グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



山田 英徳


ホーム >  教員情報 >  保健医療学部 >  作業療法学科 >  山田 英徳

氏名 山田 英徳(YAMADA Hidenori)
所属 常葉大学 保健医療学部 作業療法学科
職名 教授・学科長
学位 修士(学術)
専門分野 作業療法の評価・治療(身体障害分野)、作業療法教育
主な担当科目 身体障害作業療法評価学、身体障害作業療法治療学、作業療法評価学演習
researchmap https://researchmap.jp/read0208208/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

私は、作業療法士になって33年が経ちましたが、30年前に比べるとリハビリテーションの領域も大きく変わりました。当時(30年前)は、治療・訓練の場が、病院主体でしたが、今では地域でも行っています。私は、急性期から慢性期まで携わった経験から、作業療法の検査測定技術や訓練技術を学生さんに「如何に伝えるか」をテーマとして研究を行っています。例えば、臨床実習に出る前に、どれくらい患者さんを検査測定できる能力を身につけたのかを評価しています。卒業して早く臨床現場で働けるような、そんな作業療法士の育成を心がけています。

主な研究業績および社会貢献活動など

著書
  • PT/OTリハ演習メソッド. 診断と治療社, 2016. (共著)

研究論文
  • 山田英徳: 本校における臨床見学実習に即した客観的臨床能力試験の開発. リハビリテーション教育研究20, 246-247, 2015.(短報)
  • 山田英徳:フィードバック演習の試み. リハビリテーション教育研究21, 226-227, 2016.(短報)
  • 山田英徳: 臨床評価技術実習に即した客観的臨床能力試験の開発. リハビリテーション教育研究22, 94-95, 2017.(短報)
  • 山田英徳: 臨床実習における学生の課題遂行状況、体調面、実習満足度の変化の可視化. リハビリテーション教育研究23, 94-95, 2018.(短報)

学会発表
  • 山田英徳:魂の輝きー意味ある作業から意味のある人生へー(学会長講演). 第29回静岡県作業療法学会(浜松市), 2015.5
  • 山田英徳:フィードバック演習の試み—検査測定結果の分析—. 第50回日本作業療法学会(札幌市), 2016.6
  • 山田英徳: 客観的臨床能力試験時の学生のストレスについて. 第16回東海北陸作業療法学会(石川県金沢市), 2016.11
  • 山田英徳:客観的臨床能力試験時のストレス分析—OSCE1の結果—. 第51回日本作業療法学会(東京), 2017.9
  • 山田英徳: 臨床評価実習に即した客観的臨床能力試験の検(身体障害分野). 第17回東海北陸作業療法学会(愛知県名古屋市), 2017.11

ページの先頭へ戻る