グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  健康科学部 >  看護学科 >  在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

水口 さと子さん(静岡県立伊東高等学校出身)

実習は何事にも代えがたい経験

専門領域によって対象の特長が異なるため、3年次に2~3週間ずつ行われる臨地実習は、何事にも代えがたい経験です。1年次は病棟見学、2年次では実際に患者さんを受けもつなど、段階を踏んでの実習は大変勉強になります。
実習では、先生や指導者さんに自分に足りないところを明確に指摘してくださいました。そのため、患者さんを見るときに必要な視点を考えていくことができました。ときには先生から厳しい一言も言われることがありましたが、今となっては感謝しています。実習で得た経験や知識を活かしていきたいです。

田村 恵都さん(静岡県立静岡高等学校出身)

どんな出会いも、すべてプラスになる

祖母のエンゼルケア(逝去後の処置)をする看護師さんのお手伝いをしたときに、看護の仕事の奥深さに心を打たれ、看護師を目指すようになりました。「人間力セミナー」で、指導教員の先生がしてくださる看護に関するさまざまなお話が、将来の看護師像を考えるきっかけになりました。
ゼミ形式の授業で発表することが多く、人前で自分の考えを伝える練習にもなりました。大学で出会った仲間は、自分のポリシーをしっかりともった人が多いです。時には考え方の相違から意見が合わないこともありますが、多面的なものの見方を知るきっかけになるなどプラスにつながっています。出会いや人との関わりは視野を広げ、気づきを与えてくれる大切なものです。

川口 謙さん(富士市立高等学校出身)

静岡理学療法学科との合同授業で、現場で活きるスキルを習得

看護学科では、静岡理学療法学科との合同授業があり、現場で活きるスキルが身に付きます。男女問わず仲が良く、先生の指導も丁寧で分かりやすいです。地域とのつながりが深いところもいいです。将来は、最先端の医療の現場で活躍できる看護師を目指したいです。

田中 綾菜さん(常葉学園高等学校/現 常葉大学附属常葉高等学校[静岡県]出身)

看護師として何ができるかを考える

看護過程とヘルスアセスメントの授業では、看護計画の立て方を学び、患者さんのカルテを読み込んで看護師としてどのような援助ができるのかをさまざまな視点から考えます。優先すべき援助は何かということにも、目を向けるようになりました。

山梨 勇揮さん(静岡県立藤枝西高等学校出身)

臨地実習を経験して一段とやる気がアップ

看護師になりたい一心で進学しました。病院での臨地実習では、現場の空気に触れることで看護師という職業の魅力を実感し、苦労も理解することができました。すべての患者さんの第二の家族、心の拠り所となれるよう、日々の学習に取り組んでいます。

卒業生からのメッセージ

清水 拓哉さん(静岡県立清水西高等学校出身)

勤務先:東海大学医学部付属病院

実習での経験を通して見えた将来像

大学生活において一番の学びは実習です。患者さんとのコミュニケーションの取り方など、座学では学べない経験を積むことができました。患者さんの生活背景を考え、その人に合った生活指導をすることは、現在の仕事にも活きています。また、さまざまな病院に行くことで、将来はどんな職場で働きたいのかを考えることができました。県外の病院へのインターンシップ参加を決めたのは先生の勧めがあったから。幅広い知識を持つ先生のアドバイスがなければ、今の道はなかったと思っています。

大橋 里李紗さん(静岡市立高等学校出身)

勤務先:静岡赤十字病院

患者さんと同じ歩幅で歩んでいくために

静岡県で看護師になりたかったので、常葉大学を選びました。水落キャンパスは便利な静岡市の街中にあり、近くに多くの医療機関があり、実習先へのアクセスが良く、実習中のサポートもきめ細やかだと聞いていました。
実習では多くの患者さんと出会えました。そのおかげで、患者さんがどんな思いで入院し、どんな不安を抱え、どのように病気と闘っているのかなどを考えることができました。学生時代に患者さんの心への寄り添い方を学べたことが、今の私のモットーである「患者さんと同じ歩幅で歩んでいく」に繋がっています。先輩の仕事をたくさん吸収して、多くの患者さんと関わることで、患者さんが安心して入院生活を送れるようにしていきたいです。

ページの先頭へ戻る