グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



江口 佳子


氏名 江口 佳子(EGUCHI Yoshiko)
所属 常葉大学外国語学部グローバルコミュニケーション学科
職名 准教授
学位 文学修士
専門分野 ブラジル現代文学
主な担当科目 ポルトガル語、ブラジル/ポルトガル文化入門、 スペイン/ラテンアメリカの文化、スペイン/中南米地域主題講義、ブラジル研究、特別研究、ポルトガル語学研修、等
researchmap https://researchmap.jp/yoshiko55/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

研究課題は、フェミニズム運動と社会運動が広がりを見せたブラジルの軍事政権期(1964年~1985年)において、女性の置かれた状況を、文学作品を通して明かにすることです。ブラジル社会における女性の問題を扱っている女性作家の作品に取り組み、歴史・政治・社会・文化的なコンテクストから考察しています。また、ブラジルの言語・文化を学ぶことで多文化共生の理解につなげてゆきたいと考えています。

主な研究業績および社会貢献活動など

【翻訳】
  • 〈単訳〉フーベン・フォンセッカ『あけましておめでとう』(水声社、2018年)
  • 〈翻訳・解説〉リジア・ファグンジス・テーリス「サクソフォン吹きの青年」『早稲田文学』2016年春号

【書評】
  • 川村湊著『ハポネス移民村物語』「中南米開拓移民者の心の言葉に耳を傾ける」図書新聞(3393号)2019年3月 p.5
  • 今福龍太著『ブラジル映画史講義』「自国を語った二十世紀のブラジル映画 ―映画作家の“ずらし”の精神はエネルギーに満ちている」図書新聞(3367号)2018年9月 p.4
  • イルダ・イルスト著、四方田犬彦訳『猥褻なD夫人』「女性像を既成概念から解放しようとしたイルダ・イルスト-聖と俗と卑の混在が生と死をかけめぐる」図書新聞(3300号)2017年4月 p.5

【論文】
  • 「角田房子『アマゾンの歌』-ブラジルで胡椒産業を興した日本人と移民家族のジェンダー-」常葉大学外国語学部紀要第37号(2021年3月) pp.67-81
  • 「「家」と「街路」の狭間で ―リジア・ファグンジス・テーリスの 短篇作品における女性の身体」日本ポルトガル・ブラジル学会 Anais第48号(2020年10月)pp.45-60
  • 「リジア・ファグンジス・テーリス『女の子たち』における〈語り〉の構造」常葉大学外国語学部紀要第36号 (2020年3月) pp. 91 - 113
  • 「ブラジル北東部セルタンの貧困と女性像:ハケウ・ジ・ケイロス『1915年』の一考察」常葉大学外国語学部紀要 第35号(2019年3月) pp.77-84
  • 「彷徨する女性の身体―ネリダ・ピニョン『受難の家』の考察」東海ジェンダー研究所「ジェンダー研究」第20号(2018年2月) pp.23-44

ページの先頭へ戻る