グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科の特長


ホーム >  外国語学部 >  英米語学科 >  学科の特長


学科のポイント

国際理解や実務能力の
習得をめざすカリキュラム
語学力の習得だけでなく、実務能力を身につけることを狙いに、経営、情報分野も含めた多彩な科目群も設定。さらに、将来の目的にあわせて学べるように、4つのコースを用意しています。
中学校・高校の
英語教員を養成
「教育の常葉」の伝統と実績をバックボーンとしながら、豊かな国際感覚と英語力、異文化コミュニケーション力、幅広い教養、そしてなにより優れた教育力を併せもった、中学校・高等学校の英語教員を養成します(選抜制)。
授業も日常も英米スタイル
英語のネイティブスピーカー教員による少人数教育を実施しています。授業はすべて英語で進められ、人前で自分の意見をはっきり述べる習慣を身につけることを目指します。

学びのステップ

一人ひとりのレベルにあわせて語学力をステップアップ!

基礎的なコミュニケーション力から異文化対話力へのステップアップ

1・2年次に「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能を中心にした基礎的な英語コミュニケーション能力を養い、
3・4年次で英語の文化的な背景や社会言語学的な知識を学び、アカデミックで専門的な英語力(ESP)を身につけます。
さらに、留学などのさまざまな異文化体験を積み重ねて、異なる価値観を持つ人々と交渉ができる異文化対話力の修得を目指します。

基礎的なコミュニケーション力から異文化対話力へのステップアップ

履修モデル

英語のスペシャリストを育成するカリキュラム(以下の「履修モデル」に基づく学修)

個々の学生に合わせ、習熟度別クラスを編成し授業を行います。また、英語多読やTOEIC対策、ネイティブスピーカー教員による少人数クラスなどで、段階的に力を伸ばすカリキュラムを組んでいます。多様な留学制度もあり、実践的な英語力養成にも対応します。常葉の4年間で飛躍的に英語力を伸ばすことが可能です。
コース 履修を奨めたい科目
自在な英語力と国際感覚を身につけたい人は
国際教養モデル
  • 国際関係論
  • 航空ビジネス
  • 異文化コミュニケーション
  • アメリカ基礎知識 など
英語圏の言語文化のエキスパートを目指す人は
英米言語文化モデル
  • American Culture & Society in English
  • イギリス史
  • アメリカ文化論
  • 英語音声学 など
中学校・高等学校の教員免許状(英語)の取得を目指す人は
英語教育モデル
  • 英語音声学
  • 英語学概論
  • 言語習得論
  • 英語科教育 など
児童英語教育の指導者を目指す人は
児童英語教育モデル
  • 児童英語教育
  • 比較児童文化研究
  • キッズ・コミュニケーション
  • 児童文学概論 など

Pick up

インターネットで、海外留学をライブ体験

インターネットで、海外留学をライブ体験

アメリカやオーストラリアの大学と本学をインターネットで結ぶ、「eラーニング」システムを導入しています。海外で行われている授業を本学の学生が「リアルタイム」かつ「双方向」で受講することができ、日本にいながら海外の授業をライブ感たっぷりに体験できます。

1年海外留学しても、4年で卒業できる

1年海外留学しても、4年で卒業できる

アメリカ・カナダ・イギリス・スペインなどの16大学と交流提携を締結。多くの学生が留学や語学研修に出かけています。奨学金や単位認定制度などのサポートも充実しており、留学先で単位をとることで、休学せずに留学することが可能です。また、実際に「仕事で英語が使える」能力を身につけるプログラムとして、海外インターンシップ(職場体験)の機会を提供しています。ホテルなどで行う本格的なプログラムのほか、語学習得に加えて週に1日程度職場体験を行うコースも用意しています。

県内外に、数多くの英語教員を輩出

県内外に、数多くの英語教員を輩出

外国語学部は、1983年の開設以来、数多くの中学校・高等学校の英語教員を輩出してきました。徹底した語学教育による「実践的なコミュニケーション力」と「教育の常葉」の伝統を背景とした「確かな教育力」は高い評価を受けています。

また近年は、小学校で「外国語活動」が導入され、初等教育の分野でも英語力のある教員の養成が期待されています。

ページの先頭へ戻る