グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



土屋 和男


ホーム >  教員情報 >  造形学部 >  造形学科 >  土屋 和男

氏名 土屋 和男(TSUCHIYA Kazuo)
所属 常葉大学 造形学部 造形学科
職名 教授
学位 博士(学術)
専門分野 建築の歴史とデザイン
主な担当科目 建築デザイン論、景観論
researchmap https://researchmap.jp/read0088514(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

建築が人々の生活をどのように変え、地域の景観がどのように形成されていくか、建築の歴史とデザインを研究しています。歴史的な建築を現代において再生、活用していくことも重要です。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 『境界線から考える都市と建築』三宅理一監修 (共著), 鹿島出版会, 2017年
  • 『私鉄郊外の誕生』片木篤編 (共著), 柏書房, 2017年
  • 「近代数寄者の茶会記録に見られる「田舎家」に関する記述」日本建築学会計画系論文集, 78(687) 1151-1160, 2013年
  • 『火の見櫓 地域を見つめる安全遺産』(共著), 鹿島出版会, 2010年
  • 「興津における近代の別荘の形成とその背景」日本建築学会計画系論文集, (614) 237-243, 2007年
  • 『都市デザインの系譜』(共著), 鹿島出版会, 1996年

ページの先頭へ戻る