グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康科学部 >  看護学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

大村 日向子さん(静岡県立三島北高等学校出身)

将来につながると思うと学ぶことが楽しくなる

姉が看護師で母が医療関係の仕事のためか、自然と看護師へ憧れを抱くようになりました。その中でも常葉を選んだのは就職のサポートが充実していることと、親身になって学生のことを見てくださる先生方がいるから。入学時は漠然としていた看護師像も、授業や実習を経験する中で理想の看護師像が具体化されていきました。特に専門性を学べる授業は、実際に看護師として必要なものだと思うと興味が湧いてきます。また、グループワークでは関わる人も増え、多様な価値観にもふれました。実習で患者さんと接したとき、患者さんのとる行動の背景を考えながら応対できたのは、自分自身の成長を実感できた点です。しかし、まだまだ至らない点も見えてきたので、さらに学びを深め、理想の看護師像を目指し努力を続けたいと思います。

卒業生からのメッセージ

荒木 健人さん(静岡県立清水西高等学校出身)

最新の設備での実技練習が実習や現在につながっている

実習で学んだことが、看護師となった今も活きている
最も大きな学びは実習。患者さんが元気になっていく過程を見ていくにつれ、看護師になりたい気持ちが強くなったことを覚えています。常葉は最新の設備も揃っているため実技の練習をしっかり行い、実習の場に活かすことができる環境が整っています。苦労したことも多くありましたが、それが今に活きていると感じます。

看護師として働く今も、日々勉強の積み重ね
職場は呼吸器外科・内科、歯科口腔外科からなる混合病棟。科を横断するため、多職種の医療チームで意見交換をすることがとても重要です。チームの力が大事な職場で、そこには大学時代に仲間とイベントを成功させた経験が活きています。新しい知識が必要になるため、院内外の勉強会に参加するなど自己研鑽は欠かせません。

清水 拓哉さん(静岡県立清水西高等学校出身)

勤務先:東海大学医学部付属病院

実習での経験を通して見えた将来像


大学生活において一番の学びは実習です。患者さんとのコミュニケーションの取り方など、座学では学べない経験を積むことができました。患者さんの生活背景を考え、その人に合った生活指導をすることは、現在の仕事にも活きています。また、さまざまな病院に行くことで、将来はどんな職場で働きたいのかを考えることができました。県外の病院へのインターンシップ参加を決めたのは先生の勧めがあったから。幅広い知識を持つ先生のアドバイスがなければ、今の道はなかったと思っています。

大橋 里李紗さん(静岡市立高等学校出身)

勤務先:静岡赤十字病院

患者さんと同じ歩幅で歩んでいくために

静岡県で看護師になりたかったので、常葉大学を選びました。水落キャンパスは便利な静岡市の街中にあり、近くに多くの医療機関があり、実習先へのアクセスが良く、実習中のサポートもきめ細やかだと聞いていました。
実習では多くの患者さんと出会えました。そのおかげで、患者さんがどんな思いで入院し、どんな不安を抱え、どのように病気と闘っているのかなどを考えることができました。学生時代に患者さんの心への寄り添い方を学べたことが、今の私のモットーである「患者さんと同じ歩幅で歩んでいく」に繋がっています。先輩の仕事をたくさん吸収して、多くの患者さんと関わることで、患者さんが安心して入院生活を送れるようにしていきたいです。

ページの先頭へ戻る