グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



4年間の学び


ホーム >  教育学部 >  心理教育学科 >  4年間の学び


心理教育学科カリキュラム(履修モデル例)

心理教育学科カリキュラム(履修モデル例)(PDFダウンロード)

Pickup講義

カウンセリング実習

これまでの臨床心理学に関する学習を踏まえ、実践現場での支援に直結する演習を行います。

臨床心理学概論

こころの健康を保つため必要となる人間の心理を理解し、心理的問題について心理学的理論技法を学びます。

心理学基礎実験I・II

鏡映描写は、鏡に映った像を見ながら、行動をコントロールすることを学習する基礎実験です。

発達心理学演習Ⅱ

理論に加えて、動作法など身体を動かすことで心身の健康をもたらす方法を実際に体験しながら学びます。

臨床・教育フィールドワークⅠ~Ⅳ

心理教育学科では課題解決型学習であるPBL※を取り入れ,さまざまな機関や企業と連携し,さまざまな活動を行っています。学年をまたいで継続的に取り組むことで,持続可能な自己教育力,対人教育力の育成を目指します。
※PBLとはProject Based Learningの略で,課題(問題)解決学習と呼ばれいてます。正解のない議論(課題)を通して問題解決へのアプローチ方法を身につけることで,主体的・協働的に課題を発見し,解決する能力を養うことを目指しています。

<学習内容>
・大学祭での心理学の学びについての展示・動画コンテンツ等の作成
・企業(静岡スバル,静岡県自動車学校)との協働プロジェクト
・心理専門職の職場見学(精神科病院、司法(少年院)、地域引きこもりセンターなど)

心理教育学科の行事

学内学会

心理学について、みんなで議論する場です
学内学会とは、大学での学びをより深め、学問を通じた交流をもつことを目的とした、在学生、卒業生、教員の集まりです。毎年テーマを設定し、学年や立場を超えて、意見交換・議論ができる、お互いに良い刺激を受ける機会となっています。

【テーマ例】教員の研究を知ろう
普段ふれる機会が少ない「先生たちが研究していること」を取り上げます。教員の発表を聞くことで新たな関心が生まれるとともに、3年次でゼミを選択する際の参考にもなります。

【テーマ例】「常葉の心理で学んだこと」が仕事にどのように活きるのか?
社会人として活躍している卒業生を招いて、仕事の内容や大学での学びが活きていると感じる体験などをテーマにシンポジウムを行います。自らの進路について考え、今の学びを新たな視点で見つめ直す良い機会です。


心理教育学科での学びを活かした様々なボランティア活動

ピアカウンセリング

ピアカウンセリング
ピアカウンセリングは、ピア(仲間)の意識をもったカウンセリングのことです。本学科の学生はボランティアとして、若者の視点から、思春期の性の問題などを中心に、悩みを抱える子どもたちの相談に乗っています。

BBS ~ Big Brothers and Sisters Movement ~

BBS ~ Big Brothers and Sisters Movement ~
BBSは、更生保護ボランティア団体です。非行に走ってしまった少年少女と一緒に遊んだり、相談相手になったりしながら、兄や姉のような存在として彼らの成長を見守る活動をしています。

ページの先頭へ戻る