グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



防災・地域安全コース


ホーム >  社会環境学部 >  コース紹介 >  防災・地域安全コース

人の命と社会の安全を守る知識・技術
防災・減災などの、人の命と社会の安全に関する知識や技術を学びます。

ヒトの視点から持続可能な社会を実現する
地域に即したテーマで、ヒトの視点から持続可能な社会を実現するための社会の仕組みの構築について学びます。

カリキュラム(履修モデル例)

防災・地域安全コースカリキュラム(履修モデル例)のダウンロード

地理情報システム

卒業研究だけではなく実社会でも役立つ地理情報システムの基本操作を、実際の地域の課題(防災、環境問題、過疎化など)を示すデータ分析を通して学びます。

社会調査論

社会調査の目的や意義を踏まえたうえで、質問紙調査を中心に社会調査のプロセスや技術を理解し、実際の社会調査などで活用できるセンスと力を身につけます。

実践的取り組み

【社会災害研究センター】熊本地震の建物被害を判読

2016 年4月に起きた熊本地震について、被災当日とその翌日に撮影された航空写真を基に、建物被害を明らかにする研究を行っています。応急危険度判定を用いて写真に写っている住宅の被害判読を行いました。

ページの先頭へ戻る