グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康科学部 >  静岡理学療法学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

中原 凌我さん(静岡県立藤枝西高等学校出身)

患者さんを勇気づけられる存在になりたい

高校生の頃、疲労骨折で約2カ月間歩けなかったことがありました。体力的にはもちろん、精神的にも落ち込んだ自分を支えてくれたのが理学療法士の方でした。自分もその人のような理学療法士になりたいと思うようになり、実家から通える常葉への進学を決めました。
静岡マラソンでのボランティア活動では、チームワークの大切さを感じました。また、実習では高齢の患者さんを受け持たせていただくことも多く、コミュニケーションの取り方の難しさや伝え方の大切さを知りました。悩んだときは、初心にかえって目標とする人の姿を思い出したりして自らを鼓舞。同じ目標をもつ仲間とは、普段から意見交換やアドバイスをし合うなど、お互いを高め合える良い関係を築くことができ、毎日がとても充実しています。

卒業生からのメッセージ

細川 千沙希さん(静岡県立清水南高等学校出身)

勤務先:JA静岡厚生連 静岡厚生病院

もっと経験と知識を!すべては患者さんのため

治療プログラムは在宅復帰後の生活環境や疾患の特性、性格などを加味したうえで作成します。回復期のリハビリでは、身体機能を回復させるだけではなく、患者さんが抱える不安やストレスのケアも必要だからです。そのため、患者さんとのコミュニケーションはもちろん、医師や看護師といった多職種との関わりもとても重要になります。大学では、ゼミや他学科の学生と関わりながら自分にはなかった考え方にふれ、幅広い知識を修得することができました。また、その中で自分の意見を発信していくことの大切さを学んだことが、とても活かされていると感じます。

黒田 康平さん(静岡県立掛川西高等学校出身)

勤務先:静岡済生会総合病院

学ぶ姿勢を大切に、人の心に寄り添う理学療法士に


高校時代に硬式テニス部で怪我をしてしまったことがきっかけで、はじめて理学療法士という職業を知り、元々医療の分野に関心があったこともあり、静岡理学療法学科に入学しました。授業で行ったグループでの実習では、対話することで自分の知らなかった知識や考えられなかった可能性を発見し、問題解決の可能性が広がることを実感しました。
今私が意識していることは、患者様の退院後の生活を第一に考え、リハビリテーションの中で動作指導や生活指導を実施していくことです。少しでも生活リスクを減らし、自立して日常生活が、行えるような指導を心掛けています。また、患者様の中には発症のショックなどによって治療に対する意欲が低下してしまう方もいらっしゃいます。そういった患者様の気持ちに寄り添い、どのように介入したら良いか、治療を進めたら良いかも意識し、リハビリを行っています。

ページの先頭へ戻る