グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学修成果の把握に関する方針(アセスメント・ポリシー)


ホーム >  大学案内 >  大学諸活動の方針 >  学修成果の把握に関する方針(アセスメント・ポリシー)

目的

常葉大学では、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3つのポリシーに基づき、学修成果の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生・学習支援の改善等に活用することを目的として、学修成果の達成状況を検証する。評価は機関(大学)レベル、教育課程(学部・学科)レベル、科目(個々の授業)レベルで行う。

実施体制

評価の実施に当たっては、本学の「内部質保証推進組織と内部質保証の指針」に従って行うものとする。
(1)機関レベルの評価は全学自己点検・評価委員会が行う。
(2)教育課程レベルの評価は各学部の自己点検・評価委員会が行う。
(3)科目レベルの評価は個々の授業ごとに担当教員が行う。
(4)各レベルの評価は「内部質保証推進組織と内部質保証の指針」に基づき、全学的な教育改革・改善、学生・学習支援の改善等に活用する
入学前・入学直後 在学中(単位認定・進級判定) 卒業時(卒業後)
アドミッション・ポリシーを満たす人材かどうかの検証 カリキュラム・ポリシーに則って学修が進められているかどうかの検証 ディプロマ・ポリシーを満たす人材かどうかの検証
大学全体
レベル
・各種入学試験
・調査書等の記載内容
・面接、志願理由書等
・新入生アンケート
・GPA
・修得単位数
・学生生活アンケート
・課外活動状況
・休学率
・退学・除籍率
・学位授与率
・卒業時アンケート調査
・就職率
・就職分野別分析分布
・卒業後アンケート調査
・雇用者へのアンケート調査

ページの先頭へ戻る