グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生・卒業生の声


ホーム >  教育学部 >  生涯学習学科 >  在学生・卒業生の声


在学生からのメッセージ

小鍋 香菜さん(静岡県立焼津中央高等学校出身)

地域に貢献し、人の役に立つ存在になりたい

100%を誇る就職率を魅力に感じ、常葉への入学を決意。昔から子どもと関わることが好きだったため保育学部も選択肢にありましたが、最終的に生涯学習学科を選んだのは、もっと視野を広げてみようと思ったから。将来の目標を始めから限定せず、幅広く学べる生涯学習学科を選びました。社会教育実習でのボランティア活動では、どうすればもっと一人ひとりに寄り添えるのか、職員の方々に指導していただいたり、常葉の学生だけでなく他大学の学生ともディスカッションしたりする中、毎回違った学びと気づきがありました。また、子どもたちから学ぶこともたくさんあり、とても有意義な経験ができました。
社会人になってから「あのときの経験が役に立った」と思えるよう、今は何事にも前向きに取り組んでいきたいと思っています。

三鬼 泰蔵さん(静岡学園高等学校[静岡県]出身)

運動の楽しさを伝えられる教員になりたい

高校生の頃、体育の先生から熱心な指導を受け、教員という職業に興味をもちました。体育委員となり先生の補助をしていく中で、運動が苦手な生徒にもわかりやすく教える姿を見て、自分もそんな教員になりたいと思い、常葉大学に進学。生涯スポーツ専攻では、さまざまなスポーツに取り組んできた仲間が共に学び、幅広いスポーツの知識・技術を追究しています。競技力向上のノウハウを学んだことで、大学に進学してからも陸上競技で自己ベストを出せたことには驚きました。今では、友人との出会いがきっかけで、陸上部の活動に参加し、タイムを上げるために練習をしています。また、常葉大学には充実した教育実習プログラムがあることも魅力。多くの経験を積み、集中して学ぶことができます。将来はスポーツを通じて運動の楽しさを伝えられる教員になりたいです。

卒業生からのメッセージ

海瀨 俊弥さん(静岡県立韮山高等学校出身)

勤務先:掛川市立西中学校

時間の使い方をとことん工夫した学生時代。中途半端ではなく、すべて全力で

県内外から集まった友人たちとの出会いにより、物事をあらゆる角度から考えられるようになりました。また、通学にかかる2時間はどう使えば効率が良いか、意識して時間を使う練習になりました。
覚えることも多く、思い通りにいかないこともありますが、大好きなスポーツをどのように伝えるかを考えるのはとても楽しく、実際に生徒の笑顔や成長が見られたときに一番のやりがいを感じます。今後の教員生活もより充実した時間となるよう、生徒からも周りの先生方からも頼られる存在になることを目標としていきます。

橋本 爽季さん(静岡県立榛原高等学校出身)

勤務先:藤枝市立駅南図書館

幅広い学び、さまざまな出会いと交流。
視野が広がった常葉での4年間


入学して生涯学習について学び始め、その奥深さに気づきました。在学中に取得した司書の資格はもちろん、社会教育主事の資格は、図書館で行われるさまざまなイベントの企画や運営の際に大変役に立っています。ゼミ仲間と立ち上げた防犯サークルでは、小学校や警察、地域の方と交流をもつ機会があり、自分の世界が広がったことを感じました。これからも、興味のあることにチャレンジし、自分の可能性を広げていきたいです。

大﨑 健太さん(常葉学園菊川高等学校/現 常葉大学附属菊川高等学校〔静岡県〕出身)

勤務先:静岡県立朝霧野外活動センター

キャンプに興味を持ち続けたことが、この仕事につながっています。

大学1年の時、当センターの「野外教育指導者養成講習会」に参加。それから4年間ずっと、キャンプのお手伝いをしていました。将来も野外教育に関わりたいと考えていたところ、センターから誘いがあり、職員として働けることに。大学時代、興味をもったことを追求してみるのも大切だと感じています。

土屋 美優さん(佐久長聖高等学校[長野県]出身)

勤務先:地方独立行政法人静岡県立病院機構

大学で学んだコミュニケーション力が仕事のベース


3つの県立病院を運営する地方独立行政法人で、ホームページなどの広報や会議資料作成、県との連絡調整などのさまざまな職務を担当しています。取引先の方々と接するときには、大学で学んだコミュニケーション能力が役立っています。授業・部活・実習などを通じ、大学でたくさんの人と出会えたことが、今の仕事につながっています。

三浦 剛さん(静岡県立榛原高等学校出身)

勤務先:静岡県教育委員会社会教育課

地域のすべての方々を笑顔にする、戦力になりたい


地域教育推進協議会の担当として、地域のボランティアの方たちをバックアップしています。大学時代に行った焼津青少年の家での実習とボランティアで、子どもたちと触れ合い、地域の方と接したことが、この仕事を選ぶきっかけとなりました。授業でレクリエーションや野外活動実習などに取り組んだ経験すべてが、現在の仕事に役立っています。

飯田 晃輔さん(静岡県立藤枝西高等学校出身)

勤務先:藤枝市役所(教育委員会生涯学習課社会教育係)

学んだのは今に役立つ知識や考え方


現在、藤枝市役所職員として学校サポーターズクラブ事業を行っています。これは、地域住民の力で学校教育を支える事業です。私は学校の先生と、学校と地域をつなぐ調整役の方々をサポートする役割をしています。事業の効果を得られた時はこれまでの学びの成果を実感するとともに、やりがいを感じます。
生涯学習や社会教育の知識、キャンプで得た行動力・考え方を、今、実際に現場で活用できているのは、大学の環境や先生、友人のおかげと感謝しています。

ページの先頭へ戻る