グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科の特長


ホーム >  保健医療学部 >  理学療法学科 >  学科の特長


学科のポイント

幅広い知識を身につけた
理学療法士を育成
「理学療法士」の資格に欠かせない「運動療法」「物理療法」「日常生活活動」などについての知識を学び、現場に即した応用力と実践力を身につけていきます。
充実した設備と
経験豊富な教授陣
教授陣は、整形・病理学の医師をはじめ、豊富な臨床経験と研究実績をもつ専門家ばかり。その指導のもと、充実した実習設備を活用して、基礎分野から専門分野までを学びます。
質の高い医療職を育てる
カリキュラム
資格取得だけにとどまらず、これからの医療現場のニーズも見据えたカリキュラムを用意しています。卒業後も理学療法の第一線で活躍できる、質の高い医療職を育成します。

学びの特色

「スポーツ障害」への予防と治療について学ぶ

スポーツの多様化やスポーツ人口の増加により、スポーツ障害も増加しており、この分野における理学療法士の役割も大きくなっています。本学科では、運動障害理学療法学など、多様化・複雑化するスポーツ障害について学んでいきます。

メタボリック症候群など
「新しい疾患」にも対応

メタボリック症候群など、増加する新しい疾患への対応も理学療法士には求められています。本学科では、これらの疾患のメカニズムを理解するとともに、理学療法の視点から、疾患予防や健康増進につなげていく方法を学びます。

先端分野の
「研究」に取り組む

なぜ痛みが起こるのか。どうすれば痛みがなくなるのか。そのメカニズムについてはまだ十分に解明されていません。本学科では、そんな「痛みについての研究」をはじめ、「無重力での運動療法の研究」など、先端的なテーマの研究も行っています。

理学療法士への夢をかなえる6つの特長

教育面での特長
❶作業療法学科との連携
理学療法士と作業療法士のそれぞれの役割や連携を学び、リハビリテーション医療全体の理解を深めます。

❷少人数制教育
1人の教員が1学年4~5人の学生を担当し、学習指導や大学生活のアドバイスを行っています。

❸卒業後のサポートも可能
臨床経験の豊富な教員が多いため、卒業生と教員の勉強会も実施されています。現場でも先輩から学べます。

❹実践力を磨く多彩な実習
常葉大学リハビリテーション病院で、早い時期から実践的な臨床実習を行い、臨床能力を高めています。
研究面での特長
❺医師免許をもつ教員が在籍
専任教員の中には、医師が在籍しており、リハビリテーションの基礎となる医学的研究が行われています。

❻高度で幅広い研究が可能
体表解剖学、痛みの理学療法学、スポーツ医学、介護、生活環境支援など、幅広い分野から専門領域を選択できます。

学びの分野

理学療法学科における3つの領域

運動器系障害

運動器系障害
事故やスポーツに伴う障がいからの回復、復帰
事故やスポーツに伴う障がい、加齢による関節の障がいなどに対し、身体の動きや状態を正確に把握することで身体機能の維持・向上を図ります。
骨折
変形性関節症
スポーツ外傷 など

神経系障害

神経系障害
神経難病による手足のまひなどからの社会復帰をサポート
脳卒中などの疾患をはじめ、神経難病により手足のまひなどが生じた方々に対して、機能回復を図るとともに、回復だけにとどまらず生活のサポートも見据えて対応します。

脳卒中
パーキンソン病
神経難病 など

内部障害

内部障害
生活習慣病の改善までのサポート
生活習慣病やメタボリックシンドロームのように、加齢に伴う健康障害が増えつつあります。その障がい の予防をはじめとして、健康を維持し加齢に伴う障がいや介護状態を軽減できるようサポートをします。

心不全
糖尿病
生活習慣病 など


少人数のチームで切磋琢磨→国家試験対策

本学科の特長は、少人数のチームをつくり互いに切磋琢磨しながら国家試験対策をしているところにあります。10年分の過去問題を完全に把握することを目標に、グループ内で役割を決め、ディスカッションをしながら対策方法を検討していきます。そして、チーム全体で合格を目指します。


ページの先頭へ戻る