グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



4年間の学び


ホーム >  教育学部 >  心理教育学科 >  4年間の学び

心理教育学科カリキュラム(履修モデル例)

心理教育学科カリキュラム(履修モデル例)(PDFダウンロード)

心理教育学科での学びを活かして、様々なボランティア活動に取り組んでいます。

ピアカウンセリング

ピアカウンセリング
ピアカウンセリングは、ピア(仲間)の意識をもったカウンセリングのことです。本学科の学生はボランティアとして、若者の視点から、思春期の性の問題などを中心に、悩みを抱える子どもたちの相談に乗っています。

BBS ~ Big Brothers and Sisters Movement ~

BBS ~ Big Brothers and Sisters Movement ~
BBSは、更生保護ボランティア団体です。非行に走ってしまった少年少女と一緒に遊んだり、相談相手になったりしながら、兄や姉のような存在として彼らの成長を見守る活動をしています。

臨床・教育フィールドワークII

心理学を専門に活かせる職場を訪問します

心理教育学科では、実習や演習などの体験学習や地域での授業も重視。2 年次に設定されている「臨床・教育フィールドワークII」は、事前学習、現場での学習、報告会で構成され、グループでまとめた内容を報告会でプレゼン発表し、質疑応答や意見交換により、心理学の学びを深めます。

〈実習先一覧〉
・児童相談所 ・児童養護施設 ・少年院 ・少年鑑別所 ・情緒障害児短期治療施設
・精神科病院 ・精神保健福祉センター ・適応指導教室 ・乳児院
・ひきこもり地域支援センター など

学内学会

心理学について、みんなで議論する場です

学内学会とは、大学での学びをより深めることや、学問を通じた交流をもつことを目的とした、在学生、卒業生、教員の集まりです。毎年異なるテーマで学会を開催し、学年や立場を超えて、心理学について意見交換・議論ができる、お互いに良い刺激を受ける機会となっています。

ページの先頭へ戻る