グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  保育学部 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

越智 文音さん(常葉学園高等学校(現:常葉大学附属常葉高等学校)[静岡県]出身)

大学でのさまざまな活動が自信へとつながる

幼少の頃に通っていた保育園の園長先生が大好きで、仕事で忙しくしていた両親も「お世話になった」と感謝しきり。私も園長先生のような保育士になりたいと思うようになりました。常葉は就職率も高く、また地元で活躍している先輩が多いと知り、入学を決めました。
入学前は人前に立つと頭の中が真っ白になってしまうほどのあがり症でしたが、実習やゼミでの活動を通じてずいぶんと克服できました。なかでも、大学祭で保育学部が取り組む、地域の子どもたちと楽しく遊びながら交流することを目的とした「わんぱくランド」では副わんぱく長に就任。貴重な体験ができ自信につながりました。これからは、自分に関わるすべての人たちに感謝しながら、素直さと初心を忘れず誠実に向き合っていける人でありたいです。

卒業生からのメッセージ

榛葉 めぐみさん(静岡県立沼津西高等学校出身)

勤務先:沼津市立北部保育所

子どもたちが大人になっても、忘れられない保育士になりたい


子どもが大好きだったこと、そして、保育や教育関係の仕事に興味があったこと、この2つが保育士を目指した理由です。免許が取得できる「常葉」に進学を決め入学してからは、私を育ててくれた大好きな地元の沼津市で、保育士として頑張りたいと目標を立てました。就職試験に合格し、夢の仕事に就くことができた喜びは今も忘れません。現在4歳児クラスの担当として園児や保護者をサポートする業務に携わっています。保育園という社会を初めて知る子どもたちの不安を受け止め関わりを深める中で、子どもたちの心の奥深くに、私という保育士の存在がいつまでも残るといいなと思っています。

山本 恵さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

勤務先:静岡市立用宗こども園

子どもと同じ目線でさまざまなことに挑戦していきたい


保育の道に進みたいと思い始めたのは中学生のころ。常葉大学では、4年間で保育について深く学べ、障がい児教育を深く勉強したいと思い、進学を希望しました。ゼミの仲間と目標に向かってがんばった時間は今でも忘れません。また、いろいろな園を見学し講演を聞いた経験は、保育室の環境を整えたり保育の仕方を見直したりする時に、とても役立っています。

鈴木 真菜さん(静岡県立島田高等学校出身)

勤務先:藤枝市立岡部あさひな保育園(保育士)

子どもの成長とともに、自身の成長も実感できる

赴任した初年度の担当が0,1 才児クラスでした。在学中も関わることが少なかった年齢なので、子どもの成長を促す関わり方、遊び方が難しく苦労しました。そんなときに役に立ったのは、大学での実習やゼミ活動での実践です。今では私のことを「先生」と言って慕ってくれる子どもたちに毎日元気をもらい、癒やされています。

神谷 咲希さん(静岡学園高等学校[静岡県]出身)

勤務先:認定こども園 清水白百合幼稚園(保育教諭)

子どもにとっての喜びや幸せを一緒に感じる仕事


ゼミのテーマは「子どもの遊ぶ環境研究」。現場で働く今、それが活きていると実感します。子どもの反応は正直でダイレクト。一生懸命考えて用意したもので楽しそうに遊んでくれている時はとても嬉しいです。これからも初心を忘れずに、子どもの可能性をたくさん引き出し、子どもの幸せを一番に考えた保育を目指していきます。

ページの先頭へ戻る