グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 社会環境学部  > コース紹介  > 環境・自然再生コース

環境・自然再生コース


環境を守り再生する技術を知る
自然を再生する環境再生学、大地・大気・水などの特性を学ぶ地球環境学、環境汚染を把握する環境測定など理学・工学の視点から環境保護・再生を考えます。

豊富な実習・実験を通して実践的に学ぶ
青木ヶ原樹海での植物調査や富士山の地質調査、湧水の水質調査など、自然環境と研究設備を使用した経験によって実社会で役立つスキルを形成します。


主なカリキュラム

ビオトープⅠ・Ⅱ
必要な環境が整っていなければ生物は存在できないことを理解し、身近な環境を見直し、多様な生物で構成される生態系を再生する理念と技術を学びます。

環境の化学
環境汚染の現状把握のために必要な環境測定の目的を理解し、各種汚染指標の意義や環境修復のための基本的考え方を学びます。環境を化学という学問の立場から捉えていきます。

実践的取組み

後継者がいなくなった田んぼの活用に取り組む
環境保全を目的に、学生が有機稲作に挑戦しています。種まきから田植え、除草、稲刈りまでを行い、収穫後は自分たちでつくったお米を実際に食べて、有機米のおいしさを実感し、環境への理解を深めています。