グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



環境・自然再生コース


ホーム >  社会環境学部 >  コース紹介 >  環境・自然再生コース

環境を守り再生する技術を知る
自然を再生する環境再生学、大地・大気・水などの特性を学ぶ地球環境学、環境汚染を把握する環境測定など理学・工学の視点から環境保護・再生を考えます。

豊富な実習・実験を通して実践的に学ぶ

青木ヶ原樹海での植物調査や富士山の地質調査、湧水の水質調査など、自然環境と研究設備を使用した経験によって実社会で役立つスキルを形成します。


カリキュラム(履修モデル例)

環境・自然再生コースカリキュラム(履修モデル例)のダウンロード

富士山巡検

富士山周辺にどのような自然が広がっているのかを概観するため、この地域の観察を行います。自然環境(地形・地質、生態系)の観察を通じて、自然環境に関する基礎的な知識の整理方法( 野帳の取り方、写真の取り方など)やフィールドワークにおける事物の観察・記載方法の基礎を修得することを目的としています。

環境化学実験

環境汚染の評価や把握には、化学分析によって得られる測定データが欠かせません。この実習では河川水や工場排水のCODやBOD、T-N、T-Pの測定、機器分析法などを体験して、測定原理やデータの扱い方を理解することを目的としています。


生物と環境の調査

植物・植生、陸上昆虫類、水生生物の種類や生態的特性に関する基本的な知識と調査手法の習得を目的とした授業です。野外で調査を体験し、調査結果の読み取り方や整理方法に関する解説をします。



教員採用試験対策講座

教職課程を履修している3年生を対象に、教員採用試験対策講座(自主ゼミ)を開講しています。教員採用試験の過去問の演習を主に行い、教育実習の手続きや受験勉強の進捗状況の確認も行います。

実践的取り組み

後継者がいなくなった田んぼの活用に取り組む

環境保全を目的に、学生が有機稲作に挑戦しています。富士宮市の休耕田を活用し、地域の方たちと種まきから田植え、除草、稲刈りまでを行います。収穫後は自分たちで作ったお米を実際に食べて、有機米のおいしさを実感し、環境への理解を深めています。種まきから食べるところまで、一年を通しての体験実習です。

ページの先頭へ戻る