グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康プロデュース学部 >  健康鍼灸学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

松井 健さん(静岡県立袋井高等学校出身)

試して確かめる重要性を学び、行動が積極的に

鍼灸師に興味をもったのは、高校生のときに部活でけがをして鍼灸治療を受けてから。それまで勉強が苦手でしたが、大学の授業は学ぶことが楽しく、能動的に学ぶようになりました。先生から教えていただいたのは「試して確かめる」ことの重要性。どの場所に鍼を打って灸をすると、どのような身体の変化が起こるのか。自分で仮説を立てながら実際に試して確かめることを意識しています。そこから興味がどんどん広がっていき、他学部の人とも交流するようになりました。バスケサークルを作ったり、健康栄養学科のサークルに参加したり、保健医療学部の友人から話を聞いたりする中で、最終的には全学部の人と交流したいと思っています。大学で得た経験や知識を活かして、多くの人の身体の悩みを解消する手助けをしていきたいです。

栗田 京香さん(静岡県立清水西高等学校出身)

授業での学びが実生活で活きていくのが嬉しい

けがをした友だちのケアでマッサージやツボ押しをしていたのがきっかけで鍼灸に興味をもちました。オープンキャンパスに行ったときに、先生に1対1で優しく親身になって話を聞いていただき、その先生の下で学びたいと思い常葉を選択。東洋医学や鍼灸、解剖学など座学から実技まで幅広く学んでいます。授業で学んだツボ押しをさっそく家族に試すと「体があたたかくなった」と言ってもらえ、学びが身についていることを実感できることがとても嬉しいです。また、ボランティアスタッフとして参加したマラソン大会では、先輩方との交流を通じて知識が増え、より向上心が高まりました。最近では美容分野での鍼灸にも興味がわいてきています。大学生活の中でさまざまな経験をすることで、やりたいことがどんどん増え、毎日が充実しています。

卒業生からのメッセージ

河合 美佐さん(磐田東高等学校[静岡県]出身)

勤務先:さつき鍼灸整骨院(鍼灸師)

元気になった患者さんの笑顔にパワーをもらって自分もまた元気になれる

大学生活で得た仲間とコミュニケーションスキルは宝
同期の仲間はとても仲が良く、一緒に実技の練習をしたり勉強を教え合ったりしていました。卒業してもう4 年が経ちますが、
今でも同じ鍼灸師として情報交換をしています。先生方にお会いした際にもアドバイスをいただくこともあります。それぞれに専門分野があるので心強く思います。大学ではなく専門学校で学ぶことも考えましたが、他学部他学科との交流や研究がもてるのは大学ならでは。自分の視野を広げる良い機会となり、大学を選んでよかったと思っています。

実践力として役に立っている充実の臨床実習
社会人となった今、4 年次に行われた臨床実習での経験がいかに大切だったかをあらためて実感しています。今は、鍼灸治療の中でも女性疾患の分野に興味があり勉強中。自分が女性であることを強みに、女性のさまざまな悩みに寄り添った治療を提供したいと思っています。仕事で心がけているのは、常に笑顔でいることと、患者さんの悩みに共感すること、そして小さな変化にも気づいてあげられる敏感さをもつこと。これからも初心を忘れず日々学び続けます。

森下 拓哉さん(常葉学園橘高等学校(現:常葉大学附属橘高等学校)[静岡県]出身)

勤務先:フジ虎ノ門整形外科病院 東洋医学室

今も活かされているゼミ活動で培った学び

患者さんの年齢は幅広く性格もさまざま。どう接するのがベストなのかいつも考えています。大学でのゼミ活動の際、恥ずかしさから第一声が出せず苦労しましたが、「やらなくちゃ」と割り切って自分から声をかけるようにしてから克服できた気がします。これからもよりよい接し方ができるよう、学んでいきたいと思っています。今は、アスリートのサポートや独立開業など将来に向けての興味は尽きません。まずは未来につながるよう、多くの経験を積むべく努力していきます。

増田 沙耶さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

勤務先:まぶち鍼灸接骨院

治療の引き出しを多く持つこと


在学中にお世話になった先生のところで、小児疾患を対象とした小児鍼や美容を目的とした美容鍼を任されています。治療をすることで症状が減り患者さまに喜んでいただいた時、鍼灸師になってよかったと感じます。また、鍼灸師としてその方の人生に関わることができる喜びを日々実感しています。自分の知識や技術が上がれば、さらに難しい課題にぶつかりますが、それを乗り越え成長していきたいです。

小田 晃平さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

勤務先:スズヤ鍼灸治療院株式会社

けがに苦しむアスリートを鍼灸でサポート


鍼灸師として治療院で痛みの緩和や回復の促進をサポートするほか、高校の部活や実業団に出張したり、大会や合宿に帯同してアスリートを支えています。大学内に併設された鍼灸院でさまざまな患者さんに接し臨床の経験を積めたことが、今、役に立っています。故障したアスリートが練習に復帰できたときなどに大きなやりがいを感じています。

鈴木 萌子さん(藤枝順心高等学校[静岡県]出身)

勤務先:ネイルクリエイティブTFFA&TFFA HOMME 勤務

大学時代の重点的な実技指導が私の自信

美容鍼を専門とした鍼灸施術を担当しています。大学で勉強する中で美容鍼灸を知り、この分野を目指しました。現在自信を持って施術できるのも、大学時代、先生方に重点的に実技指導をしていただいたおかげです。この指導によって、就職してすぐにお客様を担当することができました。多くの方に喜んでいただくために、さらに技術を磨いていきます。

ページの先頭へ戻る