グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部の特長


ホーム >  保健医療学部 >  学部の特長

保健医療学部の特長

臨床現場に即した連携
病気やけがなどが原因でリハビリテーションを必要とする患者さんのほとんどが、理学療法と作業療法の両面のケアを必要としており、臨床の現場でもその連携が求められています。保健医療学部は、2つの学科がお互いに協力し、実社会のニーズに即した学びを実践しています。

理学療法士と作業療法士の連携協力を学ぶ

医療の現場で、理学療法士は「物理的な刺激や運動療法」の視点、作業療法士は「日常生活で行う作業」という視点から、お互いに連携協力しながら、リハビリテーションに関わっています。同学部に2つの学科があることで、リハビリテーション医療全体についての理解を深めることができます。

充実した実習環境「常葉リハビリテーション病院」

浜松キャンパスの近隣にある「常葉リハビリテーション病院」が本学部の臨床実習施設。この病院では、一つのフロアの中で理学療法士と作業療法士が連携して療法にあたるチーム医療を確立しています。この恵まれた臨床実習環境で、学年ごとの学習状況に合わせた臨床実習を行っています。

総合大学ならではの環境で、幅広い視野を養う

浜松キャンパス

浜松キャンパスには、経営学部、健康プロデュース学部があり、様々な学問領域の教員や学生がいます。総合大学ならではの学部を越えた交流を通じて、幅広い視野や教養を身につけることができます。

県内有数の実績と歴史をもつ理学療法士・作業療法士の養成校

前身の専門学校時代を含めると、理学療法士・作業療法士の養成校としては、静岡県内で最も古い歴史を誇ります。卒業した理学療法士・作業療法士の先輩は1000名近くにのぼり、静岡県内を中心に、確かな実績と幅広いネットワークを築いています。

国際的な視野を広げる海外医療施設視察研修

本学部では3年生の希望者を対象に海外研修を実施。リハビリテーションの先進であるイギリスやドイツを訪れています。最先端の医療現場を体感することで国際的な視野を広げ、日本のリハビリテーションとの相違や問題点を学ぶことが目的で、学生にとって貴重な経験となっています。

ページの先頭へ戻る