グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



天野 徹哉


ホーム >  教員情報 >  保健医療学部 >  理学療法学科 >  天野 徹哉

氏名 天野 徹哉(AMANO Tetsuya)
所属 常葉大学 保健医療学部 理学療法学科
職名 准教授
学位 博士(保健学)
専門分野 理学療法診断学・運動器理学療法学
主な担当科目 運動療法学・運動療法学演習・物理療法学・物理療法学演習
researchmap https://researchmap.jp/1979/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

全国の理学療法士と横断的に連携して多施設共同研究を行うことによって、理学療法診断学の構築を目指しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 天野徹哉:変形性膝関節症患者における外来理学療法の適用を判断する臨床予測式の抽出―歩行速度をアウトカムとした1年間の前向きコホート研究―.常葉大学保健医療学部紀要.2018;9(1):21-29.
  • 天野徹哉,玉利光太郎,内田茂博,伊藤秀幸,田中繁治,森川真也,河村顕治:変形性膝関節症患者における人工膝関節全置換術前の筋力低下と関節可動域制限.Jpn J Rehabil Med.2017;54(5):384-391.
  • 天野徹哉,玉利光太郎,内田茂博,伊藤秀幸,田中繁治,森川真也,河村顕治:人工膝関節全置換術適用患者のバリアンス発生に対する背景因子と術後早期の機能回復の違い.Jpn J Rehabil Med. 2016;53(9):723-73. 4.
  • Tetsuya Amano, Kotaro Tamari, Shigeharu Tanaka, Shigehiro Uchida, Hideyuki Ito, Shinya Morikawa, Kenji Kawamura: Factors for Assessing the Effectiveness of Early Rehabilitation after Minimally Invasive Total Knee Arthroplasty: A Prospective Cohort Study. PLOS ONE. 2016;11(7): e0159172. doi:10.1371/journal.pone.0159172.
  • 天野徹哉、内田茂博、伊藤秀幸、田中繁治、森川真也、玉利光太郎:理学療法診断に基づく臨床推論の可能性.理学療法学.2014;41(8):579-583.
  • 玉利光太郎,内田茂博,天野徹哉,伊藤秀幸,田中繁治,森川真也:理学療法診断学構築の方法と意義.理学療法学.2013;40(8):609-614.
  • 天野徹哉,玉利光太郎,小幡太志,河村顕治:変形性膝関節症患者における7ヵ月後の立ち上がり速度の予測因子と検査特性.総合リハビリテーション.2012;40(8):1127-1134.
  • 天野徹哉,玉利光太郎,浅井友詞,河村顕治:内側型変形性膝関節症患者における立ち上がり速度の関連因子の検証.理学療法学.2011;38(5):374-381.
  • 天野徹哉,玉利光太郎,河村顕治:変形性膝関節症患者の歩行速度に影響する因子.運動療法と物理療法.2009;20(3):218-224.
  • 天野徹哉,酒井孝文,河村顕治:手すりを利用した椅子からの立ち上がりによる下肢筋力トレーニング―運動開始時の膝関節屈曲角度がハムストリングの筋活動に及ぼす効果―.運動療法と物理療法.2007;18(3):196-201.

ページの先頭へ戻る