018)
  • 平成28~31年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)「「食の豊かさ」が稲指標と評価尺度の開発 地域特性にあった子どもの健全育成のために」(研究代表者 野末みほ)(平成32年3月まで)
  • 平成28~31年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)「インドネシア国家給食プロジェクトの立案と評価」(研究代表者 関山牧子)(研究分担者 野末みほ)(平成32年3月まで)
  • 平成28~31年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)「高齢期の栄養素等摂取量の個人内・個人間変動は年齢によりどのようにかわるのか?」(研究代表者 石川みどり)(研究分担者 野末みほ)(平成32年3月まで)
  • 平成31~令和3年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 健やか次世代育成総合研究事業(指定型)「児童福祉施設における栄養管理のための研究」(研究代表者 村山伸子)(研究分担者 野末みほ)(令和4年3月まで)
  • 令和2~5年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)「日本在住タイ人の健康の文化変容と健康損失およびリスク要因に関する縦断研究」(研究代表者 小堀栄子)(研究分担者 野末みほ)(平成6年3月まで)


(社会貢献活動)
  • 2013年10月-2017年10月 日本栄養改善学会 栄養学雑誌編集委員会委員
  • 2014年5月-2017年7月 東京都栄養士会 監事
  • 2016年5月~現在に至る 独立行政法人国際協力機構よりアイ・シー・ネット株式会社への委託事業「グアテマラ国妊産婦と子どもの健康・栄養改善プロジェクト」(総括 菱田裕子)(栄養改善専門家 野末みほ)(令和2年7月まで)
  • 2018年4月~現在に至る 静岡県立浜松湖北高等学校 学校評議員

ページの先頭へ戻る