グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  健康鍼灸学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

野原 万緒さん(静岡雙葉高等学校[静岡県]出身)

鍼灸師の資格を取得して、活躍の幅を広げたい

はり師ときゅう師の国家資格取得を目指し、その他にもいろいろな治療方法を学びたいと考えています。東洋医学の魅力は、薬に頼らず症状が改善できること。患者さんやその家族が望む治療や対応ができる人になりたいです。

栗田 照子さん(常葉学園菊川高等学校/現 常葉大学附属菊川高等学校[静岡県]出身)

学びを深めるにつれ、東洋医学は奥が深いと感じます。ツボ刺激で痛みや冷えが改善される現場を見るのは感動的です。
鍼灸の国家資格を取得し、卒業後は美容鍼灸の仕事への道を進もうと思います。体の内側から美しくすることができる美容鍼灸師になりたいです。

田原 伊織さん(静岡県立浜松工業高等学校出身)

将来を考え、いま足りないものを積極的に取り入れる

高校生の時に頭痛に悩まされていましたが、鍼治療で痛みが緩和したところから鍼灸に興味をもち、この道を選びました。大学に入った頃は、自分の意思をあまり伝えず周りに合わせてばかりでしたが、自ら考え行動していくことが将来につながると気づいてから大きく変わりました。先生方に積極的に質問をして学びを深め、先生の紹介でボランティア活動にも参加。実際に臨床現場を見て、一番大事なのはコミュニケーションだと感じました。話し方や聞き方で患者さんの満足度が大きく違うことがわかり、それを意識しながら患者さんと接するようにしました。将来はあらゆる要望に応え、患者さんの悩みを解決できる治療家になりたいと思っています。そしてゆくゆくは治療院を開業したいと思います。

大場 美穂さん(愛知県立蒲郡東高等学校出身)

努力している人を鍼灸で手助けしたい

地元の鍼灸接骨院で、スポーツをしている人のこころと身体のケアを担いたいと考えています。1年次に、学内の治療院の見学をしたことで、自分が目指す道が明確になりました。外部の講師による特別講義もやる気を刺激してくれます。

卒業生からのメッセージ

森下 拓哉さん(常葉学園橘高等学校(現:常葉大学附属橘高等学校)[静岡県]出身)

勤務先:フジ虎ノ門整形外科病院 東洋医学室

今も活かされているゼミ活動で培った学び

患者さんの年齢は幅広く性格もさまざま。どう接するのがベストなのかいつも考えています。大学でのゼミ活動の際、恥ずかしさから第一声が出せず苦労しましたが、「やらなくちゃ」と割り切って自分から声をかけるようにしてから克服できた気がします。これからもよりよい接し方ができるよう、学んでいきたいと思っています。今は、アスリートのサポートや独立開業など将来に向けての興味は尽きません。まずは未来につながるよう、多くの経験を積むべく努力していきます。

増田 沙耶さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

勤務先:まぶち鍼灸接骨院

治療の引き出しを多く持つこと

在学中にお世話になった先生のところで、小児疾患を対象とした小児鍼や美容を目的とした美容鍼を任されています。治療をすることで症状が減り患者さまに喜んでいただいた時、鍼灸師になってよかったと感じます。また、鍼灸師としてその方の人生に関わることができる喜びを日々実感しています。自分の知識や技術が上がれば、さらに難しい課題にぶつかりますが、それを乗り越え成長していきたいです。

小田 晃平さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

勤務先:スズヤ鍼灸治療院株式会社

けがに苦しむアスリートを鍼灸でサポート

鍼灸師として治療院で痛みの緩和や回復の促進をサポートするほか、高校の部活や実業団に出張したり、大会や合宿に帯同してアスリートを支えています。大学内に併設された鍼灸院でさまざまな患者さんに接し臨床の経験を積めたことが、今、役に立っています。故障したアスリートが練習に復帰できたときなどに大きなやりがいを感じています。

鈴木 萌子さん(藤枝順心高等学校[静岡県]出身)

勤務先:ネイルクリエイティブTFFA&TFFA HOMME 勤務

大学時代の重点的な実技指導が私の自信

美容鍼を専門とした鍼灸施術を担当しています。大学で勉強する中で美容鍼灸を知り、この分野を目指しました。現在自信を持って施術できるのも、大学時代、先生方に重点的に実技指導をしていただいたおかげです。この指導によって、就職してすぐにお客様を担当することができました。多くの方に喜んでいただくために、さらに技術を磨いていきます。


ページの先頭へ戻る