グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 造形学部  > 造形学科  > 蜂谷 充志

蜂谷 充志

職名教授
所属常葉大学 造形学部 造形学科
学位芸術学修士
研究分野芸術学・芸術史・芸術一般

経歴

1991年~1992年 愛知県立芸術大学美術学部 非常勤講師
1992年~1994年 常葉学園短期大学美術・デザイン科 助手
1994年~2003年 常葉学園短期大学美術・デザイン科 講師
2003年~2006年 常葉学園大学造形学部 講師
2006年~2012年 常葉学園大学造形学部 准教授

委員歴

袋井市月見の里学遊館・美術分野ワークショップ アドバイザー
ストリートフェスティバルイン静岡・アート部門審査委員
静岡アートギャラリー連携推進委員・副委員長
2008年 アートプロジェクトHOMAM2008実行委員会・実行委員長
2008年 アートプロジェクトSHIZUOKA2008実行委員会・実行委員長
2010年1月~2012年 SHIZUOKA BREMEN ART PROJECT2010実行委員会 実行委員長

受賞

1989年 特選賞・第25回記念全国公募神奈川県美術展
1990年 佳作賞・第9回現代日本絵画展
1991年 大賞・第2回風の芸術展ビエンナーレまくらざき
1993年 First Prize Winners・International Art-Competition New York
1999年 ホルベインスカラシップ
2003年 文化庁新進芸術家国内研修生
2007年 朝日新聞文化財団 「芸術的水準が高く啓蒙普及的意義のあるものに対する助成」
2007年 文化庁「芸術文化による創造のまち」支援事業(「大学と地域との交流・連携の促進」事業)
2008年 朝日新聞文化財団 「芸術的水準が高く啓蒙普及的意義のあるものに対する助成」
2011年 はましん地域振興財団助成「文化推進に関する事業助成」
2011年 野村財団芸術文化助成「芸術文化の国際交流を目的とする活動に対する助成」
国際交流基金「アートプロジェクト,国際シンポジウム」に対しての助成

研究業績(論文・解説)

  • 「WORKS 2000-2010」 蜂谷 充志 常葉学園大学造形学部紀要 2013年3月
  • 「出会すということ」 SHIZUOKA BREMEN ART PROJECT 2011 実行委員会 日独交流150周年 静岡・ブレーメン国際交流 PROJECT SHIZUOKA BREMEN ART PROJECT 2011 DCWAS「でくわ(出会)す」 図録 1(1) 1-44 2012年2月
  • 「生み出すことを考えること」 蜂谷 充志 静岡市民文化会館現代美術展モノ・がたり「A LOT OF BUTTON」展 展覧会図録 1(1) 2011年2月
  • 環境造形としての『モニュメンタルゲート』のデザイン開発プロジェクト 大学・研究紀要「常葉学園短期大学紀要」第24号 1993年
  • 財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団木版画の実践活動励賞受賞『木版画ができるまで』 大学・研究紀要「常葉学園短期大学紀要」第31号 2000年
  • 「表現者たちの冒険」 蜂谷充志・土屋和男編 常葉学園大学/常葉美術館
  • 「モノの芸術・メディアのアート」展 図録  2001年
  • 「制作ノートとドローイング」 常葉学園大学造形学部研究紀要 第1巻 2002年
  • 「蜂谷充志」ホルベイン工業株式会社 The Scholar 20 Perspective アクリラート別冊 2001年
  • 「モノの芸術・メディアのアート」-表現者たちの冒険-を通した造形・メディア教育の展開 常葉学園大学造形学部研究紀要 第1巻 2002年
  • 今、ここにある風景展 ヒキダシタイ・プログラム 「チームでこぽん」を通しての所感 静岡県立美術館 「今ここ活動報告集」 2003年
  • 「Veiw of My Works」 浜松・クレーフェルト日独現代アート展実行委員会 「共振する場」浜松・クレーフェルト日独現代アート 展 図録 2003年
  • 「Work Shop Reports from Tokoha Gakuen U.N.I.V Hachiya L.B」地域連携プログラム等学生の活動報告 常葉学園大学造形学部研究紀要 第5号 2007年
  • 「インゴ・ギュンター Ingo Gunther 講演会報告」 常葉学園大学造形学部研究紀要 第6号 2008年
  • 「WORK」MItsushi Hachiya 常葉学園大学造形学部研究紀要 第6号 2008年
  • 「EXHIBITION FROM"HOMAM"2008−我が家で展覧会を開きます− アートプロジェクト”HOMAM”2008実行委員会 Records of EXHIBITION FROM"HOMAM"2008 展 図録 2008年
  • 「再構築する感性」 アートプロジェクトSHIZUOKA 2008実行委員会 旧マッケンジー邸 中勘助文学記念館 現代美術展 「風景の中のフウケイ」展 図録 2009年
  • 「料理を載せるものに発想をのせた作家たち」 静岡市民文化会館 静岡市民文化会館 現代美術展’’モノ・がたり”Dish...Dish...Dish... 展 図録 2010年
  • 「生み出すことを考えること」 静岡市民文化会館 静岡市民文化会館 現代美術展”モノ・がたり a lot of Button”展 図録 2011年

講演・口頭発表等

  • 「コンテンポラリーアートと私」 [招待有り] 蜂谷 充志 平成23年度「暖かみのある定時制教育推進授業」講演会 2011年12月
  • 静岡・ブレーメン国際交流 ART PROJECT 2011 DCWAS「でくわ(出会)す」 [招待有り] 蜂谷 充志 国際シンポジウム「“再開”都市とアートと美術館 “ブレーメン的・シズオカ的”」 2011年10月

所属学協会

芸術表現学会、大学版画学会、環境芸術学会

Works

  • View 2012 -from the center- 蜂谷 充志 芸術活動 2012年
  • 「View 2011 -sorairo-」 蜂谷 充志 芸術活動 2011年5月 - 2011年5月 毎年行われている子供を対象にした,静岡グランシップ(静岡県文化財団)が主催する美術関連事業「こどものくに」。子供たちの創造力を喚起するためのプロによるアーティスト展示部門。映像インスタレーションを個展形式で展示した。
  • View2011,Tokuganji plan, -Branches of incense sticks- 蜂谷 充志 芸術活動 2011年3月 - 2011年3月 静岡にゆかりのあるアーティストとドイツ・ブレーメン在住のアーティストたちによって企画・運営されるプロジェクトの重要企画である展覧会「静岡・ブレーメン国際交流 ART PROJECT 2011 DCWAS「でくわ(出会)す」展。実行委員長として企画運営の中心となる。展覧会においては,寺院の坐禅堂で,個展形式のインスタレーションを行った。
  • 「踊れ踊れ」全国公募第25回神奈川県美術展「特選」賞(神奈川) 芸術活動 1989年
  • 「すれ違って逢えない」第9回現代日本絵画展「佳作」賞・宇部市文化会館(山口) 芸術活動 1990年
  • 「時間に追われた僕」第2回風の芸術展 ビエンナーレまくらざき「大賞」(鹿児島) 芸術活動 1991年
  • 「上に行こう」蜂谷充志展・彩林画廊(横浜) 芸術活動 1991年
  • 「見えない行き先」蜂谷充志展・ぎゃらりいセンターポイント(東京) 芸術活動 1992年
  • 「僕は行け」蜂谷充志展・静岡第一テレビスカラザホール(静岡) 芸術活動 1993年
  • 「よくないできごと」International Art Competition 1993 Artfolio-Art 54 Gallery (Soho, New York) 芸術活動 1993年
  • 「わらった夢のこと」蜂谷充志展・ぎゃらりいセンターポイント 芸術活動 1994年
  • 「Untitled」新栄会展・丸栄スカイル画廊 芸術活動 1994年
  • 「View 11 '95」'95 Contemporary Art Festival・埼玉県立近代美術館 芸術活動 1995年
  • 「View '96 (100 Piece)」View '96 -the Mitsuhashi's Plan・三橋邸(静岡県小笠町) 芸術活動 1996年
  • 「View '96(233 Piece)」蜂谷充志展・ぎゃらりいセンターポイント(東京) 芸術活動 1996年
  • 「View '97 (35 Piece)」View '97-Yokuji Plan-・横浜城址(静岡県菊川町) 芸術活動 1997年
  • 「View '98(Front Wall No.1, 2)」Japanese Mind展・ギャラリーT2(ロスアンジェルス) 芸術活動 1998年
  • 「View '99 - The Yellow House -」蜂谷充志展ぎゃらりいセンターポイント(東京) 芸術活動 1999年
  • 「View '99 - Room Number 124 Plan -(We had Guite a Time Reminiscing.)」第10回三島アートリニュアル三島市 芸術活動 1999年
  • 「View '01 - Kotonoma Hachimangu Plan - (Stone Stairs) 」専任八幡宮(掛川) 芸術活動 2001年
  • 「View '02 -Ensyunada plan (imitation flower)-」 遠州灘(浜岡町) 芸術活動 2002年
  • 「View '03 -the Create Hamamatsu plan (flower field)-」浜松・クレーフェルト日独現代アート展 クリエート浜松(浜松) 芸術活動 2003年
  • 「View '03 -The plan of Mirror Room(To See Thinking)-」蜂谷充志展 ギャラリーMixed Media(静岡) 芸術活動 2003年
  • 「View '04 -Yellow Earth(0.397a)-」ARTPRO2 SHIZUOKA (静岡アートギャラリー) 芸術活動 2004年
  • 「View'05-AKA-」第1回S.C.V.F.(しずおかコンテンツバレーフェスティバル)旧富士銀行ビル(静岡) 芸術活動 2005年
  • 「View2007, Toraya Plan -An invisible thing…Laser horizon-」Art Documents Shizuoka・Toraya 芸術活動 2006年
  • 「 View2007, -HOMAM PLAN- (water,imitationflower,building blocks,and rocket)」EXHIBITION FROM “HOMAM”,2007-我が家で展覧会を開きます-・ 旧マッケンジー邸(国登録有形文化財) 芸術活動 2007年
  • 「View 2007,Garden -Essence of Life-」Kunst in Krefeld・Kulturfabrik Krefeld e.V.(Germany) 芸術活動 2007年
  • 「View 2008,Homam plan −星へ(to astar)-」 EXHIBITION FROM “HOMAM”,2008-我が家で展覧会を開きます-・ 旧マッケンジー邸(国登録有形文化財)芸術活動 2008年
  • 「HACHIYA Mitsushi + SHIBAYAMA Takuro」『View2008 TO NAKA Kansuke −Once upon a time−』風景のなかのフウケイ展・中勘助文学記念館・旧マッケンジー邸(静岡) 芸術活動 2008年
  • 「View 2008,Homam plan −星へ(to astar)-」アートプロジェクト@S.F.I.S  Street Festival in shizuoka 9th(静岡)芸術活動 2008年
  • View 2009, Mt.Fuji Plan - hand to eath -(富士山水ヶ塚公園) 芸術活動 2009年
  • 「ぼくの おうちは おさらのうえ」静岡市民文化会館 現代美術展 ”モノガタリ”「Dish…Dish…Dish...」展(静岡) 芸術活動 2010年
  • 「View2010,document for nakakann field」展 Gallery PSYS(静岡)芸術活動 2010年

競争的資金等の研究課題

  • 現代美術におけるインスタレーション、アートプロジェクトの研究 科研費分類:217.美学(含芸術諸学)
  • 現代美術におけるメディア教育の 研究 科研費分類:217.美学(含芸術諸学)