グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  保育学部 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

吉元 沙織さん(静岡県立吉原高等学校出身)

自分に足りないものを吸収できた実習体験

保育学部では、段階を踏んだ充実した実習プログラムがあります。1年次から体験実習、2年次から保育所実習、3・4年次には幼稚園、保育所、児童福祉施設など、さまざまな子育ての場を体験し、自分に足りないものを吸収できた実習体験となりました。

横内 果歩さん(星陵高等学校[静岡県]出身)

活動を通して、仲間の大切さを学び、成長を実感

大学では同じ目標をもったたくさんの仲間と、お互い刺激しあって成長することができます。3年次に必修で行うミュージカルは、台本や歌、演出などすべて自分たちで考えて演目を作っていきます。個々の意見を一つにして完成させていく中で、信頼関係が生まれ、団結して作り上げることができました。
ゼミでは先生が一人ひとりに的確なアドバイスをくださいます。静岡県の保育士確保政策の調査では、仲間と協力して進められていることに、自分の成長を感じました。すべての経験を将来、保育の現場で活かすことができるよう、今後も積極的に取り組んでいきたいと思います。

平岩 真弥さん(星陵高等学校[静岡県]出身)

子どもたちに信頼してもらえる保育者になるために

ゼミナールの活動で県外の保育園へ見学に行ったことで、理想とする先生のイメージが固まってきました。子どもたち一人ひとりとしっかり向き合い、信頼してもらえる保育者を目指して、現在はさまざまな保育観を勉強しています。

卒業生からのメッセージ

榛葉 めぐみさん(静岡県立沼津西高等学校出身)

勤務先:沼津市立北部保育所

子どもたちが大人になっても、
忘れられない保育士になりたい


子どもが大好きだったこと、そして、保育や教育関係の仕事に興味があったこと、この2つが保育士を目指した理由です。免許が取得できる「常葉」に進学を決め入学してからは、私を育ててくれた大好きな地元の沼津市で、保育士として頑張りたいと目標を立てました。就職試験に合格し、夢の仕事に就くことができた喜びは今も忘れません。現在4歳児クラスの担当として園児や保護者をサポートする業務に携わっています。保育園という社会を初めて知る子どもたちの不安を受け止め関わりを深める中で、子どもたちの心の奥深くに、私という保育士の存在がいつまでも残るといいなと思っています。

玉井 美里さん(静岡県立富士宮西高等学校出身)

勤務先:認定こども園 富士ふたば幼稚園

大学時代の友人は今も昔も私の心の支えです

4年間という日々は、この仕事がいかに責任あるものなのか、また奥深いものなのかについて気づかせてくれました。今でも学生時代に教わった現場でのエピソードを思い出しながら対応することも多々あります。幼稚園教諭は、子どもの成長を間近で見られる素晴らしい仕事。毎日のようにやりがいを感じながら過ごしています。

山本 恵さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

勤務先:静岡市立用宗こども園

子どもと同じ目線でさまざまなことに挑戦していきたい

保育の道に進みたいと思い始めたのは中学生のころ。常葉大学では、4年間で保育について深く学べ、障がい児教育を深く勉強したいと思い、進学を希望しました。ゼミの仲間と目標に向かってがんばった時間は今でも忘れません。また、いろいろな園を見学し講演を聞いた経験は、保育室の環境を整えたり保育の仕方を見直したりする時に、とても役立っています。

ページの先頭へ戻る