グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  保健医療学部 >  作業療法学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

澤西 誠音さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

覚えたことが他の分野につながっていくのが楽しい

作業療法士になるためには知識を身につけることはもちろん、実技も必要になってきます。実習で実際の現場を見ることができる学科の学びはとても良い経験になっています。特に先生方の作業の解釈、患者さんとの接し方が非常に勉強になり、作業療法士という仕事のイメージが具体的になりました。授業では人体の構造や病気、リハビリにどんな動作が最適なのかなど、基礎から応用まで幅広く覚えなければなりません。しかし、一つ理解したことが違う分野にも広がり、どんどん知識がつながっていくのがわかると、勉強するのが楽しくなりました。その結果が成績にも反映され、2年前期には学長奨励賞をいただけたのは嬉しかったです。患者さんやそのご家族に感謝してもらえるような作業療法士になれるよう残りの学生生活も邁進していきます。

卒業生からのメッセージ

廣野 新さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

勤務先:農協共済中伊豆リハビリテーションセンターデイサービス伊東の丘

自信と笑顔を取り戻すプロセスの一番近くに


「もう自分は何もできない」と涙していた利用者様がいました。以前はとても活動的な方だったと知り、院内の娯楽クラブの会長を委託。元気になる様子を目の当たりにし、役割の大切さを知りました。作業療法士は、患者さんの大切な役割を見出し、その方が自分の人生の主人公として再び歩くためのお手伝いをする、本当に素晴らしい仕事です。大学での4年間はそれに気づかせてくれたスタートであり、自分の生き方への迷いを払拭してくれた大切な時期でした。今後は大学院へ進学し、さらに成長して地域のみなさんの支えになりたいと考えています。

坂中 里歌さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

勤務先:聖稜リハビリテーション病院

患者さんと一緒に考えサポートすることがやりがいです

住み慣れた家で暮らしたいと望む患者さんをサポートするために、在学中に福祉住環境コーディネーターの資格を取得しました。現在は、作業療法の中に福祉住環境の知識を取り入れ、患者さんが「自分でできること」を増やせるよう取り組んでいます。効果的な方法について患者さんと一緒に考えることがやりがいとなっています。今後も理想の作業療法士を目指して頑張ります。

馬場 博規さん(静岡県立浜松南高等学校出身)

勤務先:磐田市立総合病院

発症直後や術後翌日からの「超急性期のリハビリテーション」を担当しています。総合病院のため、脳血管障害はもちろん、骨折・脊髄損傷・内部障害・呼吸器・小児・癌リハまで幅広い分野にわたるのが特長です。一番の喜びは、日常生活動作などの訓練を通じて「できること」が広がった時の患者さんの笑顔。それが、作業療法士のやりがいにつながっています。

鈴木 いくみさん(浜松学芸高等学校[静岡県]出身)

勤務先:中東遠総合医療センター

地域医療の立場から患者さまの生活支援を考える


さまざまな病気を持つ患者さまが入院する総合病院で、発症直後の骨折などの整形疾患、脳梗塞などの脳血管疾患や、寝たきりになって筋力が低下した患者さまが、少しでも望んでいる生活に近づけるように支援を行っています。できるようになったことを喜んでくださり、「おかげでできたよ。ありがとう」。そんな言葉に私も励まされ、日々頑張っています。

鈴木 桂太さん(静岡県立藤枝東高等学校出身)

勤務先:独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

急性期医療におけるチーム医療の一員として


急性期医療を担う拠点病院の脳外科病棟に所属し、医師の指示のもと、入院直後から離床や関節可動域訓練、日常生活の活動訓練・高次脳機能訓練などを行っています。また、日本DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーとしても活動しています。チーム医療が実践できる環境下で、回復される患者さまをそばで診ていける喜びを感じながら、作業療法士として、急性期に何ができるかという課題についても検討しています。今後も社会人・医療人としての立場を考え、責任を果たしていきたいと考えています。

杉山 千香子さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

勤務先:浜松市リハビリテーション病院

その人に合ったリハビリを心がけています

入院当初、生活動作が低下して介護を必要としていた方が、日頃の関わりを通じ、徐々に生活動作ができるようになってきたとき、作業療法士としての喜びを感じます。当院では、患者さんの在宅復帰を目指したリハビリテーションを他職種との連携の中で展開しています。現場では理学療法士との連携も多く、在学中に理学療法学科の学生とともに学び、交流したことが互いの専門性の理解に役立っています。一人でも多くの方が、安全な在宅生活に戻れるよう、退院後の生活を常に見据えた作業療法を提供していきたいです。


ページの先頭へ戻る