グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部の特長


ホーム >  外国語学部 >  学部の特長

「外国語学習支援センター」による、細やかなサポート

外国語学習支援センター(FLSSC)では、外国語を学ぶための自律学習を支援しています。学習カウンセリングを受け、教員やTA(ティーチングアシスタント)の先輩学生と共に学習を進めることができます。FLSSCで実施しているネイティブ教員との英語やスペイン語の会話練習には誰でも参加可能。英語多読用図書も充実しており、日常的に外国語に接する環境が整っています。また、留学に関する相談やサポートも行っています。自分に合ったFLSSCの利用方法を探してみてください。 外国語学習支援センターについてはこちら

海外留学

奨学金サポートも充実。留学先となる海外提携校の単位を認定することで、休学せずに長期留学ができます。交流協定を結ぶ提携大学との単位認定制度により、1年間留学しても休学せず4年間で卒業できます。留学の種類も、長期留学、短期留学、語学研修など目標に合わせた多彩なプログラムを用意しています。また、留学生のための学費の一部免除、奨学金制度もあります。

長期留学 奨学金
認定留学
成績により奨学金の支給額が決定します。留学先は本学の提携大学です。また、留学期間中の本学への学生納付金は、留学出発年の後期について、学則に定める金額の二分の一となります。
約50~
100万円

※過去の実績です。
短期留学 奨学金
ショートプログラム
成績優秀者で奨学生と認められた学生が対象です。
20万円
※過去の実績です。
日本学生支援機構
奨学金制度
本学の「長期留学」「短期留学」「語学研修」で、奨学金を受けられる可能性があります。
語学研修
夏休みまたは春休みの3~4週間、提携大学で実施する研修です。

海外インターンシップ
「仕事で英語が使える日本人」となるために、海外で職場体験を行うプログラムです。ホテルなどでインターンシップを行うコースや、語学習得に加えて週に1回程度職場体験を行うコースもあります。

長期留学

長期留学しても休学せず4年間で卒業できます〈 2年次8月出発の場合 〉奨学金制度有
1年次(4月〜) 1年次(3月) 2年次(7月) 2年次(8月)〜
3年次(5月)
3年次(6月〜)
留学先を選ぶ 語学力を養う 長期留学
選考
留学準備をスタート 長期留学生
認証式
長期留学 帰国後さらに
ブラッシュアップ
外国語学習支援センターのスタッフや担当教員と相談し、目標や適性にあった留学先を選びます。 外国語学習支援センターでの会話練習などに参加。留学の条件となる語学検定に挑戦します。 認定留学の選考試験が学内で行われます。 留学生活の過ごし方を、留学経験のある学生TAなどがアドバイス。4年間で卒業するための「履修計画」も立てます。 認定留学の留学生として正式な認定を受けます。 約1年にわたり、現地で語学や文化を学びます。

留学費用
約120~300万円
帰国後もさらに学習を続け、卒業までにTOEIC 900点突破を目指します。

短期留学

春休みを利用したショートプログラムです〈 2年次春休み利用の場合〉奨学金制度有
2年次(9月〜) 2年次(11月〜) 2年次(1月) 2年次(2〜3月) 3年次(4月〜)
短期留学選考 留学準備をスタート 短期留学生認証式 短期留学 留学経験を
進路に活かす
ショートプログラムのための選考試験を実施します。 外国語学習支援センターを活用して語学力を高めるとともに、文化や習慣の違いを学びます。また留学の手続きをします。 ショートプログラムの留学生として正式な認定を受けます。 春休みを利用して、8〜10週間、現地の大学で語学を中心に学びます。
留学費用
約60~100万円
語学力だけでなく人間的にも大きく成長して帰国します。帰国後に始まる就職活動や教育実習などにも自信を持って取り組めます。

語学力とコミュニケーション力を身につける「外国語学部の9つのポイント」

外国語学部の9つのポイント

英検、TOEICなど語学検定資格の取得をバックアップ

英検・TOEIC・TOEFL・スペイン語検定などの試験対策を実施しているほか、取得した成績に応じて単位を認定しています。本学は、これらの会場となっており、また検定費用の一部を補助するなどのサポートも行っています。

ページの先頭へ戻る