グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



磯﨑 えり奈


ホーム >  教員情報 >  造形学部 >  造形学科 >  磯﨑 えり奈

氏名 磯﨑 えり奈(ISOZAKI Erina)
所属 常葉大学 造形学部 造形学科
職名 講師
学位 修士(美術)
専門分野 立体造形
資格等 高等学校教諭一種免許状(美術 工芸) 中学校教諭一種免許状(美術)
主な担当科目 立体造形表現、立体メディア表現A、立体メディア表現B、立体造形論、地域協働ゼミナール、卒業制作
researchmap https://researchmap.jp/erina-isozaki(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

研究分野は立体造形分野です。特に工芸の技術や表現から着想を経て、彫刻作品やインスタレーション作品の制作、美術教育、デザイン分野へと思考し、自身の作品制作の発展と研究の可能性を広げています。一つのことを探究しながらも、様々な分野や、文化を見て感じて理解しようとすること、人とコミュニケーションをとることが美術作品制作や研究に、そして社会と関わりながら生きていくためには大切だと思います。


主な研究業績および社会貢献活動など

  • 立体造形表現における教育的意義の一考察ー制作過程と素材ー(単著)磯﨑えり奈 常葉大学造形学部紀要 (19) 5 - 14 2021年3月
  • 都市公園としてのプレイパークの横断的調査研究-利用者と運営者の視点より 公益財団法人 大林財団 研究助成事業 2020年4月 - 2021年3月 早川礎子 , 小関慶太 , 磯﨑えり奈
  • 冒険遊び場と学校教育の関係性についての一考察(単著)磯﨑えり奈 常葉大学造形学部紀要 (19) 37 - 44 2021年3月
  • 都市公園とこどもの遊びの予備的研究ー冒険遊び場を題材にー(共著)早川礎子, 小関慶太, 磯﨑えり奈 小田原短期大学研究紀要 (51) 101 - 109 2021年3月
  • 制作と教育の現場からー社会における金属造形の汎用性ー(共著)岩崎裕純, 磯﨑えり奈, 田中航 美術教育研究(NO.25/2019) 45 - 58 2020年10月
  • 展覧会 美術教育の森―美術教育研究室の作家たち―(東京藝術大学大学美術館)2019年1月8日 - 2019年1月15日

ページの先頭へ戻る