グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院


学科の特長

学科のポイント

幅広い知識を身につけた
理学療法士を育成
「理学療法士」の資格に欠かせない「運動療法」「物理療法」「日常生活活動」などについての知識を学び、現場に即した応用力と実践力を身につけていきます。
充実した設備と
経験豊富な教授陣
教授陣は、整形・病理学の医師をはじめ、豊富な臨床経験と研究実績をもつ専門家ばかり。その指導のもと、充実した実習設備を活用して、基礎分野から専門分野までを学びます。
質の高い医療職を育てる
カリキュラム
資格取得だけにとどまらず、これからの医療現場のニーズも見据えたカリキュラムを用意しています。卒業後も理学療法の第一線で活躍できる、質の高い医療職を育成します。

学びの特色

「スポーツ障害」への予防と治療について学ぶ

スポーツの多様化やスポーツ人口の増加により、スポーツ障害も増加しており、この分野における理学療法士の役割も大きくなっています。本学科では、運動障害理学療法学など、多様化・複雑化するスポーツ障害について学んでいきます。

メタボリック症候群など、「新しい疾患」にも対応

メタボリック症候群など、増加する新しい疾患への対応も理学療法士には求められています。本学科では、これらの疾患のメカニズムを理解するとともに、理学療法の視点から、疾患予防や健康増進につなげていく方法を学びます。

先端分野の「研究」に取り組む

なぜ痛みが起こるのか。どうすれば痛みがなくなるのか。そのメカニズムについてはまだ十分に解明されていません。本学科では、そんな「痛みについての研究」をはじめ、「無重力での運動療法の研究」など、先端的なテーマの研究も行っています。

学びの分野

理学療法は、病気・外傷・寝たきりなどによって身体機能が低下した人々に対し、立つ、座る、歩くなどの基本動作をはじめ、身体機能の回復・維持を図る医療です。スポーツ医学や予防医学の分野でも、その必要性が認識されています。

理学療法学科で学ぶ3つの領域

「運動器系障害」「神経系障害」「内部障害」の領域を学びながら、高い専門性と確かな技能、豊かな人間性を身につけた「理学療法士」を育成します。

事故やスポーツに伴う障害からの回復、復帰

事故やスポーツに伴う障害、加齢による関節の障害などに対し、身体の動きや状態を正確に把握することで身体機能の維持・向上を図ります。

神経難病による手足のまひなどからの社会復帰をサポート

脳卒中などの疾患をはじめ、神経難病により手足のまひなどが生じた方々に対して、機能回復を図るとともに、回復だけにとどまらず生活のサポートも見据えて対応します。

生活習慣病の改善までのサポート

生活習慣病やメタボリックシンドロームのように、加齢に伴う健康障害が増えつつあります。その障害の予防をはじめとして、健康を維持し加齢に伴う障害や介護状態を軽減できるようサポートをします。