グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  教育学部 >  心理教育学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

杉浦 衣里さん(静岡県立清水東高等学校出身)

心理学を学んだことで、広がった視野と変化した行動

心理学の良さは日常生活に役立つところです。コミュニケーションを学んだことで人との接し方や表現の仕方が上手になったり、自分自身について深く考えるようになったりと、授業内容が活きていると実感しています。視野が広がり、周りを見て行動する習慣が身についたことで、電車内で調子が悪そうにしている人や、道端で困っている人がわかるようになり、その人たちに声をかけるようになりました。以前は気づかなかったことに気づくようになり、自分自身の変化に驚いています。興味を持った授業は可能な限り履修し、視野を広げるように努めています。また、秘書検定2級を取得するなど、資格取得にも力を入れています。今後もさまざまなものを見て将来を見定めつつ、自身の能力を高めていきたいと思っています。

後藤 万知さん(静岡県立富士高等学校出身)

社会のニーズが高まる心理学、活躍の場も広がる

対人距離や観察法、流言など、日常の身近なことを心理学的な視点で取り上げて考察する実験の授業によって、人間の心理が理解できるようになりました。心理学は、企業や社会でも求められており、就職の幅も広がります。

卒業生からのメッセージ

海老岡 真衣さん(常葉学園菊川高等学校(現:常葉大学附属菊川高等学校)[静岡県]出身)

勤務先:県庁職員(児童福祉)静岡県立三方原学園 勤務

行動することで明確になった本当にやりたいこと

深めた知識と理解が、仕事をする糧になる
障がいのある人の役に立つ仕事がしたい、と思っていましたが、具体的に何をやりたいのか明確ではありませんでした。そんな折に授業で訪れた児童養護施設での虐待児童支援に興味をもち、施設で2 年間のボランティア活動を経験。また、卒業論文を書くうえで資料収集していく中で虐待に関する理解が深まり、やりたいことが定まっていきました。いまは児童自立支援施設で生活指導をしていますが、子どもと接するときに大学での学びと活動が非常に役立っています。

子どもの成長を感じられる瞬間が嬉しい
子どもが自立した生活を送ることができるように手助けする仕事ですが、子どもの気持ちを理解できず苦労することがあります。そのときに思い出すのがカウンセリング実習で学んだこと。どうすれば相手が話しやすくなるのか、どうしたら話を聞いてくれるのかを実践的に学んでいたことで、子どもたちと向き合って課題を解決することができています。「できるようになった!」と子どもたちが喜びながら報告してくるときが一番嬉しく、やりがいを感じられる瞬間です。

湯尾 かすみさん(静岡学園高等学校[静岡県]出身)

勤務先:児童養護施設静岡ホーム(児童指導員・心理士)

常葉で培った相手を思いやる心、今の私の大きな力になっています


企業を選ぶ時に「働く環境の良さ=働く人の人柄」と考え、採用担当者の人柄に一番魅力を感じた、いまの会社に入社しました。大学時代は、一生のうちで一番「自分の時間」がある時です。やりたいと思ったことは片っ端からチャレンジして、やりたいことがなければ思い切って一歩踏み出してください。そのなかで、新しい自分、めざしたい自分が見つかると思います。

渡邉 有美さん(星陵高等学校[静岡県]出身)

勤務先:富士宮信用金庫 勤務

卒業研究が、窓口での接客に役立っています

信用金庫の支店で、テラー係(窓口業務)や出納係を務めています。大学時代は障害児教育に興味を持ち、卒業論文のテーマにも発達障害を選びました。研究を通して、相手によって説明の方法を変えることがいかに大切であるかを学ぶことができ、それが窓口での接客に役立っています。お客様に信頼していただける職員になることを目標に、これからも努力を続けます。

浅野 芙和さん(静岡県立清水南高等学校出身)

勤務先:株式会社ドリームプラザ

やりたいことを存分にやると決めた4年間

心理学を学ぶきっかけのひとつが「自分の心を知りたい」という思いでした。メンタルが弱いと感じるときがあり、その理由や傾向などを知ることが、将来役に立つと考えたからです。
子ども好きということもあり、卒論では「子育てをしながら働く女性の現状」について研究をしました。私も将来は子育てと仕事を両立させ、大好きな地元清水の活性化に貢献できるよう努力を続けます。

前田 祐里さん(静岡県立静岡東高等学校出身)

勤務先:静岡市役所

楽しいことも、辛いこともあり、本当に充実した4年間でした。

常葉の学生で良かったことは、親身になってくれる職員の方や先生が多いこと、学友会やボランティア等の様々な経験ができたことです。公務員採用試験では、最後まで細やかなサポートをいただけました。またこども病院のボランティアでは、子どもの患者さんから逆に励まされたのが貴重な思い出です。

ページの先頭へ戻る