グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



上田 真仁


ホーム >  教員情報 >  健康科学部 >  看護学科 >  上田 真仁

氏名 上田 真仁(UEDA Masahito)
所属 常葉大学 健康科学部 看護学科
職名 講師
学位 修士(看護学)
専門分野 在宅看護学
主な担当科目 在宅看護学援助論Ⅱ、健康増進論、保健医療福祉制度論、在宅看護学実習、看護統合実習、教養セミナー、人間力セミナー、看護統合ゼミナール
researchmap https://researchmap.jp/mue(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス m-ueda(@を挿入)sz.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

在宅看護(訪問看護)は利用者さんの生活やニーズに合わせてオーダーメイドの看護を提供していきます。この利用者さんやご家族と一緒に作りあげる看護について皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。また、看護師は難病などの治療法が確立していない方であっても最後まで看護を提供し続けることができます。この看護師の強みについても一緒に取り組んでいきたいと思います。

主な研究業績および社会貢献活動など

【論文】
  • 溝口功一、野原正平、今福恵子、上田真仁:災害時の難病患者対応マニュアル策定についての指針、厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業、 希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究班 、2013.
  • 溝口功一、野原正平、今福恵子、上田真仁:大災害時の難病患者対応マニュアルの見直しについての提言、厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業・西澤班分科会 報告書、 2012.
  • 上田真仁、梅田見名子:被災体験シミュレーション 地域に根差した防災の担い手「防'z」の取り組み、看護教育53(3)、2012.

【学会発表】
  • 上田真仁、冨安眞理:地域包括ケアシステムに参画することが出来る看護師育成を目指す在宅看護演習プログラムの開発、せいれい看護学会誌6(1)、2015.
  • 上田真仁、今福恵子:「自分で作る災害時ハンドブック」の作成・難病等のある障害者版、日本難病看護学会誌19(1)、2014.

【書籍等出版物】
  • 精神保健福祉相談ハンドブック、全国精神保健福祉相談員会、中央法規出版、2006.

【社会貢献】
  • 特定非営利活動法人静岡難病ケア市民ネットワーク推進委員
  • 難病患者の災害対策研修会-災害時対応シミュレーション-、静岡県主催 難病患者災害対策研究会、第1~4回、講師、2016.
  • 静岡県訪問看護ステーション協議会 新卒訪問看護師育成プログラム開発委員会委員、2015-2016.
  • せいれい看護学会 第6回学術集会運営委員、2015-2016.
  • 障害者総合支援法と難病患者の福祉制度勉強会、静岡県難病団体連絡協議会主催研修会、講師、2013.

ページの先頭へ戻る